Xiaomi Redmi Note 10 5G - 人気モデルの5G版です。「Pro」よりもスペックが低く、でも5Gスマホとしては低価格

Xiaomi Redmi Note 10 5G
日本でも正規販売され、大人気となっている(と、思います)Xiaomiのミッドレンジスマホ「Redmi Note 10 Pro」。Redmi Note 10の名を冠する製品は他にもあり、ウインタブでは以前「(Proがつかない)Redmi Note 10」についてもご紹介済みです。

スポンサーリンク

今回ご紹介する「Redmi Note 10 5G」は5G対応のRedmi Note 10です(そのまんまや…)。ただ、通信周りで5Gに対応するようになった、というだけでなく、他のRedmi Note 10シリーズとはディスプレイサイズをはじめ、多くの相違点があります。日本発売のアナウンスは出ていませんが、Banggoodにグローバル版の製品ページができていましたので、ここにご紹介します。

1.スペック

スペック表

  Redmi Note 10 5G
OS  MIUI 12 based on Android 11
CPU  MediaTek Dimensity 700
RAM  4GB/6GB
ストレージ  64GB/128GB
ディスプレイ  6.5インチ(2,400 x 1,080)90Hz
LTEバンド 5G:n1/3/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/32/66
SIM  nanoSIM x 2
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力  USB Type-C、オーディオジャック
カメラ  イン8MP/アウト48MP+2MP+2MP
バッテリー  5,000 mAh
サイズ  161.81 x 75.34 x 8.92 mm
重量  190 g

バリエーションモデル

・RAM4GB/ストレージ64GB
・RAM4GB/ストレージ128GB
・RAM6GB/ストレージ128GB

コメント

CPUはSnapdragonではなく、MediaTekのDimensity 700です。もちろん5G対応のCPUで、Antutu Ver.8のスコアは約30万点です。Redmi Note 10 Proに搭載されているSnapdragon 732Gが28万点前後なので、それとほぼ同じか若干いいくらいですね。ミッドレンジ(ウインタブではミッドハイ)クラスの性能と言えます。

RAMとストレージは上記の3つの組み合わせを選べます。この製品はCPU性能が高く、ゲームプレイなども楽しめそうですから、できればRAMは6GBにしておくのがいいと思います。…ということは、自動的にストレージも128GBになってしまいますけどね。

ディスプレイは6.5インチのFHD+解像度です。Redmi Note 10 Proが6.67インチの有機EL、Redmi Note 10が6.43インチの有機ELでしたから、サイズはまちまちですし、Redmi Note 10 5Gのみ有機ELではありません(解像度は全て同じです)。また、リフレッシュレート(最大値)は90Hzで、こちらもRedmi Note 10 Proの120Hz、Redmi Note 10の(推定)60Hzとは異なっています。

スポンサーリンク

Xiaomi Redmi Note 10 5G
カメラの仕様も他のRedmi Note 10シリーズとは異なります。

Note 10 5G:イン8MP/アウト48MP+2MP+2MP
Note 10 Pro:イン16MP/アウト108MP+8MP+5MP+2MP
Note 10:イン13MP/アウト48MP+8MP+2MP+2MP

あくまで「画素数とレンズ数」での比較となりますが、RedMi Note 10 5Gのカメラ性能は3機種中で最も低い、という点には注意しておきましょう。日本で正規販売されているRedmi Note 10 Proの場合、「カメラが超高性能」というのが購入動機となるケースも多いと思います。Redmi Note 10 5Gはこれほど高い画素数でもレンズ数でもありません。

2.筐体

Xiaomi Redmi Note 10 5G
前面にはパンチホール型カメラ。前面については他のRedmi Note 10シリーズとよく似ています。また、背面のデザインも似ていますが、カメラ付近のデザインが異なりますね。この画像の筐体色は「Chrome Silver」で、見た感じ、淡いブルー系とのグラデーションになっているようですね。

Xiaomi Redmi Note 10 5G
他の筐体色に「Graphite Gray」「Nighttime Blue」「Aurora Green」があります。この画像だけだと判然としませんが、どれもグラデーションがかかっているようですね。

Xiaomi Redmi Note 10 5G
側面の画像が十分確認できませんでしたが、指紋センサーを兼ねる電源ボタンや上下面に配置されたスピーカーといった構造は他のRedmi Note 10シリーズと共通のようです。

3.価格など

Xiaomi Redmi Note 10 5Gは中国の通販サイト「Banggood」に製品ページがあり、5月14日現在「Arrival Notice」というステイタスになっていて、まだ販売がスタートしていません。また、Aliexpressでは複数の店舗で取り扱いがありますが、5月13日現在「4GB/64GB」「4GB/128GB」の2モデルのみが販売されているようで、6GB/128GB」版は見当たりませんでした。

Banggoodでの参考価格は4GB/64GB版が199ドル(22,002円)、4GB/128GB版が229ドル(25,319円)、6GB/128GB版が269ドル(29,741円)ですが、Aliexpressだと4GB/64GB版が2万円を切る価格から購入ができます。HongKong Goldway(Aliexpressで「トップブランド」という評価になっていますので、怪しくはないと思います)では4GB/64GB版が18,047円、4GB/128GB版が20,312円になっていました。おそらくBanggoodでも実売がスタートすればAliexpressに近い価格になると思われます。

スペック面では「素直に日本正規版のRedmi Note 10 Proでいいんじゃない?」という気もしますが、5G対応スマホの価格としては非常に低価格だと思います。ただ、この製品が日本で正規販売されるのかはわかりませんが、5Gの場合はスペック表のバンド表記ではお使いのキャリアに対応していても実は使えなかった、ということもありえます。なので、「5G通信が購入目的」という人は日本正規版のアナウンスに期待するか、各所でのレビュー記事が出揃ってから購入されるのがいいと思います。

4.関連リンク

Xiaomi Redmi Note 10 5G(4/64):Banggood
Xiaomi Redmi Note 10 5G(4/128):Banggood
Xiaomi Redmi Note 10 5G(6/128):Banggood
Xiaomi Redmi Note 10 5G:Hong Kong Goldway(Aliexpress)

スポンサーリンク