サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6 - 低価格でコンパクトに折りたためるVRゴーグル、そろそろ試してみる?

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。サンワサプライと言えば、私の認識だと「少しお固い事務系の周辺機器メーカー」だったのですが、どうやらそれだけでなく、今回紹介する「VRゴーグル」なんかも手がけています。サンワサプライが販売するVRゴーグルはこの「400-MEDIVR6」が最初というわけでもないのですが、とりあえず低価格でコンパクトに折りたたみができる、ということで、お試しニーズにも合いそうな製品なので、ウインタブでも紹介させてもらいます。

スポンサーリンク

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
これが400-MEDIVR6です。だいたいイメージ通りといいますか、Amazonとか中国の通販サイトなどで販売されているVRゴーグルと大して変わらないデザインです。

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
しかしこの製品、このようにコンパクトに折りたたむことができます。VRゴーグルを外出時に持ち歩くかどうかはわかりませんが、室内に置いておくにしても結構かさばるものなので、このようにして折りたためるのはありがたいです。お試しニーズならなおさらですよね。

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
これがスペック表のかわりです。重量は245 g、折りたたみ時の厚さがわずか3センチということなので、机の引き出しにでも入れておけます。

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
使いかたも一般的なVRゴーグルと同じです。VRコンテンツの視聴にはスマホが必要になります。

スポンサーリンク

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
対応するスマホは「6インチまで」となっていますが、Android機の場合、サイズがまちまちなので、これだけだと少し心配ですよね。メーカーによれば「160 × 59~78 × 10 mmまで」の実寸サイズであれば大丈夫とのこと。Windows 10 スマホでもサイズ要件を満たせば使えると思いますが、対応アプリが少ないため、YouTubeの対応コンテンツなんかを使うことになると思います。

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
あと、レンズ位置(瞳孔間距離と焦点距離)を調整することができます。VRゴーグルの場合、ここがしっかり調整できないと快適性を著しく損なうことになってしまいますので、特に低価格な製品を購入する場合は注意が必要です。

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6
個人的にすごくうれしいのが「眼鏡をかけたまま使えること」です。実は私は裸眼視力が0.1を切ってまして、眼鏡がないと人の顔もよくわからないくらいなんで…。きっと読者の中にもそういう人がいるのではないか、と思います。

また、ポート類を塞がない設計になっているため、イヤフォンも使用可能です。

サンワサプライ VRゴーグル 400-MEDIVR6はサンワサプライの直販サイト「サンワダイレクト」で販売中で、価格は税込み2,380円(送料無料)です。ウインタブでは先日ライターのnatsukiさんが「100均のVRゴーグル」のレビュー記事を書いていますが、この400-MEDIVR6はそれよりは高価ですけど、レンズ位置の調整ができたり、ベルトで固定できたりするので、使用感はずっと優れているのは間違いありません。

まだVR未体験、という人は、100均のものでお試しして、面白そうなら400-MEDIVR6にしてみる、というのもいいかもしれませんね。

関連リンク

3D VRゴーグル 400-MEDIVR6:サンワダイレクト

スポンサーリンク