マウス DAIV 5N / G-Tune E5-144 - 15.6インチでGeForce RTX搭載のクリエイターノート、ゲーミングノート。これは…だいぶ軽いぞ!

5n topマウスコンピューターが15.6インチのクリエイターノート「DAIV 5N」とゲーミングノート「G-Tune E5-144」を発売しました。ともに同一筐体・同一スペックで、前者はsRGBが100%、後者はリフレッシュレートが144Hzと、ディスプレイによってユーザーの選択肢が分かれます。

スポンサーリンク

1.スペック

  DAIV 5N / G-Tune E5-144
OS Windows 10 Home / Pro
CPU Intel Core i7-10875H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB
RAM 16GB/32GB/64GB
ストレージ 512GB/1TB/2TB SSD(ストレージ2基搭載可能)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ(1,920 × 1,080) ※E5-144は144Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5
入出力 USB 3.1 Type-C(Thunderbolt3)、USB 3.1、USB 3.0 × 2、HDMI、
イヤホンジャック、マイクジャック、LAN(RJ45)、microSDカードリーダー
カメラ Webカメラ(100万画素)
バッテリー 稼働時間 約5.5時間
サイズ 355.5×236.7×19.9 mm
重量 1.77kg

マウスはBTOメーカーなので注文時に構成のカスタマイズが可能です。と言ってもカスタマイズできる項目はRAMとストレージくらいですね。

CPUは第10世代(Comet Lake)のCore i7-10875Hを搭載、8コア16スレッド、ターボ・ブースト時の最大クロックが5.1GHzという高性能のものになっています。GPUはRTX2060と中上位クラスのものが採用されています。クリエイターノート、ゲーミングノートとして高い性能を有していると言えるでしょう。

冒頭でもお伝えしてある通り、クリエイターノートのDAIV 5NとゲーミングノートのG-Tune E5-144の構成での相違点はディスプレイです。E5-144はリフレッシュレートが144Hzとなっており、FPSやレースなど動きが激しいゲームでも比較的快適に楽しめると思います。5Nはリフレッシュレートについての記載は特にありませんが、クリエイターに嬉しいポイントとして「sRGBが100%」となっています。なお、IPSという表現は見当たらなかったものの、これまでのマウス製品からするとIPS相当のものである可能性が高いと思います。

通信まわりではWi-Fi6対応ですし、入出力ポートは十分に確保されていてThunderbolt3も搭載されています。

サイズに関してですが、あまり目立たないんですけど前モデルからだいぶコンパクト化に成功しています(後述します)。しかもこの1.77kgという重量、15.6インチのゲーミングノート、クリエイターノートのカテゴリだと最軽量クラスですね。もっと強くアピールしたほうがいいのでは?と個人的には思ってしまうんですけど…いずれにせよ素晴らしいです。

スポンサーリンク

2.筐体

正面から見たところです。ベゼルは細く、スタイリッシュな印象です。

DAIV 5N 天板

5Nの天板です。ロゴのみのシンプルなデザイン。

E5-144 天板

E5-144の天板です。こちらもロゴのみです。

DAIV 5N キーボード2

キーボードは100キーの日本語配列です。キーピッチは18.75 mm、キーストロークは1.4 mmと開示されていて、ゲーミングノートのG-Tune E5-144だけでなく、クリエイターノートのDAIV 5NもRGBバックライト(カラフルなもの)を装備します。マウス独特の右ctrlなしや上下キーが小さいといった点は使い手によって評価が分かれるところでしょうね。

DAIV 5N 比較

こうして比べてみると、前モデルもベゼルはなかなか頑張っていたとは思いますが、さらにコンパクトになった上、厚さ10mm減、画像にはありませんが重量も約2.5kg→約1.77kgと大幅に軽くなったのは本当に評価すべきところだと思います。

3.価格など

マウス DAIV 5N / G-Tune E5-144はマウスコンピューター公式サイトにて販売中で、7月13日現在の価格はともに179,800円(税込み197,780円)からとなっています。

ゲーミングノートとクリエイターノート、いずれも高いCPU性能とGPU性能が必要な製品ジャンルですが、ゲーマーとクリエイターのニーズには違いがあります。DAIV 5NはsRGBというクリエイターが気になる部分、G-Tune E5-144はリフレッシュレートというゲーマーなら外せない部分にこだわり差別化しています。コンパクト化もそうですし、ユーザー目線の製品展開を続けているマウスらしさが光る両製品だと感じました。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

DAIV 5Nicon
G-Tune E5-144icon

スポンサーリンク