acer Chromebook Tab 10(D651N-F14M)- 9.7インチサイズでChrome OSを搭載するタブレット!

acer Chromebook Tab 10(D651N-F14M)
acerがChrome OSを搭載するタブレット「Chromebook Tab 10(D651N-F14M)」を発売します。ニュースリリースによれば「法人・文教市場に向け」という記載がありますので、個人向けに販売されるのかは不明ですが、NTT-Xストアあたりが頑張ってくれるのではないかと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

acer Chromebook Tab 10(D651N-F14M)
OSはChrome OSです。ウインタブでは以前(といっても相当に昔)に一度だけChromebookの実機レビューをしたことがありますが、最新のChrome OSには触れていないので、偉そうなことは言えません。Chrome OSというのは、ちょっと悪くいうと「ネットワークとブラウザがないと何もできない」OSなのですが、ウインタブでの実機レビュー以降、Chrome OSはGoogle Playストアからのアプリインストールにも対応しており、以前のようにあらゆるリソースをオンデマンドでWebから取り込んで使う、という感じでもなくなっています。

CPUは「OP1」という名称で、Chromebookに広く使われているものが搭載されていますが、おそらく「Rockchip RK3399」と思われます。RK3399の場合、AntutuのスコアはVer.6で7万点台半ばくらいであることがWeb検索でわかりましたので、Ver.7であれば10万点くらいにはなりそうです。つまり、Android機と仮定した場合、「上の下」くらいの実力はあると思われます。

RAMは4GB、ストレージは32GBです。Chrome OSはその特性上、ストレージ容量は小さめになっているのが普通で、ノートPC形態のものでも16GB eMMCなんていう製品が少なくありません。なので32GBというのはChrome OS搭載機としては悪くないと思います。

ディスプレイは高精細です。「iPadと同じ」ですね。ディプレイサイズ(9.7インチ)も解像度も、そしてアスペクト比(4:3)も同じです。また、この製品はワコムデジタイザーを搭載していて、専用のスタイラスペンが同梱されます。

ポートはUSB 3.1 Type-Cとオーディオジャックのみと、数と種類に関しては一般的なAndroidタブレットと変わりませんが、オプションでType-C – HDMI変換アダプターが用意されています。

スポンサーリンク

サイズのほうは「児童向け」ということもあり、子供の手にも馴染みやすいものになっています。同サイズのiPadやAndroidタブレットと比較すると少し厚くて重いですね。

2.筐体

acer Chromebook Tab 10(D651N-F14M)
この画像を見ると、側面にスタイラスペンを収納できるようになっています。ベゼルは結構太めですし、全体的にがっしりと作られている印象です。

acer Chromebook Tab 10(D651N-F14M)
筐体色はきれいなブルー。また、背面には滑り止め効果を狙った模様が入っています。素材は不明ですが、用途から考えておそらくプラスティックだと思います。

3.価格など

acer Chromebook Tab 10(D651N-F14M)は12月14日の発売予定で、価格はオープンプライスとなっています。学校や企業による大量購入というのがメインとなるでしょうから、個人が購入できるとして、実売価格がどのくらいになるのか予想は難しいですね。ちなみにこの製品は海外ではすでに発売されていて、発売当初の価格は300ドル台半ばくらい(日本円だと4万円弱くらい)だったようです。

記事中にも書きましたが、ウインタブではChrome OSの試用経験がほとんどなく、実際タブレットにChrome OSを搭載することのメリットというのはよくわかりません。購入にあたってはAndroidタブレットと比較しながら、ということになるんでしょうけど、パーソナルユースであれば普通にAndroidタブレットを選んだほうが良さそうにも思います。もちろんChrome OSならではの組織的なデバイス管理やセキュリティ管理というのがありますので、この製品の本来の用途である「法人・文教市場」には有益なものだと思います。

個人向けに販売されるとした場合、購入にあたってはAndroidタブレット、あるいはノートPC形態のChromebookなどが比較対象になるでしょうね。いかがですか?

4.関連リンク

児童向けICT教育を支えるEMRテクノロジ採用スタイラスペン付属Chrome OS 搭載 9.7型タブレット Acer Chromebook Tab 10「D651N-F14M」 12月14日(金)発売開始:acer ニュースリリース
D651N-F14M (Chromebook Tab 10):acer 製品ページ

スポンサーリンク

コメント

    • wintab より:

      こんにちは、返信が遅れすみません。イートレンドの方は確認できました。しかしこれ技適あったんですかね?

  1. 匿名 より:

    LumiaみたいにWin10 on ARMをデュアルブートできたら遊べそう(違

    • wintab より:

      こんにちは、返信が遅れすみません。そういう「遊んでみたい」人になら価値は大きいのかもしれないですね!

  2. 匿名 より:

    高い
    ベゼル厚い
    重い

    • wintab より:

      こんにちは、返信が遅れすみません。コスパとかで選ぶような製品じゃないですね。新しいもの好き専用って感じでしょうか。

  3. aka より:

    Androidタブに対する優位点というとPC用のChrome使えて、必要なときにはPCライクにもって感じかね
    海外でも元は教育向けっぽくてAcerがどんだけ個人使用を想定してたのかよくわからないからなぁ
    絶対に万人向けじゃないだろうけど、自分は(お金に余裕さえあれば)欲しいというか使ってみたい

  4. 匿名 より:

    Chrome OS は使ったこと無いけど、このアスペクト比のディスプレイだから電子書籍を読むのに便利そう。対応するリーダーアプリが有るのかどうかは知らないけど。それを置いても弄り回すには楽しそうなので懐に余裕があればちょっと欲しいな。

  5. 匿名 より:

    >パーソナルユースであれば普通にAndroidタブレットを選んだほうが良さそう

    crome osは使ったことがないので理由が知りたいです
    android アプリも使えるとなると便利そうに思えます

    • wintab より:

      こんにちは、あくまでも私の見解です。個人利用の場合、ChromeOSでなくてはできないことというのは多くないし、Androidアプリに依存するのであればわざわざ高いお金を払ってChromeOSを使う必要がないという意味で書きました。その見解をどう評価するかは読む人の自由です。