OPPO A54 5G - 5Gに対応し、ディスプレイのリフレッシュレート90Hzに対応するエントリースマートフォン、au専売です

OPPO A54 5G TOP
こんにちは、輪他です。今回は、OPPOからauのキャリア向け端末として発表された、OPPO A54 5Gをご紹介します。今年の一月に発表されたばかりの5G対応エントリークラスCPU、Snapdragon 480 5Gを搭載し、5Gに対応しながら低価格を実現したスマートフォンとなっています。

スポンサーリンク

OPPO A54 5Gはauの独占端末ですので、他の販路での同機種の販売は行われません。

1.スペック

   OPPO A54 5G
OS  Android 11 (Color OS 11)
CPU  SnapDragon 480 5G
RAM  4GB
ストレージ  64GB
ディスプレイ  6.5インチ(2,400×1,080) 90Hz
LTEバンド 対応バンド未公開
Sub-6対応
SIM  nanoSIM
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
入出力  USB Type-C、イヤホンジャック、指紋センサー
カメラ  イン16MP/アウト48MP+8MP+2MP+2MP
バッテリー  5,000mAh
サイズ  非公表
重量  非公表

OSは最新のAndroid 11を搭載し、UIはOPPO独自の Color OSにカスタムされています。

スポンサーリンク

CPUはSnapDragon 480 5Gを搭載しています。国内で発表されているスマートフォンの中では初の搭載であり、詳しいスペックの情報はまだほとんどありませんが、どうやらAntutuベンチマーク (Ver 8)のスコアが25万点ほどのCPUのようです。

さらに、5Gに対応するほか、Wi-Fi 6にも公式で対応しているCPUであるはずなのですが、OPPO A54 5GはWi-Fi 5までしか対応していません。

RAMは4GB、ROMは64GBと、エントリーモデルとしては標準的な構成であり、micro SDカードによるストレージの拡張にも対応しています。

ディスプレイは90Hz駆動のFHD+液晶で、パンチホールカメラが左上に配置されています。タッチサンプリングレートも180Hzと、ハイエンドクラスの性能となっており、より手に吸い付くような操作感を味わえます。ただし、90Hzで操作できるのはブラウザなどの通常アプリのみであり、動画再生時やゲームのプレイ時などは60Hzに制限されます。

カメラはイン側が16MP、アウトが48MPのメインレンズと8MPの超広角、それぞれ2MPのマクロと深度測定レンズの4眼となっています。48MPのメインレンズと8~12MPの超広角、さらにマクロや深度測定レンズを搭載した3~4眼カメラは、去年の各社ほとんどのミドルクラススマートフォンで採用されていましたが、本機はエントリークラスながら同等のカメラを搭載しています。

さらに、自動で瞬時に撮影された複数の画像を合成して、1億800万画素相当での撮影を行う機能も搭載されています。

なお、サイズや重量などは公表されていません。

2.筐体

OPPO A53 (1)

前面は、画面占有度90%を超える、パンチホール型ディスプレイとなっています。

左側面に音量ボタン、右側面に電源ボタンを搭載しています。公式に画像はありませんでいたが、右側面の電源ボタンには指紋認証センサーを搭載しています。

OPPO A53 (2)

筐体色は、ファンタスティックパープルと、シルバーブラックの2色が用意されています。どちらもグラデーションで上下の色合いが違うデザインとなっているようです。

現状公開されている画像をみる限り、auロゴは確認できませんが、実際の製品版にauロゴがつくかどうかは定かではありません。

3.まとめ

OPPO A54 5Gはauにて2021年5月下旬から販売予定となっています。具体的な価格はまだ公開されていません。

この機種にしかない、特殊な機能などは搭載されていませんが、堅実にエントリーモデルを作りつつ、より上位のモデルではすでに採用されていた5Gへの対応や、画面のリフレッシュレートなど、しっかり使用感に関わるようなエッセンスを落とし込んだ良機種に仕上がっていると思います。これから発表される価格にもよりますが、「買い」の機種になる可能性も存分にありますので注視する必要があると思います。

4.関連リンク

OPPO A54 5G : au公式

スポンサーリンク