マウス m-Book J シリーズ - 13.3インチ、マウスファン待望の第8世代Core i 搭載モバイルノートが出たよ!

公開日: : 最終更新日:2018/01/23 マウス , ,

マウス m-Book J シリーズ
マウスコンピューターの13.3インチモバイルノートには「LuvBook Jシリーズ」があり、この製品はウインタブでも実機レビューしています。LuvBook Jはマウスらしい、実用的でとても使いやすい製品なのですが、「なぜか」CPUが第5世代(!)のCore iプロセッサーのまま現在に至ります。いやこれほんと。主力モバイルノート(だと思います)になぜ最新世代のCPUを使わないのか、いつも疑問に思っていたのですが、ついにそれが実現するときが来ました!しかも製品ブランドはLuvBookではなく、m-Bookです。「m-Book Jシリーズ」といいますが、マウスはノートPC系の製品ブランドをm-Bookに統一しようとしているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book J シリーズ スペック表
記事タイトルにあるように、この製品のCPUは第8世代(Kaby Lake R)のCore i5もしくはi7です。RAMは標準で8GB、最大で32GBとなりますが、カスタマイズ可能なのは16GBと32GBの2種類です。

ストレージがちょっと驚きなんですけど、500GB HDDや240GB SSDだけでなく、SSD + HDDのデュアル構成が可能です。これって13.3インチのモバイルノートとしては珍しいです。ちなみに従来機のLuvBook Jでもデュアルストレージが可能でした。

ディスプレイは全モデルFHD(1,920 × 1,080)解像度となりました。しかし、液晶がIPSなのかTNなのか、そのへんのところは開示されていません。入出力ポートは「さすがマウス」ということでいいと思います。フルサイズ(Type-A)のUSB3.0ポートが3つ、HDMIとD-sub、有線LANまで装備されていますので、ビジネスマシンとしても文句なしですね。新型になってもこの辺のところはマウスらしいままです。

あと、サイズですが、それほど小さくはありませんし、軽くもないです。13.3インチとしては大きくて重いほうの製品であり、かつ私のメインPCでもあるThinkPad 13と比較してみます。

ThinkPad 13: 322.4 x 222.8 x 19.8 mm / 1.44 kg
m-Book J: 324 × 234 × 22.5 mm / 1.5 kg

はい、デカイですね、重いですね…。最新の上級モバイルノートは多くが狭ベゼルの筐体を採用していまして、横幅は310 mm程度、重量1.1 kgなんてのが普通になってきてますから、それらと比較するといかにも…。しかし、それらコンパクトで軽量な製品はストレージを2基搭載したりできませんし、D-subなんてついてません。なので、m-Book Jのサイズ感、個人的にはOKです!

2.筐体

マウス m-Book J シリーズ 前面
ええと、なぜかマウスコンピューターの製品ページでは全くアピールされていないんですけど、筐体色が一新されました!ご覧のように美しいホワイトになっています。

ただし、サイズのところで予想がついていたと思いますが、ベゼルは決して細くはなく、特に凝ったデザインという感じでもないです。筐体素材は不明ですが、画像を見る限りプラスティック製だろうと思います。

マウス m-Book J シリーズ 天板
天板もホワイト。画像だとわかりにくいですが、天板にはヘアライン加工が施されているということなので、質感も高いのではないかと思います。

スポンサーリンク

マウス m-Book J シリーズ キーボード
キーボードです。Enterキー付近のキーサイズが大きくなっていますが、これはマウスの13.3インチとか14インチサイズの製品全般に言えることで、私はこのタイプのキーボードを試用したことがありますが、「少なくとも小さすぎるよりは全然マシ」で、特に使いにくいとかはありません。

キーピッチは18.75 mmとほぼフルサイズと言える余裕がありますし、キーストロークも1.5 mmを確保します。また、タッチパッドの左右クリックは物理ボタンになっています。タッチパッドに物理ボタン、というのもマウスのこだわりポイントなのですが、新型になってもしっかり受け継がれています。

マウス m-Book J シリーズ 側面
ポート類です。上にも書きましたが、13.3インチのモバイルノートとしては文句なしに充実していると思います。

マウス m-Book J シリーズ 着脱式バッテリー
そしてこれもマウスのこだわりポイント、「着脱式のバッテリー」です。13.3インチサイズでこのように着脱式のバッテリーを採用しているというのは、今となっては「レア」だと思います。ちなみに、製品ページではマウス自身もこの点を強調してました。

3.価格など

マウス m-Book Jシリーズはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、価格は89,800円(税込み96,984円)から、となっています。ちなみに89,800円の構成は「Core i5/RAM8GB/500GB HDD」なので、HDDを240GB SSDに変更したモデルの価格も確認してみたら、94,800円(税込み102,384円)でした。この価格は競合製品と比較しても安いほうではありますが、最安値だと9万円を切るくらいのものがありますので、最安値圏とは言えません。

この製品のいいところはCPU、RAM、ストレージをフレキシブルにカスタマイズでき、特にストレージに関してはSSD + HDDのデュアル構成が可能であるという点、豊富な入出力ポートを備えており、「ハブいらず」と言える点、そして新型になっても変わらない、キーボードや着脱式バッテリーといったマウスコンピューターのこだわり、などが挙げられると思います。

これらのメリットは、特にビジネスシーンで重宝するのではないでしょうか?新型になってもいい意味で「相変わらず」な製品ですよね。

1月23日追記:
同名でCPUにCeleron 3865Uを搭載するモデルもあります。スペック等については下記の記事をご覧ください。
マウス m-Book J(Celeon)- 13.3インチ、Celeron搭載で装備充実のモバイルノート

4.関連リンク(マウスコンピューター)

13.3型 m-Book J シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑