LEOPOLD FC660Cシリーズ - 静電容量無接点スイッチを搭載する省スペースなキーボード

LEOPOLD FC660Cシリーズ
株式会社アーキサイトが韓国のキーボードブランド Leopoldの「LEOPOLD FC660Cシリーズ」を発売しました。「かの有名な」東プレのREALFORCEシリーズと同じ「静電容量無接点スイッチ」を搭載しています。

スポンサーリンク
LEOPOLD FC660Cシリーズ

クリックで拡大します

LEOPOLD FC660Cシリーズには「通常モデル」と「静音モデル」があります。キースイッチの仕様が異なる以外は同じスペックなので、ここでは「静音モデル」のスペック表を掲載しています。注目すべきは「キースイッチ」のところですね。はっきりと「東プレ」という記載があります。少なくともスイッチに関してはREALFORCEと同じものが使われている、ということですね。

LEOPOLD FC660Cシリーズ

クリックで拡大します

筐体色は3色、上から「グレー+ブルー」「黒」「アイボリー+グレー」で、「アイボリー+グレー」は静音モデルのみに設定されます。個人的にはどの色も「ストライクゾーン」です。「黒」はキートップの印字も黒になっているのがカッコいいですし、ちょっとレトロな印象の「アイボリー+グレー」もいいですね!

配列は英語のみで、キーピッチは19mmと標準的なものになっています。

LEOPOLD FC660Cシリーズ
キースイッチです。静電容量無接点スイッチはメカニカルスイッチとは全然異なり、ちょっと見た感じだと「空洞」ですw 私もここしばらく静電容量無接点スイッチのキーボードを愛用していますが、メカニカルとも異なる独特の打鍵感で、非常に気に入っています(でも、文章で打鍵感を適切に表現するのが非常に難しいです…。)

ちなみに、左側の、ちょっと青みがかっているのが静音スイッチ、右が通常スイッチです。

なお、この製品はテンキーレスである、というだけでなく、「キーの数が少ない」です。一般的なキーボードは6列ですが、この製品は5列。最上段にあるはずの「Fキー」のところがありません。

LEOPOLD FC660Cシリーズ
不足しているキーは「Fnキー(右下にあります)ともう一つのキーの同時押し」で対応します。で、私の経験上、このような省スペース型のキーボードの場合、常用するキーが同時押しになってしまうと使い勝手を大きく損ないます。この製品の場合は大丈夫ですが、いわゆる「60%キーボード」の場合、右下の方向キーが複数のキーの同時押しになってしまうものがありまして、個人的に「ちょっと無理」と感じ、常用できなかったことがあります。

スポンサーリンク

なので、上の表の中に常用する機能(例えばPageUPなど)が含まれている場合は注意して下さい。高価なキーボードなので、この点は妥協しないほうがいいです。

LEOPOLD FC660Cシリーズ
また、底面に「DIPキー」があり、4つのスイッチのオン/オフで一部のキーのマッピングを変更することができます。

LEOPOLD FC660Cシリーズ
これですね。個人的にはWindowsキーとFnキーの入れ替えなんかは有効かな、と思います。

LEOPOLD FC660Cシリーズ
側面を見ると、ステップスカルプチャー構造(キーに階段状の段差を持たせている構造)になっていますので、タイピングしやすいと思います。

LEOPOLD FC660Cシリーズ
もちろん角度調整用の「脚」もありますし、ラバーストッパーも装備され、ガタツキのない、安定した打鍵が可能です。

LEOPOLD FC660Cシリーズは「一部オンラインショップ限定で販売」され、価格は通常モデルが税込み25,800円、静音モデルが税込み29,800円です。メーカーサイトからはAmazonにリンクが張られていますが、この記事の執筆時点では「通常モデルの黒」のみ販売中でした。もう少しすると他のショップでの販売も開始されるのかもしれません。

実売価格で見ると東プレのREALFORCEと大差ない、というか、ものによってはREALFORCEのほうが安かったりもしますので、LEOPOLD FC660Cシリーズのほうがずっとお買い得、という感じではありません。なので、「省スペースな静電容量無接点キーボード」という点に魅力を感じるようなら買い、ということになると思います。

関連リンク

FC660C 通常モデル(英語US ANSI配列):アーキサイト 製品ページ
FC660C 静音モデル(英語US ANSI配列):アーキサイト 製品ページ
LEOPOLD FC660C ミニキーボード(通常):Amazon
LEOPOLD FC660C 静音モデル ミニキーボード:Amazon

スポンサーリンク