NEC LAVIE Tab W TW710 - 2015年秋冬モデルの10インチタブレットはCherryTrail搭載の64ビット機!

NEC LAVIE Tab W
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。NECが2015年秋冬モデルのWindowsタブレットを発売しました。NECのWindowsタブレット「LAVIE Tab」シリーズには8インチのものと10.1インチのものがありますが、8インチのほうは変更点がほとんどないため、10.1インチ「LAVIE Tab W TW710CAS/CBS」について紹介します。

スポンサーリンク

1.スペック

LAVIE Tab W スペック表

クリックで拡大します

スペックについて補足します。OSはWindows 10となり、64ビット化されています。それに対応してRAMも4GBに増えました。また、秋冬モデルの大注目ポイントはCPUがAtom X7-X8700(CherryTrail)に変更されたことです。OS、CPU、RAMのレベルアップにより、現行モデルから格段の性能アップとなりそうですね。なお、ストレージは64GBのみとなっています。

現行モデルもそうなのですが、LAVIE Tab W TW710シリーズはLenovo ThinkPad 10の姉妹機種で、サイズや基本スペックは同一です。スペック表を確認した限り、「デジタイザー」についてだけは表記のしかたがLAVIEとThinkPad 10で異なっているのですが、ともに電池式ということなので、これもおそらく同一形式と思われます。

スポンサーリンク

2.デザイン

LAVIE Tab W TW710
LAVIE Tab W TW710背面
ThinkPad 10の姉妹機種と書きましたが、カラーリングは全くの別物で、ThinkPad 10がThinkPadっぽいブラックであるのに対し、LAVIE Tabのほうは洗練された感じがしますね。基本スペックが同一の姉妹機種であっても、外見はかなり方向性が異なる印象を受けますし、LenovoにせよNECにせよ、世界的な大メーカーですからそれぞれの固定ファンもいると思います。なので、このカラーリングはNECファンには受けるんじゃないでしょうか。

キーボードとスタイラスペン
こちらがキーボードとスタイラスペンです。キーボードはBluetooth接続ではなく、コネクタによる物理接続、ペンは電池式となっています。

3.ラインナップと価格

LAVIE Tab W TW710には2つのバリエーションがあり、キーボードの付属しない「TW710/CAS」とキーボードが付属する「TW710CBS/CBS」となっています。両者の違いはキーボードの付属有無だけで、デジタイザーペンはどちらも付属しています。また、バンドルソフトとして「Office Mobile プラス Office 365 サービス」という記載がありますが、Office MobileはもともとWindows 10用の無料アプリで、Office 365サービスというのは「iPadなど異なるOS用のOfficeのプレミアム機能⁺OneDrive 1TB、そしてSkypeの国内固定電話向け無料通話60分/月」のことで、期限は1年間です。製品版のOfficeが使えるということではないので注意してください。

価格のほうはNECダイレクトでキーボードなしの「CAS」が税抜き71,800 円(税込み77,544円)、キーボードつきの「CBS」が税抜き84,800円(税込み91,584円)となっています。NECダイレクトではすでに販売が開始されていますが、出荷開始は10月14日以降になるとのことです。

4.関連リンク

LAVIE Tab W : NECダイレクト
icon

スポンサーリンク