FLEXISPOT 手動式スタンディングデスク H1の実機レビュー - 高さ調節できる昇降式デスクで「座りすぎ」を解消しよう!価格もリーズナブルです!

アイキャッチ画像
こんにちな、ゆないとです。私は今年の4月から本業がリモートワークに切り替わりました。出社するのは月1回あれば良い方で、日課の朝散歩と食料を調達する以外はずっと家の中で過ごしています。在宅勤務になる前は都内へ向けてバスと電車を乗り継ぎ約2時間の通勤をしており、勤務後は寄り道や散歩などで一日の歩数が10,000歩に達していました。それがここ数ヶ月は朝の散歩程度で3,000~5,000歩と半減です。そうして一日の大半は座って仕事をしております。

スポンサーリンク

そんな自分の身体(お腹のお肉が…)が気になってきた最近、調べてみると座りすぎというのは健康に様々な害を及ぼすそうです。例えば、肩こりや腰痛、肥満や糖尿病、がん、脳血管疾患、認知症などのリスクが増加したり、うつ病など精神的な影響もあるようです。これを知って、家の中でもできる限り歩いたりこまめに休憩することを心掛けているのですが、気がつくと集中していて数時間座ったままということは当たり前です。

そうは言っても、大きな運動は面倒だし、家の中で歩くと言ってもその量は大したものではないと思う方もいらっしゃるでしょう。室内だと行動に付随した運動量は極端に減ります。もちろん大きな改善をするには運動が一番。ランニングや室内でHIITなんておすすめです。

前置きが長くなりましたが、少しでも改善したいというのであれば、仕事環境を変えるのが最適で、それは”スタンディングデスク”が助けてくれます。仕事環境を変えるにはこの上なくぴったりな製品ですよね。今回は「FLEXISPOT H1 昇降デスク 高さ調節手動式」のレビューをお届けします。FLEXISPOTの製品は過去にウインタブで3回お届けしており、どれも電動式の昇降デスクでしたが、今回は手回し式ということで電動よりも重量を抑えられ、段階も無制限で微調整できます。今回のレビューのために、天板を含めたデスクセットをご提供して頂きました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。

1. 製品概要

概要1
見た目はシンプルで2本の脚と横に広い天板という構成です。作業スペースは広く、デスク下にも余裕があるので快適そうです。天板右側の下に高さ調節用のハンドルがあります。

高さ調節
高さは最大121cm~最小71cmの間で調節が可能です。バウヒュッテのサイトでは最適な高さを調べることができます。身長170cmの私がスタンディングした場合の最適な高さは99cmらしく、身長200cmの人でも118cmとのことなのであらゆる人が使いやすい範囲で調節できますね。ちなみに、身長130cmのお子さんの場合は最適な高さは73cmとのことなのでお子さんも快適に使用できると思います。

幅調節
脚の幅も調節可能です。これは組立前となってしまいますが、FLEXISPOTより販売されている天板以外にも、好みのカラーやデザインの天板を購入してそれに合わせることができます。調節可能な幅は85cm~129cmの間です。なお、個人的にはFLEXISPOTから一緒に購入することをおすすめします。予め天板にネジ穴が空いていたので手間が少なく済みます。

天板サイズ
載せることができる天板は長辺100~160cm、短辺60~80cmのものです。コンパクトなものからスペースが広いものまで、ある程度の規格に対応しています。

高さ調節ハンドル
高さ調節はハンドル式です。付属している部品を取り付けると、使用しないときはハンドルを引っ掛けておけます。

耐荷重
耐荷重は最大70kgです。PCやモニターを載せても十分耐えうるでしょう。脚も金属製ですし、剛性がしっかりあります。

設置イメージ
こちらはFLEXISPOT H1の製品ページの設置イメージです。黒い天板と脚で統一感が有りおしゃれなカフェの雰囲気でテンションが上ります。モニターとキーボード、書籍を置いてもまだゆとりあるスペースですよね。

白
明るい部屋を演出するのであれば、天板も脚も白が良いでしょう。特に奥に板があったり、天板裏に出っ張りがあるということもなく邪魔をしないデザインです。

2. 組み立て

梱包
製品は天板と脚でそれぞれ梱包された状態で届きました。今回提供して頂いた天板のサイズは140cm×70cmのとても大きなものです。配達をしてくれた方も大変そうにしながらも玄関の中まで運んでくれました。力のない私でも運ぶことはできましたが、心配な方は組み立てから配置までご家族の方にアシストして頂くのが良いかもしれません。私は今回一人で組み立てを試みましたが、開梱してしまえば一人でも十分に持ちやすいサイズです。

脚部部品
これは天板以外の全部品です。パーツ数は多くはなく、1つ1つも大きいため組み立てがわかりにくくなることはありませんでした。

取扱説明書
組立手順書は10ページ前後という構成で日本語で記載されています。イラストなどが大きく、使用するネジの番号や付属の工具のサイズも書いてあるので、手順書に従っていけば迷わず進めていけると思います。

スポンサーリンク

工具
1つ注意としては、別途自分でプラスドライバーと下穴が開けられる工具が必要です。天板と脚を繋げる際に、繋げるべき主要な部分の下穴は天板側に空いておりネジを締めるだけなのですが、最後までしっかり取り付けるためには下穴を開けてネジで締められるように加工をする必要がある部分もあります。私は、Amazonで複数種類のビットを付け替えることができる電動ドライバーを購入しました。

天板
天板です。今回は脚の組み立てと天板への取り付けを別室で分けて行うことにしました。サイズが大きいので、家具などが少ない別室で組み立てて最後に合体させることで作業がしやすくなりました。

組み立て1
まずは2本の脚を組み立てです。支柱と足を4つのネジで固定します。

組み立て2
続いて、脚と脚と繋げる部品を取り付けます。

組み立て3
この部品を取り付けることでしっかりと立つ机の脚が出来上がります。取り付けたい天板に合わせてサイズ変更をするのはこのタイミングです。この棒状の部品の4箇所のネジを緩めると幅を変えることができます。

組み立て4
続いて、高さ調節のハンドルの回転を伝えるシルバーの棒と天板を受ける皿のような役割の板を取り付けました。これで天板が取り付け可能となります。

組み立て5
天板に取り付ける前に、仕上げとしてハンドルも装着します。これは差し込み式で難しくはありませんでした。この部分は小さなネジを付属の六角レンチで緩めないと奥まで入り込まないのですが、はじめは気づかず戸惑いました。

組み立て6
天板まで移動して取り付けます。一人なので脚の上に天板を取り付けるよりは、この状態のまま取り付けて最後に逆さにするというアプローチで進めました。これで完成です。

設置
実際に使用する位置に置いてみました。キーボード、マウス、ノートPCがあっても十分余裕のスペースが空いています。

3. 使用感

140×70cmの広さは使いやすく、天板の質感に惚れ惚れ

天板使用感
天板はマホガニー調で、落ち着いた色合いはデスクにピッタリの雰囲気です。手触りも良くスベスベで、キーボードを使う時や字を書くとき手を置いてもストレス無くいつまでも置いておきたいくらいです。ツルツルではないので、ものが滑ってしまうことも無く安心です。

一番良かったのはやはり広さですね。始めは70cmという奥行きに使いこなせるか不安でしたが、デスクの奥側にも物が配置できることは素晴らしいです。今までは40cmくらいのこの製品よりも半分程度の奥行きだったため、使い勝手が向上しました。140cmという横幅もノートPC3台は余裕で配置ができるため、個人用ノートPC、本業の会社用ノートPC2台を配置しても十分スペースがあります。

スタンディングって素晴らしい!気分転換と集中力アップ

スタンディング
スタンディング状態で作業をしてみたのですが新鮮でとても良い具合です。よく聞く”姿勢が伸びる、良くなる”というのは本当で、座っているよりも各部への負担が少ないことをよく感じます。高さの余裕はあるため、キーボードが使いやすい高さや字が書きやすい高さなど、用途に合わせて微調整できます。

また、在宅勤務だと昼食後にはやはり眠たくなってしまうのですが、使用してからは昼食をガッツリ食べても眠くて身体が重いと感じることが減りました。その理由、導入しての一番の変化は、「立ち上がっているからこそ」のその場でできる簡単な運動または動作をしようという気持ちになりやすく、また実行しやすいことです。座っていると運動のためにわざわざ立ち上がろうとしないのですが、スタンディングであればサッと動作に移行できます。そのため、最近は昼食休憩後はそのまま座らずに2時間程度立ち仕事とする習慣になりました。

手動で簡単!高さ調節

これは動画を見て頂いたほうが良いでしょう。座る高さから立つ高さまで調節をしてみました。

4. まとめ

手動式高さ調節を備えた「FLEXISPOT H1」は公式サイトにて下記の価格で販売中です。
■天板なし:税込18,500円
■天板有り:税込27,500~33,500円(天板の色によって異なります。)
※11月13日現在、公式サイトで新規会員登録をすると5%OFFのクーポンがもらえます

今年に入って働き方の変化を実感している方は多いと思います。今まで通りの人はもちろんいるはずですが、私のように通勤が無くなったり回数が減ったりして運動量が少なくなった人も多いのではないでしょうか。急に自宅などで働くようになり、環境を整えられずになんとかあるものでお仕事していないでしょうか。デスク環境を変えるだけでも大きな改善になると思いますが、まずは”デスク”から仕組みを変えてみるのは如何でしょう。FLEXISPOT H1はリーズナブルな価格で昇降デスクの仕組みを提供してくれます。是非公式サイトでチェックしてみてください。

11月17日追記:
FLEXISPOTよりウインタブ読者向けに、Amazonで使える20%OFFクーポンを頂きました(この記事の一番下に掲載しています)。クーポンは全部で20個あり、それぞれ1回のみ使用できる、という仕組みなので、上から順にクーポンを入力していただき、使えるものを使うようにしてください。なお、このクーポンの有効期限は11月25日(水)までです。

5. 関連リンク

FLEXISPOT:公式サイト トップページ
FLEXISPOT H1:公式サイト 製品ページ
FLEXISPOT H1:Amazon

※Amazonで20%OFFとなるクーポンコード
U5P9-66HD3E-QN2VC4
U5CM-8P3SK9-L3B5CF
U57R-GX5QZ4-UZNFCL
U5SV-EM2F6K-UYZVCA
U5EZ-9MPNAT-RZ98CL
U5AR-NFZ5R3-Z3LMCJ
U5CR-273SPM-VY2WCT
U5DK-59PSS4-KZR9CN
U5CQ-5AQWS3-E5CVCR
U5ZP-3MVVCP-SZZYC4
U5WE-Z9VPDE-V5F8C3
U5SZ-HS587J-8GTMC7
U5K6-8Q9UXC-RLMHCA
U5BC-U4K5UF-WNLZCC
U5UZ-4FAX7A-PA9SCP
U594-L7Q29A-JGWMCX
U5LD-G3QLXP-N7Y5CF
U5F7-FDJ5HP-3QDMCS
U5LN-H8D7KY-KWYPCF
U5T5-L5YHKX-CY2HCC

スポンサーリンク