LFS 池袋 esports Arena - いよいよ4月15日にグランドオープン!内部を見学させてもらいました

公開日: : 最終更新日:2018/04/13 オピニオン

LFS池袋がもうすぐオープン
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。サードウェーブ(ドスパラを運営する会社です)が満を持してオープンするesports施設「LFS 池袋 esports Arena」がいよいよ4月15日にオープンします。オープンに先立ち、プレス発表会と施設の内覧会があり、参加させていただきましたので、簡単にご報告いたします。

スポンサーリンク

LFS池袋
発表会なので、多くの方が登壇され、説明をされましたが、ウインタブが一番掲載したいのはこの画像です。LFSの開設に尽力された、サードウェーブのスタッフの方々です。また右端がサードウェーブのesports戦略を担う榎本常務です。「LFSのオープンを絶対にGWに間に合わせる」という強い熱意のもと、「ブラック企業なみ(榎本常務)」の奮闘をされ、この日の発表会にこぎつけた、とのことでした。このへんはなんとなくドスパラっぽい気がしますよね(念のために補足します。本当のブラック企業は自社をブラック企業とは言いません)。

サードウェーブはesportsを単純に営利事業と捉えてはおらず、日本にesportsを根付かせる、裾野を広げる、というミッションを持って行動しており、LFSのオープンはそれに向けて投じられた大切な一石だ、ということです。

1.どんな施設なのか?

施設概要

名称:LFS 池袋 esports Arena
かな名称:るふす いけぶくろ いーすぽーつ ありーな
運営会社:(株)E5 esports Works(サードウェーブグループ)
オープン日:2018年4月15日(日)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目43番6号 D-BOXビル 地下1階
面積 127.35坪/約420㎡ 収容人数 100名

施設の特徴

LFS池袋
これが平面図です。しかし、これ見てもよくわからないですよね。

LFS池袋
フロアにはズラッとパソコンが100台。しかもハイエンドマシン「GALLERIA GAMEMASTER(Core i7-8700 / GeForce GTX1080Ti / RAM16GB / 250GB SSD)」です。もちろんマウスやキーボードもついていますが、周辺機器は「持ち込み自由」とのこと。使い慣れた「マイキーボード、マイマウス」でゲームに挑めます。

PCには主要なゲームがインストール済みですが、自分で利用時間内にゲームをインストールすることも可能です。ネットカフェと同様、退席後にPCが初期化される仕組みなので、セキュリティのリスクもありません。

LFS池袋
DXRACERのゲーミングチェアが採用されています。ウインタブでも実機レビューしたんですよね、DXRACER(ただし、実機レビューしたチェアとは別の製品です)。

スポンサーリンク

LFS池袋
発表会ではゲーマーの方やコミュニティリーダーの方によるトークセッションがあったのですが、最も評価が高かったのが「防音ブース」の存在です。これ、日本では珍しいそうで、競技中にギャラリーや実況の声、その他の騒音でプレイヤーが集中力を途切れさせることがないように、という配慮で用意されているものです。

LFS池袋
こちらが「ステージオペレーションルーム ・ 実況解説ブース」です。esportsの場合、実況が入り、Webでストリーミング配信などがなされますが、それについてもしっかり配慮されています。

発表会ではesportsイベント企画・運営を手がける株式会社RIZeSTの古澤社長が登壇され、LFSの優れた点について「立地(池袋という交通の要衝)」「インフラ(強力な電源、障害に強い回線、そして付帯設備(防音ブースや大型スクリーン、オペレーションルームなど)」を挙げられていました。RIZeSTはLFSプレオープンイベントの運営を手がけたとのことで、その際、非常に運営がスムースにできた、という感想を持ったそうです。

営業時間・料金など

営業時間は当面「14:00~22:00」となっていますが、できるだけ早い段階で24時間営業ができるようにしたいとのこと。また料金は3時間1,000円、7時間2,000円、1時間追加ごとに350円です。これならネットカフェの利用料金と大差ないですね。また、施設内にドリンクの自動販売機がありますが、飲食物は持ち込み不可です。このへんはネットカフェとは異なります。

気になったので、「ゲーマーではないけれど、ちょっとLFSに行ってゲームをしてみたい、という一般人でも普通に入れるんですか?」という質問をしてみました。「それは全く問題ありません。ぜひお越しください」とのご回答でした。さすがにネットカフェのように、施設内で漫画を読んだりするのはどうかと思いますが、最新・ハイエンドのPCと高級なゲーミングチェアでオンラインゲーム体験をしてみる、というのは楽しいんじゃないでしょうか?

2.ロケーション

LFSの住所は「豊島区東池袋1丁目43番6号 D-BOXビル 地下1階」です。実際に現地に行ってみたわけですが、池袋駅北口から徒歩5分もかからないくらいの「駅近施設」でした。

LFS池袋
スマホなどで地図を表示させながら歩くと、ほとんど迷うことはないと思います。入り口はこじんまりしていますが、しっかりLFSのロゴが表示されていました。また、看板は出ていませんでしたが、グランドオープンまでには掲示されると思います。

LFS池袋
近隣はいかにも池袋っぽい、ちょっと雑多な感じですね。「平成女学園」を目印にするという手もあるかも知れませんw ちなみに隣はパチンコ屋さんです。LFSに行った帰りも、いろんな意味で退屈しないかも知れません(人によります)。

そんなわけで、4月15日14時グランドオープンのLFS、利用料金もお手頃ですし、上級ゲーマーでないと入れないということもありませんので、都内近郊在住の人は、ドスパラの最新鋭PCを試す、くらいのつもりで行ってみてはいかがでしょうか?

3.関連リンク

LFS池袋公式サイト

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑