CHUWI LarkBox - ストレッチゴール達成により、小型ACアダプターとキーボードがセットされます。240GB SSDも低価格で追加可能に!

CHUWI LarkBox
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。たびたびご紹介してきた超小型PC「CHUWI LarkBox」ですが、知らない間にINDIGOGOでのクラウドファンディング期間が延長されていました(8月7日もしくは8日まで)。また、ウインタブ読者用の限定クーポン(シークレットリンク)は限定台数が175台まで増えました。というか、さすがに悟ったんですけど、この限定価格は最後まで有効でしょう。台数が175に近づいたら自動的に200とか250に増えると思いますw

スポンサーリンク

「LarkBoxってなに?」という人もいると思います。ウインタブで先行して実機レビューをしていますので、詳しくはこちらをご覧ください。
CHUWI LarkBoxの実機レビュー - とにかく小さいけれど動作はキビキビ!リビング用にもぴったりの超小型デスクトップPC

  CHUWI LarkBox
OS Windows 10 Home
CPU Intel Celeron J4115
外部GPU なし
RAM 6GB
ストレージ 128GB eMMC(M.2 2242 SATA SSDの増設可)
光学ドライブ なし
ディスプレイ なし
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C(電源用)、USB 3.0 × 2、HDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ なし
バッテリー なし
サイズ 61 × 61 × 43 mm
重量 127 g

スペック的には「Celeron機」なので、処理性能にあまり大きな期待はできませんが、自宅用のサブPCとしてエンターテイメント用途や仕事の続き(ExcelファイルやPowerPointファイルの修正など)をするには十分な性能になっていると思います。また、超小型なので、その気になれば出張先に持ち込むとかもできますね。

スポンサーリンク

CHUWI LarkBox ACアダプターの変更

CHUWI LarkBoxに新たなストレッチゴール
LarkBoxはクラウドファンディングの目標を無事達成し、2つのストレッチゴール(出品者が独自により高い目標金額を設定し、達成すれば仕様がアップグレードされるというもの)も達成済みです。なので、ウインタブが実機レビューした際よりも小さなACアダプターが付属し、ミニサイズのキーボードもセットされることになりました。

この製品、シークレットリンクの価格が149ドルで、しかもライセンス認証済みのWindowsがプリインストールされています。で、149ドルのまま、さらに2つのアップグレードの恩恵が受けられる、ということです。これは「異常にお得」と言えるでしょう。

KingstoneのSSD
さらに、240GB M.2 SSD(キングストン製)も一緒に注文できるようになり、価格が39ドル(およそ4,200円)です。この記事を書くに当たり、Amazonで240GB M.2 SSDの価格情報を確認してみましたが、最安値圏のもので4,000円台前半、というのは見受けられましたので、このSSDが超激安、とまでは言えませんが、キングストン製ですし、十分割安であることは間違いないので、私なら一緒に注文すると思います。

Larkbox_main1
個人的にはこのLarkBoxは、PCとして十分使える性能になっていると思いますので、仮に私が購入するなら、「ちゃんとPCとして使う」と思いますが、NASだとか、TVに接続して動画視聴用にするとか、いろんなことが考えられますね。シークレットリンクで購入すると、SSDを一緒に注文しても188ドルですし、小型キーボードも付属しますので、「試しに買ってみる」というのでもいいかもしれません。

関連リンク

CHUWI LarkBox:INDIEGOGO ウインタブ用シークレットリンク

スポンサーリンク