acer Swift 1(SF114-32-A14U/S)- エントリークラスの14インチモバイルノート。テレワーク時代のサブマシンとして便利に使えそうです

acer Swift 1(SF114-32-A14U/S)
acerが14インチモバイルノート「Swift 1」をリニューアルしました。Swiftにはほかに「3」「5」「7」がありますが、この「1」はエントリークラスの製品となります。性能はあまり高くないものの、購入しやすい価格になっていますので、「テレワーク時代のサブマシン」として便利に使えそうです。

スポンサーリンク

1.スペック

   Swift 1(SF114-32-A14U/S)
OS  Windows 10 Home
CPU Intel Celeron N4020
外部GPU なし
RAM 4GB
ストレージ 256GB
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチIPS(1,920 × 1,080)
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth5.0
入出力 USB 3.1 Gen1 Type-C、USB 3.0 × 2、USB 2.0、HDMI、SDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(HD画質)
バッテリー 53.9Wh/4,670mAh(稼働時間 最大11時間30分)
サイズ 323 × 228 × 14.95 mm
重量 1.3 kg

CPUはCeleron N4020です。エントリーモデル用のCPUとしておなじみのCeleron N4000の改良版で、開発コードネームも「Gemini Lake Refresh」となっています。Passmarkが公表しているベンチマークスコアもN4000の1,478に対し、N4020では1,719(いずれも8月19日現在の数値)と、性能アップを果たしているものの、4コアの上位CPUであるCeleron N4100のスコアが2,497であることを考慮すれば、「そこまで期待はできない」くらいの改善かと思います。

スポンサーリンク

RAMは4GBですが、CPU性能的にあまり負荷の高い作業が得意ではないと思われますので、妥当な容量と言えるでしょう。ストレージは256GB SSDと、このクラスのノートPCとしては結構な余裕があります。

ディスプレイは14インチのIPS液晶、FHD(1,920 × 1,080)解像度で、ノングレア液晶です。また、このディスプレイは「ブルーライト対策メガネと同等の効果を発揮するAcer BluelightShield」を搭載しています。

通信まわりでは残念ながらWi-Fi6には対応しません。また、入出力ポートは14インチとしては充実しているほうで、USBポートがType-Cを含め4つ、HDMIもありますし、フル規格のSDカードリーダーも備えています。

サイズは従来モデルと変わりません。しかし、14インチノートとしては特に大型ではありませんし、重量も1.3 kgと、上位クラスの製品には及ばないものの、モバイル利用も十分可能な軽さになっています。

2.筐体

acer Swift 1(SF114-32-A14U/S)
横幅323 mmというのは14インチノートとして最小ではありませんが、十分にコンパクトであると言えます。実際、左右のベゼル幅は6.3mmと、エントリーノートとしては細いものになっています。

acer Swift 1(SF114-32-A14U/S)
ちょっとわかりにくいですが、天板や側面です。従来モデルではカラーバリエーションがありましたが、このニューモデルは8月20日現在「スパークリーシルバー」のみとなります。全体的にシンプルなデザインと感じられました。

acer Swift 1(SF114-32-A14U/S)
こちらは指紋センサーの説明画像なのですが、ここではキーボードの説明として掲載しています。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は87キーの日本語配列と開示されています。テンキーはありません。また、バックライトの装備もないものと思われます。

3.価格など

acer Swift 1(SF114-32-A14U/S)は8月20日発売で、ビックカメラでの価格は税込み49,800円(ポイント10%つき)です。量販店サイトで購入する場合、お店のポイントがつきますので、この製品も発売直後から実質的に45,000円弱で購入ができることになります。

低スペック機が好きなウインタブですが、Celeron N4100とN4000(この製品の場合はN4020)の性能差は結構大きく、N4000クラスの場合は用途に制約が出てくるものと評価しています。つまり、ウインタブ読者のメインPCとしては少々力不足であろう、ということです。

記事の冒頭に書かせていただいたとおり、「テレワーク時代のサブマシン」と考えるとスッキリしますね。もう少しスペックの高いPCをメインに利用し、この製品をZoom会議用に使うとか、監視(よく知らんけど)の目を逃れて息抜きに動画を試聴するとか…。あるいは近場のカフェに行って気分転換しながら軽めの作業をするとかの場合でも役に立ちそうです。

4.関連リンク

SF114-32-A14U/S (Swift 1):acer公式サイト
SF114-32-A14U/Sicon:ビックカメラ

スポンサーリンク