Apple、iPod ShuffleとiPod nanoの販売を終了 ー iPodシリーズはiOSを搭載したtouchのみに(かのあゆ)

iPod Touch
こんにちは。かのあゆです。Appleは音楽ミュージックプレイヤー「iPod」シリーズのうち、エントリーモデルの「iPod Shuffle」及び小型モデル「iPod nano」の生産打ち切り・販売を終了いたしました。今後は同社のスマートフォン「iPhone」からスマートフォン機能を外した「iPod touch」のみが継続販売されることとなります。

スポンサーリンク

両モデルともしばらく新型が投入されていなかった

iPod Shuffle
iPod Shuffleは2005年に液晶画面を省いて「シャッフル再生」をメインに押し出したエントリーモデル。

iPod Nano
一方iPod nanoは2006年にオリジナルのiPodの機能はそのままに、よりコンパクト化したモデルとして投入され、それぞれ人気となりました。ただし2016年にiPod touchが第6世代に更新された一方、iPod Shuffleは2010年の第4世代、iPod nanoは2012年に発表された第7世代を最後に新型が投入されておらず、いずれ販売終了になるものと思われていましたが、ついにその日が来てしまったようです。

すでにAppleの公式サイトから製品ページが削除されており、公式オンラインストアでも販売終了となっています。家電量販店ではまだ両モデルとも販売中となっていますが、こちらに関しても在庫がなくなり次第販売終了になる予定です。

スポンサーリンク

すでにiPodシリーズの役目は終わったのかもしれない

第6世代iPod touch
2001年に初めて登場したAppleのデジタルミュージックプレイヤーであるiPodは小型軽量の本体に1000曲もの音楽データが入り、そのスタイリッシュな筐体デザインで瞬く間にヒットとなりました。

しかし2007年にAppleが自社製スマートフォンである「iPhone」を発売し、そちらにiPod機能を統合しており、近年ではスマートフォンをデジタルオーディオプレイヤーとして兼用している方も増えてきたのではないでしょうか。

現在販売中となっているiPod touchに関してもすでに現行モデルが投入されて2年が経過しており、iOSのサポート対象から外れた時点で販売終了となり、完全にiPhoneに一本化していくのではないかと思われます。

すでにiOSの標準ミュージックプレイヤーからも「iPod」名称が消えており、かつて大ヒットしたブランドの終焉が近づいているようでかのあゆとしては寂しく感じます。

Appleの正規保証が欲しいのなら整備品を購入するという手も

今後iPod ShuffleとiPod nanoに関しては新品の購入が困難になるものと思われますが、どちらも純粋なオーディオプレイヤーとしてはいまだに完成度の高い製品であり、どうしても保証が付いた製品が欲しいという方もいるかもしれません。

オンラインのApple Storeでは何らかの理由で返却・修理となったiPod製品を「整備品」として販売しており、新品で購入するよりもお得に購入できるほか、新品購入時と同じ1年保証が付きます。ただし、iPod Shuffleの整備品に関してはすでに取り扱いが終了となっています。

また継続販売中となっているiPod touchにも整備品が用意されており、こちらも新品を購入するよりお得な価格で購入することができるため、気になる方は定期的にチェックしておくといいかもしれません。

関連リンク

iPod touch : Apple
Apple iPod整備品(iPod nano/iPod touch) : Apple Store(Japan)

スポンサーリンク