geanee WDP-104-2G32G-CT-LTE - CherryTrail、キーボード付属、そしてLTE対応の10.1インチ Windows タブレット

geanee WDP-104-2G32G-CT-LTE
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。NTT-Xストアのセール情報記事では激安の7インチタブレットがすっかりおなじみになったgeaneeから、新しい10インチタブレットが発売されました。後述しますがキーボード込みで実売価格が5万円を下回っている、ウインタブが大好きな低価格帯タブレットです。でも、かなり個性的な製品なので気になる人が多いと思いますよ!

スポンサーリンク

1.スペック

geanee WDP-104-2G32G-CT-LTE

クリックで拡大します

CPUにCherryTrail世代のAtom X5-Z8300を搭載しているのがうれしいところです。でもRAMは2GB、ストレージは32GB、ディスプレイ解像度も1,280 × 800ですから、CPU以外は典型的な低価格帯のWindows タブレットということになります。

しかし、もちろん優れているところもたくさんあります。Wi-Fiは802.11 ac/a、つまり5GHz帯に対応しているのでネットワーク接続が快適になります(5GHz帯対応の無線ルーターは必要です)。また、入出力ポートではUSB Type-Cを採用しています。

そして、この製品はLTE対応のSIMフリー機です。低価格帯のWindows タブレットではSIMフリー機が決して充実しているとは言えませんから、これは非常にありがたい、というか選択肢が増えて喜んでいる読者の方も多いでしょう。

また、この製品にはキーボードが付属します。後述しますが物理接続、ヒンジ付きのしっかりしたものなので、もはやタブレットというよりは2 in 1と呼ぶほうが適切かもしれません。ちなみにgeaneeでは「10.1インチタブレット型PC」と称しています。

スポンサーリンク

2.筐体

geanee WDP-104-2G32G-CT-LTE
geanee製品はいつもそうなんですけど、製品画像があまり公開されておらず、詳細部分がよく見えないです。この画像を見る限りでは、特に目立つデザインとは感じられませんね。

geanee WDP-104-2G32G-CT-LTE 図
画像はないんですけど、すごくわかりやすい図面がありました。入出力ポートの配置と数を見ると、この製品はDC-INではなくmicroUSBもしくはUSB Type-Cポートを使って充電するようですね。それと、スピーカーは2つついてますが、横持ち時に右側になってしまうので配置としてはあまり好ましくありません。またSIMスロットはこの図だけだとはっきりしたことは言えませんが、カバーなしみたいです。

キーボードは物理接続でヒンジ付きであることがわかります。レイアウトも悪くなさそうですが、ENTERキー付近のデザインが英語配列みたいに見えますね(もちろん日本語キーボードです)。そしてキーボード側にフルサイズのUSBポートがついていることは見逃せません。ただこのキーボード、重量のほうも本格的というか、重さ620 gです。ヒンジ付きなんである程度重くする必要はあるんでしょうけど、タブレットと合わせて約1.3 kgになってしまうので、ちょっと重すぎかな、と感じます。

3.価格と発売時期

geanee WDP-104-2G32G-CT-LTEは5月31日に発売され、NTT-Xストアなどで購入することができます。価格は45,576円(NTT-Xストアの税込み価格)です。「CPUにCherryTrailを搭載し、ヒンジ付きのキーボードが付属するLTEモデル」としてはかなり割安感がありますね。LTE対応機を探している人や、手ごろな価格で2 in 1を探している人にはかなり魅力のある製品だと思います。

4.関連リンク

Windows搭載 10.1インチタブレット型PC:geanee公式サイト
geanee Windows10 10.1インチ LTE対応 タブレットPC:NTT-Xストア

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    これで Wacomデジタイザーペンにも対応していれば完璧なんですけどね

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。そうですね、低価格機だとなかなかワコムデジタイザーは乗っかりにくいけど、欲しいですね。