MEIIGOO M1 - 5.5インチ、高い水準でバランスの取れたスペック、でも価格は中華なスマホ

公開日: : Android , ,

Meiigoo M1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国のハイスペックにして低価格なSIMフリースマホ「MEIIGOO M1」を紹介します。MEIIGOOというブランドは日本ではあまり馴染みがありませんが、これまで中華のスマホの実機レビューを何度か経験し、その品質の良さに感心していることもあり、またこの製品の詳細情報を確認してみて、紹介記事を書かせていただいても大丈夫だろうと判断しました。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek Helio P20(MT6757)
RAM: 6GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 5.5インチ(1,920 × 1,080)
LTEバンド: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20(microSIM + NanoSIM)
カメラ: イン8MP / アウト13.0MP + 8.0MP
入出力: microUSB、microSD、オーディオジャック
バッテリー: 4,000 mAh
サイズ: 154.5 x 75.9 x 9.0 mm / 188 g

スペックは高いです。中華スマホの紹介記事をいろいろ書いていると、このスペックでも「普通」に見えてしまいますが、どう考えても2万円台のスマホのスペックではありません。OSは最新と言っていいであろうAndroid 7.0で、メーカによれば「Pure Android 7.0」ということなので、カスタマイズが少なく、日本語対応も問題ないものと予想します。また、セキュリティアップデートもしっかりやります、という趣旨のことが書いてありました。

CPUのHelio P20はAntutuだと6万点強のスコアになる高性能なもので、RAM6GBというのは「オーバースペックじゃね?」と感じるくらいに余裕があり、ストレージの64GBというのも常識的な使い方だと不足感はないと思います。ディスプレイは5.5インチでFHD解像度になっており、これも中華だと「普通」な感じですが、日本向け製品だとこの価格帯としては高解像度なほうです。

日本では電波法の問題がありますが、LTEの対応バンドは非常に多く、特に「バンド19」に反応する人も多いでしょう。これ、中華としては珍しいです。ただし、キャリアアグリゲーションに対応するかは不明です。

カメラはアウト側がデュアルレンズカメラ、イン側も8MPと高性能です。メーカーの説明によればデュアルカメラによって美しいボケ味のある写真が撮れる、ということなのですが、ウインタブがこれまでレビューしてきた中華スマホは、全部じゃないですけど画質がイマイチ(ダメというわけではありません。メーカーのアピールほどキレイでもないという意味です)なので、この製品についても実機で試してみないと何とも言えないですね。

スポンサーリンク

2.筐体

Meiigoo M1
筐体のデザインは特に変わったところがある、ということはなく、むしろ平凡と感じます。背面素材は「オールメタル」で、前面ガラスはメーカーいわく「3D Display(いわゆる3Dのギミックはこの製品にはありません)」ということなんですけど、一般的にいう「2.5D曲面ガラス」と理解していいと思います。

Meiigoo M1
筐体色はトップ画像に使用しているブラックのほか、グレーとゴールドがあります。

Meiigoo M1
中華スマホではよく見かけるホームボタンの形状ですが、もちろん指紋センサーも兼ねています。

Meiigoo M1
カメラのセンサーはソニー製です。またフラッシュは「デュアルフラッシュ」で、白色とアンバーの2色で光り、ホワイトバランスを調整します。

3.価格など

MEIIGOO M1は中国の通販サイト各社で販売されており、7月21日現在で最も低価格なのがgeekbuyingで209.99ドル(24,224円)となっています。これまで見てきたとおり、この製品は特に尖ったデザインであるとか、すごい新機能を搭載しているとかはありません。各部の構成が高水準でまとめられており、筐体デザインもクセがありません。

また、記事中に触れたように、LTE対応バンドがかなり広く、重要なものもカバーしている、というのもありますね。この製品の価格は同スペックのスマホ中で最安値とは言えないと思いますが、十分に価格競争力はあると思いますし、プレーンで扱いやすそうな製品だと思います。

4.関連リンク

MEIIGOO M1:geekbuying

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    価格は中華、というかそもそも中華スマホでは?

  2. 匿名 より:

    ソニー製カメラとありますが、バッテリーもソニー製と謳ってますね
    バッテリーに関して多少信頼しても良いのでしょうか

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。中華スマホの場合、中華タブとか中華PCよりも全般に品質がよいケースが多いです。また、日本とかsamsungのパーツも採用しているようなので、思ったよりは信頼感ありますよ。

  3. 匿名 より:

    この手の機種のデュアルスタンバイは4G/3Gで使用できますか?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。一方でLTE、もう一方で3Gという格好ならば大丈夫だと思いますが、ウインタブでは中華製品の通信機能はレビュー対象外としており、実際にDSDSを試したことがないので、確証はないです。すいません。

  4. 匿名 より:

    回答ありがとうございます。
    試してみたいですが検討してみます。

  5. 教之 より:

    Gearbestにて購入しました。ナノsimを持ってないんで検証はまだですが、simも近々届くので、検証結果をお知らせします。

  6. 教之 より:

    実はフリーテルの極を使用していましたが、これがいろいろ問題があり、使い物にならない為、探してたところ、プラチナバンド対応のこの機種を見つけました。イオンモバイルのsimを挿したところ、自動で設定まで完了。通話はVOLTEと表示されてます。今のところ、問題無く運用出来てます。極よりスムーズで、よく出来た端末です。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑