Dreamegg TR-8080B 空気清浄機の実機レビュー - コンパクトなボディで強力な集塵・消臭・除菌性能!

アイキャッチ画像
こんにちは、ゆないとです。今回は今の季節に活躍すること間違いなしな空気清浄機「Dreamegg TR-8080B」の実機レビューをお届けします。私は以前にもDreameggの空気清浄機を提供して頂き実機レビューをしました。その時の製品は、現在私と同様に花粉とハウスダストの悩みを持つ従兄弟の家で活躍してくれています。

スポンサーリンク

今回もメーカーより提供してもらいまして約1週間使用しました。前回レビューのモデルが約10畳対応だったところ、今回のモデルは約18畳対応のものでより広範囲に対応していること、そしてフィルターも4段階だったところ5段階になったことでより高性能になりました。サイズも変わらずコンパクトで、円筒形な見た目でスタイリッシュなので室内の景観も損ないません。

スペック

電源: 100-110V 50/60Hz
消費電力: 6.5~30W
適用床面積(目安): 23~28㎡
最大清浄空気供給量(CADR): 110cfm(187㎥/h)
運転モード: 睡眠、弱・中・強・ターボ、花粉
運転音: 23~50dB
その他機能: タイマー、ナイトライト(2段階)、フィルター交換指示インジケータ、チャイルドロック、UV-C除菌
フィルター: ①ナイロン製プレフィルター ②除菌フィルター ③HEPAフィルター ④活性炭フィルター ⑤UV-C除菌ライト(本体側に搭載)
フィルター交換目安: 約4,320時間(約180時間)
サイズ: Φ200mm × 340mm
重量: 約2.7kg
電源コード長さ: 1.8m

※CADR=Clean Air Delivery Rateクリーンエア供給率
CADRはタバコの煙、粉塵、花粉をどれくらい除去するのかを表す数値のこと。「CADR≒風量(空気量)×粒子の除去効率」で求められる。最高値はタバコ煙と花粉が450cfm、粉塵が400cfmとなっている。以下2つのリンクを参考にしました。
CADRとは何ですか:Blueair
CADR :Wikipedia

スペックについて

モードによって変わりますが、消費電力は6.5W~30Wです。こちらのサイトで大まかな電気代を試算してみました。最大30Wで1日約8時間稼働させたとすると、1カ月で約197円(供給が東京電力の場合)になるようです。電力会社によっても異なりますが、このくらいならフル稼働でもあまり電気代は気にしなくても良いかもしれませんね。

モードは睡眠、弱・中・強・ターボ、花粉があります。睡眠モードは、入眠や睡眠を妨げないよう最小の風量になるモード、花粉モードは有効にすると10分ごとに風量中と強が交互に切り替わります。気流の変化を加えて花粉をキャッチしやすくします。

その他、2・4・8時間のタイマー、ナイトライト(2段階)、フィルター交換指示インジケータ、有効時は操作を受け付けなくするチャイルドロック、UV-C除菌機能が搭載されています。特にUV-Cライトが点くUV-C除菌機能は浄化性能が高いとのことなので、常に有効にしておくほうが良さそうです。

外観

付属品
付属品は取扱説明書と、LINEでやり取りができるカスタマーサポートについての案内が同梱されていました。困ったときにすぐ質問できるというのは便利ですよね。Amazonなどで購入した場合はしっかりとAmazon経由で問い合わせをしたほうが安全だと思いますが、すぐに問い合わせができる環境があるというのは安心だと思います。

本体正面
本体正面です。全体的に丸みを帯びていて、落ち着いた見た目をしています。色もマット仕上げのためどこに置いても室内の景観を損ないません。

背面
円筒形なので、背面も正面と変わりませんが、底面側から電源コードが伸びています。約1.8mあるので配置はしやすいです。

本体上部
上部には渦を巻くように配置されたタッチセンサー式のボタンがあります。電源ボタンが中心にあり、フィルター交換指示インジケータ、タイマー、風量、花粉運転、ナイトライト/睡眠、UV-C除菌、チャイルドロックというような順番です。

LEDインジケーター
タッチすると画像のように暖色系の色で点灯します。夜の暗い部屋ではもちろん、日中の明るい部屋でも見やすいです。

底面
底面です。3箇所にゴム状の滑り止めがあり、しっかりとホールドしてズレにくいです。底面は蓋にもなっていて、これを外すことで本体内にフィルターを挿し込むことができます。中央にはつまみやすいように半円状のくぼみがあります。

本体内部
蓋を外してみました。特徴の一つとして360°の集塵に対応しているので、ほとんど妨げるような部分は無く、全周に渡って隙間が空いています。画像では見づらいですが、中心の黒い棒状の部分にUV-C除菌ライトが搭載されています。

フィルター
フィルターも円筒形状です。これを本体へ入れることで使えるようになります。特に上下で向きが決まっているわけではないようです。

スポンサーリンク

フィルター2
円筒の中心はこのようになっていて、大きくスペースが取られています。特に本体に固定するようにはなっておらず、これより前の画像で蓋を外した状態を載せましたが、そこに配置して蓋をするだけで使用可能です。

使用感

動画(セットアップ)

フィルターを取り付けるところを撮影しました。

Dreamegg TR 8080B フィルターの取り付け

動画(操作)

ボタン操作と稼働音を測定してみました。

Dreamegg TR 8080B ボタン操作と稼働音

タッチの反応は良好ですが、ほんの少しだけ長く指を置いておくとよりしっかり反応してくれる印象です。

本体を設置するとき、半径30cm以内は物体を置かないことが大切!

配置について
ついつい壁際に置きたくなってしまうのですが、この製品の性能を最大限活かすには、本体の半径30cm以内には物を置かないようにすることです。これは取扱説明書にも使い方として記載されています。360°の集塵が可能なため物があると吸気を妨げてしまうからですね。コード長も約1.8mあるため比較的自由に配置できます。

ただし、私はロボット掃除機を毎日使用しているので、コードがロボット掃除機の妨げになってしまいますが、その際は机の上に載せるなどして退避させています。重量が約2.7kgなので簡単に持てますし、直径が20cmなので机の上でもあまりスペースを取りません。

持ち運び用のハンドルは無いが、手で掴んで持ち上げることは可能

持ち運びの仕方
本体上部の隙間に指を掛けて、画像のように掴んで持ち運ぶことは可能です。指が太いと少し差し込みにくいと思いますが、持ち上げに支障が無いくらいの隙間があります。

”強”にすると稼働時は結構大きい

通常モードでは風量が4段階で変更できます。私は基本的に自室にいるときは”中”で、外出中などは”強”に設定しています。自室で稼働させる場合、イヤホンを使うことが多いので稼働音はあまり気になりませんでした。しかし、自分以外ほとんど音を出さない自室は静寂ですので、イヤホンをしないと”中”でもやや気になるくらいです。

試しに家族がいるリビングでも使用してみました。テレビの音や家族との会話があるときは”中”でも気にならず、テレビの音などにうまい具合に上書きされる印象です。しかし、”強”にすると会話をしていても気になります。

上記のことから、音に関して気になる場合は、通常は”中”くらいで稼働させて、料理の後などのにおいが気になるときに、消臭をするため一定時間”強”以上の強度で稼働させるといった使い分けをすると良いかなと感じています。

消臭スピードは期待通り。使用していないときよりは早く消臭可能

この点は体感になってしまい恐縮です。どのくらい早く消えるのかなと思い、自室を閉め切って美味しい食事を楽しみ、食後、部屋を閉め切り”強”設定で放置しました。1時間くらいではまだにおいが残っていると感じましたが、2時間もすれば10畳くらいの自室では全く気にならなくなります。この製品を使わない状態で部屋を閉め切ると3時間以上はにおいが残ってしまうので、十分に効果を発揮してくれています。

睡眠モードであれば睡眠時に音を気にせず使用可能

ナイトライトのボタンを長押しすると、睡眠モードになります。タッチセンサー部分のLEDは消灯し風量は”小”になるため、入眠の妨げにはなりません。ナイトライトは2段階あって、1段階目でも結構明るいですし、ナイトライトOFFでもLEDは真っ暗な部屋だと明るめです。そのため安心して使えました。

メンテナンスはとても簡単。頻度は月に1回と半年に1回で十分

まだ1週間ほどしか使用していないため、メンテナンスは体験していませんが説明書に記載された推奨のメンテナンスを紹介します。
■月1回: フィルターを取り外し、本体内側の隙間に溜まったホコリを掃除機で吸い取り
■週2~月1回: フィルターを取り外し、フィルター表面のホコリを掃除機で吸い取り
■半年1回(またはインジケーターが点灯したら): フィルターの交換
※フィルターは下記の2種類(レビュー機は花粉重視のフィルターです。)

Dreamegg TR-8080専用一体型交換フィルター(花粉重視):Amazon
Dreamegg TR-8080専用一体型交換フィルター(脱臭重視):Amazon

4月14日追記:”レビュー機は脱臭重視”と書いてしまいましたが、改めて確認をしたところレビュー機は花粉重視でした。お詫び申し上げます。また、該当箇所を修正しています。

まとめ

2021年4月13日現在「Dreamegg TR-8080B」はAmazonにて、税込8,999円で発売中ですが、製品ページに1,200円OFFクーポンがあり、さらにウインタブ読者用に1,000円OFFクーポン「wintab1000」を頂いております。これらのクーポンは併用ができますので、6,799円で購入できます(ただし、読者クーポンの開始時刻は4月14日0:01からとなっていますのでご注意ください)。

この製品は除湿や加湿といった高級機にあるような機能はありませんが、その分1万円以下で購入ができて、集塵・消臭・除菌という必要な欲しい機能が搭載されたコンパクトな製品です。

今回試用してみて、空気清浄機を初めて購入する方、既に空気清浄機を使っていてお手頃価格で他の部屋にも追加したい方などにおすすめだと感じました。フィルターも約半年と長持ちで、交換も底面の蓋を外して入れ替えるだけなので、メンテナンスも簡単です。現在は花粉や黄砂など何かと微粒子が舞っていて、それらのアレルギーがある方は如何でしょうか。お部屋のにおいが気になる方にも是非検討してみてください。

関連リンク

Dreamegg TR-8080B:Amazon

※Dreameggより下記のクーポンをいただいています

クーポンコード:wintab1000
割引額:1000円OFF
開始日:2021/04/14 0:01
終了日:2021/05/09 23:59
※商品ページの価格下の割引クーポンと併用できます。

スポンサーリンク