iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI - 17.3インチでデスクトップ用Core i7とGTX1080搭載の「山みたいなゲーミングノート」

公開日: : Iiyama , ,

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
iiyamaが高性能な17.3インチゲーミングノート「LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI」を発売しました。iiyamaはマウスコンピューターの製品ブランドなのですが、マウス(グループ)はデスクトップ用のCPUを搭載するノートPCを積極的にリリースしています。このLEVEL-17FG101-i7K-VNRVIもまたデスクトップ用の、しかもハイエンドクラスの「Core i7-8700K(オーバークロック可)」、そしてGeForce GTXシリーズの最上位モデル「GTX1080」を搭載します。

スポンサーリンク

ハイエンドということだとマウスもiiyamaも「GTX1080 SLI(2基搭載)」のノートPCを販売していますので、「これが最強」というわけでもありません。でもさすがにGTX1080 SLIのノートというのは軽く50万円を越えてしまうので、いくらパフォーマンス重視の人であっても、そう簡単に購入できるシロモノではないです。その点、このLEVEL-17FG101-i7K-VNRVIは30万円台で買えますので、リーズナブルだと言えます(どこが!)。

1.スペック

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI スペック表
iiyamaのPCは基本的にカスタマイズ余地がかなり大きいのですが、この製品は主要構成ではOSとストレージのみカスタマイズ可能です。CPUはデスクトップ用のCore i7-8700Kで、オーバークロックも可能、ノートPCを主に扱うウインタブとしては「超高性能」と呼んでいいものです。RAMは32GBで固定となります。そしてGPUはGeForce GTX1080です。記事の冒頭に書きましたが、SLI構成というのを考慮しなければ、ノートPCとしては最高性能を発揮できるであろう構成です。

ディスプレイは17.3インチでFHD解像度にとどまるものの、NVIDIAのG-Syncに対応しますので、ゲーム時の画面表示がなめらかになります。また、入出力ポートについては巨大な筐体(後述します)ということもあり、不満を感じない充実ぶりです。

その筐体ですが、サイズは「論外にデカい」ですね。17.3インチサイズなので幅は40センチを越えますし、厚さ4センチ、重量は4キロ越えと、なんだか「4づくし」です。

2.筐体

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
この製品の筐体は以前ウインタブで実機レビューしたことのある「マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7901」と同じものだと思われます。細部に至るデザインと筐体のタテ・ヨコサイズが同じです(重量は若干異なります)。なので、詳しくはNEXTGEARの実機レビュー記事を読んでいただくとわかりやすいかも知れません。

スポンサーリンク

ただ、現行の「超ハイエンド」の「NEXTGEAR-NOTE i71130」とは明らかに別筐体です。まあ、どっちも山みたいに大きいサイズなんですけどね…。

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
天板の形状もNEXTGEAR-NOTE i7901と全く同じですが、ロゴマークはiiyamaのゲーミングブランド「LEVEL ∞」が使われています。

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
キーボードもNEXTGEARと同じですが、製品ページにバックライトについての説明がありませんでした。おそらくバックライトの装備はあると思いますが、NEXTGEARのようにレインボーカラーに発光するかは不明です。このキーボードはキーストロークがやや深めで、とても打鍵しやすいものです。

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
側面を見るとこの製品のぶ厚さがよくわかります。私の使用経験だと、「パームレスト(PCの手前側に置くクッション)」が欲しくなる感じです。しかし、これだけの厚みがありながら、光学ドライブは搭載できない、というのがある意味すごいですよね。

iiyama LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
前後面です。背面側には巨大な通気口だけでなく、HDMIとMiniDisplayPortという、映像出力系のポートが配置されます。あと、NEXTGEARの実機レビューで、ファンについて「普段使いだと気にならないが、いざゲームを始めるとかなり大きなファン音になる。慣れていない人だとびっくりするレベル」という評価をしています。

3.価格など

LEVEL-17FG101-i7K-VNRVIはiiyama製品の直販サイトであるパソコン工房で販売中で、3月19日現在の価格は329,980円(税込み356,378円)から、となっています。この最低価格の場合、「Core i7/GTX1080/RAM32GB/500GB SSD + 1TB HDD」という構成です。特にカスタマイズしなくとも十分な実力を発揮できそうなスペックになっていると思います。

決して安くはないですが、70万円とかの、「どう考えても無理」なものでもないし、ウインタブに常駐する「ガチ勢」な読者の人なら思わず買ってしまいそうな価格ではあると思います。価格なりのスペックと性能は確保されていると思いますしね。

4.関連リンク(パソコン工房)

LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI
icon

スポンサーリンク

Comment

  1. なお より:

    GTX1080のSLIは対応ソフトが少なく
    純粋なベンチマークテストや超大作MMO以外では、グラボが片側しか動かないので逆に有害です

    こいつがあれば、一通りの大作ゲームが遊べVRもこなせるので、変な構成で組んで後で差し替えていくとか考えなくても
    むしろ、後のことはなにも考えないで買えると言うメリットもあります

    まあ、熱で基盤が…
    とかはありますけどね

    • 匿名 より:

      プロファイル作ればいいじゃない

    • wintab より:

      なおさん、こんにちは、コメントありがとうございます。「SLIは対応ソフトが少ない」というのはゲーマーでないとわからない話で、私はよく知りませんでした。確かにこの構成なら大作も動くんでしょうね。私なんかは持て余しちゃうと思いますけど。

  2. ぶんぼ より:

    ここまでするんだったら、デスクトップでええんちゃう?と思う今日この頃。

    • wintab より:

      ぶんぼさん、こんにちは、コメントありがとうございます。それをノートでやるのがロマン…。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑