Microsoft Surface Go - 個人向けLTEモデルが発売されました!コンパクトなSurfaceにさらなる機動性が!

Microsoft Surface GoにLTEモデル
Microsoft Surfaceシリーズの中で、最もサイズが小さく、最も購入しやすい価格の「Surface Go」にLTEモデル(個人向け)が追加されました。法人向けには以前からLTEモデルの設定があったのですが、これで個人もLTEモデルを購入できるようになります。Surface Goはディスプレイサイズが10インチとコンパクトで、外に持ち出して使うことも多いと思いますので、LTEモデルの追加は「待ってました!」という感じです。

スポンサーリンク

1.概要

Microsoft Surface Go LTE含むスペック表
Surface Goについてはウインタブでも実機レビューをさせてもらいましたので、筐体品質や使い勝手については実機レビュー記事をご覧下さい。
Microsoft Surface Go レビュー - サイズは小さくとも正真正銘Surface品質!10インチサイズこそ神かもしれん(実機レビュー)

この記事では追加されたLTEモデルを中心にSurface Goのラインナップについて改めてご紹介します。まず、Surface Goのバリエーションモデルは下記のとおりです。

RAM4GB/64GB eMMC/Wi-Fi: 63,504円
RAM8GB/128GB SSD/Wi-Fi: 82,944円
RAM8GB/128GB SSD/LTE: 98,064円
※税込価格

もともとSurface Goは上位モデルと下位モデルの2バリエーションがありましたが、追加されたLTEモデルは上位モデルと同じRAM/ストレージ容量となります。CPUはPentium Gold 4415Yで3モデル共通、ディスプレイの仕様も変わりません。

また、LTEの対応バンドは「1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28/29/30/38/39/40/41/66」で、もちろんSIMフリー、MVNOも含め国内の通信会社のSIMであれば使えます。

Microsoft Surface Go
Surfaceシリーズは今回追加されたLTEモデルに限らず、競合製品のほとんどとは異なり「キーボード(タイプカバー)」と「スタイラスペン(Surfaceペン)」が別売りになっている、という点に注意が必要です。

スポンサーリンク

タイプカバー: 12,744円~16,632円
Surfaceペン: 12,744円
※税込価格

Surface Goを購入するのならタイプカバーは必須ですし、Surfaceペンも(非常に品質がいいので)できればセットしたいところですが、LTEモデルにタイプカバーとSurfaceペンをセットすると123,442円~127,440円(税込み)ということになりますので、結構なお値段になってしまいます。

しかし、Surface Goには製品版のOffice Home & Business 2019が付属します。ちなみにOffice 2019もSurface Go LTEモデルと同時に1月29日に発売されたばかりなんですよね。なので、製品価格にOffice分が含まれていることを考慮すれば必ずしも高いとは言えないかもしれません。

2.キャンペーン等

Microsoft Surface Go
Microsoft Surface Go(LTEモデル含む)はMicrosoftストアにて販売中で、価格は上に書いたとおりです。また、1月31日までの期間限定ですが、「Surface Go 用 Incipio Truman スリーブ」もしくは「Surface Go 用 TUMI タブレット カバー」が30%OFFで購入できます(ただし、LTEモデルは非対象)。

私も実機レビューを通じてSurface Goをしばらく使わせていただきましたが、筐体サイズが小さいという以外はSurface Proシリーズと全く同じ品質でした(ただし、CPU性能やディスプレイの仕様は異なります)。また、10インチサイズの本格2 in 1というのは、実は「ありそうでない」というか、Atomなど低スペック機が主流で、Surface Goのような性能と非常に高い筐体品質を備えている製品というのは希少なんですよね。

CPUがCore mとかCore iではない、という点に不安を覚える人もいるかも知れませんが、Pentium 4415YというCPUはAtomやCeleronとは顕著な性能差があり、旧世代のCore i5くらいの実力がありますので、ビジネス用途あるいは学生さんの勉強用ということであれば快適に使えると思います。そして操作感はSurface Proシリーズに全く引けを取りません。

LTEモデルが追加され、一段と魅力を増したSurface Go、この春の新生活にピッタリかもしれないですね。

3.関連リンク(Microsoftストア)

Surface Go

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    発表から発売まで時間空き過ぎ。なんかもう機を逸したというか、今更感が半端ないなぁ。Officeバンドルの賛否でもミソがついた。Microsoftは戦略ミスばっかりだな。

    • wintab より:

      こんにちは。確かに…。もともとの製品特性が素晴らしいので、Officeバンドルの件とかもちょっと残念に思います。

  2. 匿名 より:

    実際さわってみていいものだというのが判ったけど投げ売りにならないと手を出す気にならない

    • wintab より:

      こんにちは。結局タイプカバー別売りとか、Officeバンドルとかで高く感じちゃうんですよね。もともとすごくいい製品だと思うんですけど…。

  3. 匿名 より:

    Officeは365 Soloをもう持ってるんだよなあ…
    MSの日本市場に対する姿勢が見えない

    • wintab より:

      こんにちは。私も365ユーザーで、もはやパッケージ版には戻れないです(そのくらい優秀)。365ユーザーにしてみればOfficeバンドルは全くの無駄ですよね。規約上OEM版は転売も出来ないので、死蔵することになっちゃいますもんね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑