FRONTIER VN - GeForce RTX3050搭載のライトゲーマー向け15.6インチノート

FRONTIER VN
BTOパソコンメーカーのFRONTIERが15.6インチゲーミングノート「FRONTIER VN」を発売しました。この製品に先立って発売された「FRONTIER LN(2021)」とよく似た仕様で、外部GPUにGeForce RTX3050を搭載するライトゲーマー向けの製品です。

スポンサーリンク

1.FRONTIER VN スペック

スペック表

  FRONTIER VN
OS Windows 10 Home / Pro
Windows 11 Home/Pro
CPU Intel Core i7-11800H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX3050(4GB)
RAM 8GB/16GB/32GB/64GB
ストレージ 512GB / 1TB SSDなど(ストレージ2基搭載可能)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB 3.2 Gen2 Type-C、 USB 3.2 Gen 1 × 2、USB 2.0、HDMI、mini DisplayPort、イヤホンジャック、マイクジャック、LAN(RJ45)、SDカードリーダー
カメラ Webカメラ(100万画素)
バッテリー  15.2V/3,175mAh/49Wh
サイズ 359.5 × 238 × 21.9 mm
重量 1,950 g

ベースモデル

・RAM8GB/512GB SSD
・RAM16GB/512GB SSD
・RAM32GB/1TB SSD

コメント

OSはWindows 10 Home/ProとWindows 11 Home/Proを選択できます。(Pro版にすると追加料金がかかりますが)Windows 10でも11でも価格は変わりません。CPUは第11世代(Tiger Lake-H)のCore i7-11800HでGPUはGeForce RTX3050です。先日ご紹介したFRONTIER LNとの最大の相違点はGPUの型番です(LNはGeForce GTX1650)。

RAMはベースモデルにある8GB/16GB/32GBのほか、カスタマイズで最大64GBまで搭載可能です。ストレージは標準のNVMe SSDのほか、もう1基搭載可能で、カスタマイズによる最大容量は1TB SSD+1TB SSDもしくは1TB SSD+2TB HDDです。

スポンサーリンク

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度、ノングレアタイプでリフレッシュレートについては説明がなかったので、おそらく60 Hzと思われます。

入出力ポートはUSBポートが合計で4つ、HDMIとminiDisplayPortと2つの映像出力専用端子を装備しています。ただし、USB Type-CポートはThunderboltではなく、映像出力やUSB PDにも対応していません。

筐体サイズはFRONTIER LNと全く同じなので、おそらく同一筐体と思われます。15.6インチノートとしてはやや小さめくらいですね。

2.FRONTIER VN 筐体

FRONTIER VN
上にご説明したとおり、筐体はFRONTIER LNと同じのようです。ゲーミングノートらしい派手な装飾は見られず、バックライト色を除けば割とすっきりした印象です。

FRONTIER VN
天板です。少し凹凸がありますが、模様などはなくシンプルなスタンダードノートという感じです。この外観ならビジネスノートとしても違和感はないでしょう。ゲーミングノートとしては少々迫力不足かもしれませんけど。

FRONTIER VN
キーボードです。タッチパッド部分に説明用の点線が入っていますが、実際はタッチパッドに物理クリックボタンはありません。「テンキー付き107キー日本語キーボード、キーピッチ約18.2mm、キーストローク約1.8mm±0.2mm」と開示されていて、FRONTIER LNと全く同じ仕様です。

キーボードバックライトはゲーミングノートらしく、多色対応です。ただし、おそらく「単色」と思われ、Per-Key RGB(個々のキーのバックライト色を任意に設定できるもの)でもないようです。

FRONTIER VN
FRONTIER VN
ポート配置もFRONTIER LNと同じで、背面にも入出力ポートを装備しています。

3.FRONTIER VN 価格など

FRONTIER VNはFRONTIER公式サイトで販売中で、11月18日現在の価格は税込み149,800円から、となっています。ほぼ同一の仕様でGPUにGeForce GTX1650を搭載するFRONTIER LNとの価格差は約5,000円です。単刀直入に書くと「GTX1650にするかRTX3050にするかで5,000円違う」ということです。

このVNにせよLNにせよ、どちらかと言うとライトゲーマー向けの製品と言えそうです。比較的シンプルで落ち着いた外観なので、ゲーム専用機というだけでなく「仕事にもゲームにも」といった使い方に向くと思います。動画編集なんかもラクラクこなせそうですしね。

4.関連リンク

VNシリーズ(11th/RTX3050):FRONTIER

スポンサーリンク