Lenovo ThinkPad X380 Yoga - 13.3インチのコンバーチブル2 in 1、高品質な手書き入力機能も魅力!

Lenovo ThinkPad X380 Yoga
Lenovo ThinkPadシリーズの2018年モデルから、今回は「X380 Yoga」を紹介します。ThinkPadシリーズはほとんどがクラムシェルノート形態を取っています。ビジネスマシンなので、ある意味当然かもしれないのですが、クラムシェルノートではないものも少しだけ存在します。まずデタッチャブル2 in 1の「X1 Tablet」です。この製品はThinkPadシリーズでも異質とも言える存在で、Surfaceによく似た筐体構造となっています。それとコンバーチブル2 in 1の「Yoga」です。具体的には「X1 Yoga」と、この「X380 Yoga」などがあります。Lenovoではキーボード非分離・ディスプレイ360度回転型の2 in 1に「Yoga」という製品名を使っていて、ThinkPadシリーズでもそのルールは同じです。

スポンサーリンク

コンバーチブル 2 in 1はもともとクラムシェルノートに近い構造を持っているため、ThinkPadシリーズにも馴染みやすい形態と言えるかもしれませんね。

1.スペック

Lenovo ThinkPad X380 Yoga
この製品は一般的なモバイルノートでは最も数が多い13.3インチサイズです。ThinkPadシリーズでは13.3インチの製品はそんなに多くないんですよね。また「Xシリーズ」なので、高性能かつ多機能になっています。CPUは第8世代のCore i5もしくはi7が搭載され、vPro対応の「Core i5-8350U」「Core i7-8650U」も選択可能です。vProというのは法人などの組織でPCを一元管理するのに便利な機能です。vProに対応するCPUは価格が高いこともありますので、個人利用であればvPro対応のCPUを選択する必要性は高くありません。

RAMはThinkPadとしては選択肢が少なく、8GBもしくは16GBとなります。ストレージは128GBから1TBまで幅広く選択可能ですが、SSDしか選べません。

ディスプレイはIPS液晶でFHD解像度、2 in 1なのでタッチディスプレイのみの設定となります。また、X380 Yogaには「ThinkPad Pen Pro 2」が同梱されます。このスタイラスペンはワコムのアクティブ静電結合方式で、2,048段階の筆圧に対応します。ワコムなので、イラストなどにも使える高品質なものと考えていいでしょう。

入出力ポートは「普通」ですね。ThinkPadシリーズとしては必ずしも優れているとも思いません。また、LANポートに関してはRJ45ポートが直接装備されているわけではなく、同梱品のアダプターを使って接続する形式です。追加で周辺機器を購入する必要がないので、コスト面や実用性には支障がないものと言えます。

バッテリー稼働時間は12.9時間と、一般的なモバイルノートとしては長持ちするほうですが、ThinkPadの2018年モデルの中ではそれほど優れた数値ではありません。また、バッテリーは着脱式ではありませんし、一部のThinkPadに見られる複数のバッテリーを搭載する余地もないです。

サイズのほう、13.3インチとしては特に小さい方でもなく、重量1.44 kgというのは製品の格から見て「ちょっと重い」ですね。しかし、この製品は堅牢性が売り物のThinkpadシリーズでもあり、重量面で不利な2 in 1形態であることから、これはやむを得ないとは思います。

2.筐体

Lenovo ThinkPad X380 Yoga
コンバーチブル2 in 1の場合、普通にヒンジを開口した状態だと見た目はクラムシェルノートと変わりません。外見上、「単にヒンジが大きく開口するだけ」です。そのため、このように通常のクラムシェル形態になっている場合、「いつものThinkPad」にしか見えません。

スポンサーリンク

Lenovo ThinkPad X380 Yoga
しかし、ヒンジが360度回転しますので、このようにタブレット形態(タブレットモード)にしたり、テント型(テントモード)にしたり、トップ画像にあるようなスタンド型(スタンドモード)にしたり、といった変形が可能です。この製品の場合、出来のいいスタイラスペンが付属しますので、タブレットモードやテントモードなどの活用により、快適な手書き入力が可能となります。

Lenovo ThinkPad X380 Yoga
Lenovo ThinkPad X380 Yoga
この2枚の画像は、側面のポート類をチェックしてもらうために掲載しています。特に下の画像ですが、これを見ると電源ボタンが側面についていることと、電源ボタンの横にスタイラスペンのホルダーがついているのがわかると思います。このホルダーにペンを入れておけば自動的に充電される仕組みになっています。

Lenovo ThinkPad X380 Yoga
画像左側のキーボードについて、日本語配列と英語配列を選択でき、標準でバックライトが装備されます。また、指紋センサーも標準装備、NFC(タッチパッドの左にあります。近距離無線装置のことで、非接触型ICカードリーダーと考えていいです)はオプションとなります。

また画像左側、底面を見ると、バッテリーは着脱式ではないことがわかります。

3.価格など

Lenovo ThinkPad X380 YogaはLenovo直販サイトで販売中で、2月18日現在の価格は税込み150,660円(クーポン割引後)から、となっています。この製品の場合、CPUは最低でもCore i5、RAMも最低で8GB、そしてストレージはSSDのみ、スタイラスペン付属となりますので、最低価格のものでも(ストレージが128GBとなる以外は)上級PCとして不満のないスペックとなります。

ThinkPadシリーズとしてはカスタマイズ余地が少なめではありますが、標準でも充実した構成になっているため、不満があるとすれば「構成を絞って安く仕上げたいけど、それができない」ということだろうと思います。ThinkPadってビジネスマシンという性格が非常に強いのですが、この製品はタッチディスプレイを採用し、手書き機能も充実しているので、ある時はお仕事に、オフタイムにはイラスト用に、という使い方も可能でしょう。ある意味ThinkPadっぽくない使い方も楽しめそうです。

4.関連リンク(Lenovo)

ThinkPad X380 Yoga

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑