MSI FORCE GC30 V2 - ひとつ持っておきたいPC/スマホ用のゲーミングコントローラー、MSIから手頃な価格のニューモデルが発売されます

MSI FORCE GC30 V2
MSIがゲーミングコントローラー「FORCE GC30 V2」を発売します。読者の皆さんはPCでも使えるコントローラーをお持ちでしょうか?私はXBOX 360コントローラー(通称:箱コン)とその類似品の安価なコントローラーの2つを持っています。もともとはXBOX 360コントローラーを1つだけ持っていたのですが、先日「ゲーミングノートのすすめ」という記事を執筆するにあたり、XBOX 360コントローラーにそっくりなものをAmazonで1,000円台で購入しました。

スポンサーリンク

PCゲームの場合、FPSゲームなんかはキーボードとマウスで操作することが多いですし、レースゲームであればハンドルコントローラーを使ったり(あるいは欲しかったり…)して、ゲームジャンルによって操作デバイスの事情は異なると思います。でも、私のようなカジュアルゲーマー(と書くと少しカッコいいですが、実際はただの下手くそ)が様々なジャンルのゲームを楽しみたい、ということなら、とりあえずはよくあるゲームパッドタイプのコントローラーがいいんじゃないかと思います。もちろん上級者の人でもパッドを愛用している人が少なくありません。

今回発売されるMSIのFORCE GC30 V2は、そもそもMSI製という時点で期待ができますし、価格も4,950円とアナウンスされており、比較的手頃に購入できるのが魅力です。

MSI FORCE GC30 V2
これがスペック表です。有線接続とUSB無線接続の両方に対応し、ケーブルも2 mと30 cmの2本が付属します。もちろんUSB無線子機(ドングル)もです。ABXYボタンは、 200万回以上の耐久性を備え、側面のトリガーボタンは最大256段階で入力を判定できます。

スポンサーリンク

MSI FORCE GC30 V2
正面から見たところです。ゲーミングコントローラーとしてはオーソドックスなレイアウトだと思います。

MSI FORCE GC30 V2
十字キーパッド(D-pad)は、一般的な十字形と丸形の2種類が付属し、好みに合わせて交換可能です。

MSI FORCE GC30 V2
これが高精度とされるトリガーボタン。

MSI FORCE GC30 V2は7月28日の発売予定で、AmazonとJosin Webのみの限定販売です。メーカー発表の価格は税込み4,950円です。ここだけの話、私と私の家族のレベルだと、安価に購入したXBOX 360コントローラーの類似品でも特に不満を感じません。一方で、私が購入した類似品のレビューを見ると「ボタンが硬い」とか「筐体のしっかり感がない」などの低評価のレビューも目につきます。今回ご紹介したFORCE GC30 V2についても、「実際に使ってみないとわからない」ですが、MSI製で価格も比較的手頃、ということなので、選択肢としては悪くないと思います。

関連リンク

FORCE GC30 V2:MSIグローバルサイト 製品紹介

スポンサーリンク