ビットフェローズ BFKB113PBK - パンタグラフ式でNキーロールオーバーのキーボードが再生産を目指してクラウドファンディング中!

ビットフェローズ BFKB113PBK
えー、ついさっき私このキーボードを注文(支援)しました。まったくねー、そんなにキーボードばっかり買ってどうすんのよ?って話なんですけど、完全に「趣味」になってますね。先日私がメインで使っていたFILCOのメカニカルキーボードが故障してしまい、REALFORCEを注文したばかりなのに…。さっきサンワダイレクトのキーボード・マウスセットのレビューもしたところだし。

スポンサーリンク

すみません、本題に。今回ご紹介するのは「ビットフェローズ BFKB113PBK」という、パンタグラフ式の有線キーボードです。テンキーもついていますので、デスクトップ用ですね。数年前に新製品として発売され、人気があったようなのですが、「コロナウイルスの影響によって生産中止せざるを得なくなってしまった」とのこと。それが再生産を目指してクラウドファンディング中です。

1.スペック

対応OS: Windows10/8/7/Vsta/XP搭載のDOS/Vパソコン
対応機種: USBポートを標準で持ち、パソコン本体メーカーが上記対応OS上でのUSBポートの動作を保証している機種(一部対応しない機種があります)NEC PC-9800、PC-9821シリーズには対応しておりません。
対応インターフェース: USB1.1(タイプAコネクタ) USBフルスピードモード
キースイッチ方式: メンブレン パンタグラフ方式
キーストローク: 2.5mm
押下特性: 60g±20g
キーピッチ: 19mm
インターロック: Nキーロールオーバー
キー耐久性能: 約2000万回(スイッチ単体での性能です)
キー数: 113 日本語 かな表記なし
ケーブル長: 1.8m
本体寸法: 447 × 141 × 24mm(スタンド使用時31mm)
重量: 830g(ケーブル含む)
動作温度: 0~45℃、湿度10~60%(結露なきこと)

CAMPFIREの製品ページにあったスペック表を転載していますが、「いつのスペック表ですか!」と突っ込みたくなる記載もありますね。「Windows XP」とか「DOS/Vパソコン」とか「PC-9800、PC-9821シリーズには対応しておりません」とか。

ビットフェローズ BFKB113PBK
この製品の特徴は「パンタグラフ方式ながらNキーロールオーバーに対応する」という点です。もっと言うとゲーム用として使えるキーボードです。「ゲーミングキーボードなら最初からメカニカルか静電容量無接点方式にすればいいじゃん」となりますが、パンタグラフ方式による浅いキーストロークと低価格を実現していたため、人気があったようです。

また、この製品がニューモデルとして発売された当時、4Gamerで実機レビューもされています。
ビットフェローズ BFKB113PBK:4Gamer

私なんかはこのレビュー記事を読んで購入に踏み切ったわけですが、やや重い押下圧と確実な打鍵感で、「原稿書き」にも悪くないという評価になっています。

スポンサーリンク

2.筐体

ビットフェローズ BFKB113PBK
見た感じ、ごく普通というか、ややクラシカルな雰囲気もあるキーボードです。

ビットフェローズ BFKB113PBK
横から見るとかなりの薄型。メカニカルキーボードではこうは行きません。薄いと何の得があるのか、という件についてはノーコメント。ただ、パンタグラフ方式で薄型、ということでノートPCユーザーには受け入れられやすいんじゃないでしょうか。

3.価格など

ビットフェローズ BFKB113PBKはCAMPFIREでクラウドファンディング中で、10月7日現在の価格(支援額)は4,500円から、となっています。また、4,500円のプランには2種類あり、

ビットフェローズ BFKB113PBK
「ハードなキータイピングでキートップが貫通(穴が空くこと)してしまった場合でも無刻印キートップを1年間サポートをさせていただきます。さらに貫通したキートップを永久保管可能なケースをプレゼント」

というサービスか、

ビットフェローズ BFKB113PBK
「本体に支援感謝の箔押しを行いお手元にお届けします。イメージ画像ではスペースキーに施しておりますが、場所図案等は成立後、皆さまへのアンケートにて決定いたします。」というサービスが受けられます。

私はこの製品の詳細を確認してみて、非常に個性的で使用感もよく、さらに価格もリーズナブルと感じられたので、どうしても欲しくなってしまい、購入することにしました。ただ、この製品はAll-or-Nothing方式(目標金額を達成できなければプロジェクト中止。支払いもなく、製品も届かない)で、10月7日午前11時現在の目標達成率は69%、そして残日数4日となっていますので、「達成は微妙、よって手に入るかも微妙」ではあります。

「プロジェクトを成立させるべく、みんな買いなさい!」というのは冗談ですが、ウインタブ読者が喜びそうな製品に違いない、とは思いますね。

4.関連リンク

穴が開くほど愛されたキーボード「BFKB113PBK」を再生産したい!icon:CAMPFIRE

スポンサーリンク