Microsoftストアアプリ - Real Kakuro – Cross Sums これは難しくて面白い!「カックロ」

Real Kakuro - Cross Sums
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はパズルアプリ「Real Kakuro – Cross Sums」を紹介します。私はもうおっさんでもあり、動きの激しいゲームよりもじっくり遊べるパズル系のゲームのほうを好む傾向にあります。非パズル系だとパターゴルフとかビリヤードのように運動神経よりも角度の計算とかが重視されるものが好きです。

スポンサーリンク

「カックロ」ってご存知ですか?見た感じ「数独(ナンプレ)」に似ているんですが、遊び方は異なります。

・マスに 1~9 の数字を入れる。
・斜めに仕切られたマスにある数字のうち、右上にある数字は横へ続く空マスの計。左下にある数字は縦へ続く空マスの計を表す。
・横に連続する空マスの中に同じ数字は入らない。(縦も左記に同じ)
(出所)Wikipedia

「カックロ」を初めて遊ぶ場合、数独とは似て非なるゲーム性なのでちょっとだけ戸惑いますが、一度ルールを理解してしまうと全然難しくはありません。いやね、あくまで「ルール」が難しくないんであって、「ゲーム性」が難しくないなんて口が裂けても言えませんけどね。

この「Real Kakuro – Cross Sums」はPCやタブレットでもWindows スマホ(WindowsPhone)でも遊べるユニバーサルアプリです。無料(広告の非表示は有料で300円)アプリでサイズは16.9 MB ~ 18.31 MBとなっています。

Real Kakuro - Cross Sums 起動画面
これが起動画面です。もともとはスマホアプリなので、PCやタブレット(横持ち)で表示すると上の画像のように余白ができてしまいます。

残念ながら日本語化されていませんが、このメニュー画面とチュートリアルなどごく一部しか英語の必要性はありません。この画面を見ると難易度が「Easy」から「extreme」までの5段階あることがわかります。私は「カックロ」の遊び方がわからなかったので最初に「How to play(チュートリアル)」を見ることにしました。

Real Kakuro - Cross Sums チュートリアル
チュートリアルは英語ですが、そんなに難しいことはありません。英語の苦手な人は多少苦労するかもしれませんが、遊び方の基本を理解するためにしっかり見ておいたほうがいいと思います。

Real Kakuro - Cross Sums ステージ選択
初心者なので当然「Easy」モードで始めます。モードを選択すると上の画像のようにステージ選択画面になります。確認してみたら「Easy」だけでなんと400ものステージが用意されていました。

スポンサーリンク

Real Kakuro - Cross Sums Easyの第1ステージ
これがEasyの第1ステージです。最初にしてはずいぶん複雑な感じがします。「いやこれEasyの第1でしょ?いきなり無理なんじゃない?」と思いましたが、気を取り直して挑戦してみます。

Real Kakuro - Cross Sums 下書き
画面の下にいくつかアイコンがあります。左下が「鉛筆」その横が「ボールペン」で、用途は現実におけるそれらと同じです。つまり、鉛筆は下書き用、ボールペンは清書用です。最終的にボールペンですべてのマスに正しい数字を書き込んだらステージクリアとなります。

画面の真ん中には数字盤があり、数字を入れたいマスを選択して、数字盤で入れたい数字をタップすればいいのですが、PCのキーボードから直接数字を入力することもできます。

文字盤の左は「消しゴム」です。そしてその横が「チートシート」なのですが、チートシートは現在使えないようですw

消しゴムは鉛筆もボールペンも、どちらも消すことができます。

Real Kakuro - Cross Sums 指摘
「消しゴムで消せるんなら最初からボールペンでいいじゃん」という考え方もありますが、いきなりボールペンを使うと上の画像のようにミスするとリアルタイムで指摘されてしまいます。なので、「鉛筆で下書き、ボールペンで清書」のほうが落ち着いて遊べるか、と。

Real Kakuro - Cross Sums クリア履歴
無事ステージクリアすると、ステージ選択画面にクリア履歴が表示されます。あと、余計なお世話なんですけどクリア時間も表示されていますね。とりあえずEasyモードだけでも400ステージあるので、かなり長期間遊べそうです。

私は現在、3つくらいのステージをクリアしたところなんですが、このゲームにはいろいろ「コツ」のようなものがあって、遊んでいるうちに少しずつ効率的な遊び方、というか法則のようなものが理解できるようになります。

例えば2マスあって合計が3の場合は「1」と「2」の組み合わせしかありませんし、合計が4の場合は「1」と「3」しかありません。「0」は選択できませんし「2」と「2」はルール上ダメです。また、合計が「17」の場合は「8」と「9」しかないし、16の場合は「7」と「9」のみになります。なので、初心者的には最初にこれら組み合わせが限定される2マスのところから埋めていくのがいいのかな、なんて思っています。

きっと腕が上がってきたらもっとたくさんの「コツ」を駆使して挑戦していくことになるんでしょう。そんなわけで、結構難しいですし、その分ハマれるパズルだと思うので、試してみてください。

関連リンク

Real Kakuro – Cross Sums:Microsoftストア

スポンサーリンク