ALLDOCUBE X Neoの実機レビュー - 有機ELの高解像度ディスプレイにSnapdragon660搭載の10.5インチAndroidタブレット

ALLDOCUBE X Neo トップ
こんにちは、オジルです。今回はALLDOCUBE X Neoの実機レビューをお届けします。本製品はウインタブでも紹介記事、セール情報、プレゼント企画で幾度となく登場している注目製品です。個人的にとても気になっていたこともあり、このたび実機レビューの機会をいただいたことに大変感謝しています。また、レビューにあたり製品サンプルをご提供くださったBanggoodにはこの場をお借りして厚くお礼申し上げます。

スポンサーリンク

1.スペック

  ALLDOCUBE X Neo
OS Android 9.0
CPU Qualcomm Snapdragon 660
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 10.5インチAMOLED(2,560×1,600)
LTEバンド B1/3/5/8
SIM Nano SIM × 2 (SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ イン5MP/アウト8MP
バッテリー 3.8V / 7,700mAh
サイズ 245.9 × 175.4 × 7.2 mm
重量 491g

OSはAndroid9.0、最新の10ではありません。CPUはQualcomm Snapdragon 660とミドルクラスのものを採用。最近のスマホだとそこまでといったところですが、Androidタブレットとしては性能高めと言えそうで、よほど処理の重いゲームや作業をしない限りは日常的に困ることはないでしょう。通常、中国製品のタブレットはMediaTek製のCPUが搭載されることが多く、Qualcomm製CPUを搭載しているものは私自身見たことがありません。今後の展開が気になるところです。

RAMの4GBは及第点、ストレージは若干物足りませんがmicroSDによる拡張が可能です。

X Neoの一番の「売り」はディスプレイで、10.5インチの有機EL、解像度も2,560×1,600と高精細なものになっています。メーカー公称だと視野角180°、NTSC105%、287ppiとされていますね。ディスプレイ埋込式指紋センサーに関しては実機を確認する限り実装されている気配はなく、指紋認証自体もありませんでした。

サイズ感と重量についてですが、実は現行のiPad Air(第3世代)に肉薄しているんですよね。参考までに250.6×174.1×6.1mmの456gです。厚さで1mm、重量で35gの差こそあれ、かなり頑張っていると思います。

2.筐体

ALLDOCUBE X Neo 同梱品
同梱品です。電源アダプター、SIMピン、説明書とシンプルな構成になっています。

ALLDOCUBE X Neo 保護シート
先ほどの画像は剥がした後のものでしたが、開封時には保護用のシートが貼られています。その下には透明な保護フィルムが既に貼付け済みの状態になっていました。

横画面時にカメラが上部に来るような仕様で、ベゼルは左右が狭く上下にゆとりがあります。ノートPCのディスプレイ部分によく似たつくりですね。

ALLDOCUBE X Neo 裏面
裏面の上部にはアウトカメラ、中央には「酷比魔方」のロゴ。グルーバル向けに英語表記でALLDOCUBEとしているのなら、そのまま統一しちゃったほうがいいのでは…。特に日本では「魔」の文字は厳しいですよね。あ、でもこれキーボードカバーがあれば隠れるのでは?と思い試してみたら、

ALLDOCUBE X Neo ロゴ
残念、ダメでしたw 話を戻しましょう。

ALLDOCUBE X Neo 下部
下部にはキーボードの物理接続に使うPogoピン端子のみです。

ALLDOCUBE X Neo 左側面
左側面です。左から順にSIM/microSDトレイ、USB-C、スピーカー、イヤホンジャックです。横画面時に両手持ちしてもスピーカーを塞がないような配置になっているのはいいですね。

ALLDOCUBE X Neo 右側面
右側面です。左から順に電源ボタン、ボリュームキー、スピーカーです。スピーカー位置は左右対称と思われます。

上部には特にポートなどは何もないので画像は省略します。

ALLDOCUBE X Neo キーボード1

スポンサーリンク

ALLDOCUBE X Neo キーボード2

オプション品になりますがキーボードカバーです。Pogoピンによる物理接続で、マグネット吸着タイプです。吸着力はちょっと弱いかな…。取り付けた状態でカバー部分を止めて持ち運ぶ際、ずれてしまってスリープが解除されるということも発生しました。また、背面部のカバーをスタンドとして使う場合は三角に折りたたむのですが、滑りの良いところに置くと倒れてしまいます。デスク上で使う分にはそんなに困らないでしょうけど。タッチパッドは付属しないため細々した操作は頻繁にディスプレイ部分を触ることになります。

とまあ、ここまで書いた内容を読み返してみると不満そうに見えますけど、実際は見た目に高級感があり、打鍵感もだいぶ良いので気に入っています(後述します)。

ちなみにキーボードカバー込みの重量は約830gでした。

3.使用感

システム

ALLDOCUBE X Neo アプリ

ALLDOCUBE X Neo ストレージ空き
独自のUIは使用しておらず、ほぼ素のAndroid 9.0と思われます。初期状態のプリインストールアプリは画像の通りで、ストレージの空きは約50GBとなっていました。

ディスプレイ

ALLDOCUBE X Neoのディスプレイは上に記載の通り、10.5インチの有機ELかつ2,560×1,600の解像度と高精細なものになっています。実際に使用してみるとこれらの情報に関して疑う余地は一切なく、素晴らしいの一言に尽きます。私、家電量販店などで有機ELのテレビを見たりしたことはありますけど、至近距離で一定時間じっくりと見たことがなかったので、ちょっと想像以上というか…「動画視聴時の没入感がより高まる」ということを身をもって体験できたのが感動的でした。もちろん輝度や発色、視野角についても全く問題はありません。

キーボード

オプション品になりますが、今回キーボードもご提供いただいていますので触れておきます。というか、本製品を検討する方のほとんどはこのキーボードも製品と同じくらい気になるでしょうし。

結論から言うと、いい意味でだいぶ裏切られました。実のところ、あまり期待していなかったというと失礼かもしれませんけど、いわゆる「中華あるある」なペコペコ、ポソポソ感は仕方ないのかなと思っていたんですよね。しかし、10.5インチとはいえキーピッチは手採寸で約16mmあり、キーストロークも一般的なノートPCと遜色なく(若干浅め)、心地よい打鍵感が得られます。気のせいかもしれないと思い、念のため普段からしょっちゅうタイピングしている妻にも触らせてみましたがかなりの好感触でした。

US配列が苦手な私は「これがJIS配列なら…」という点だけが惜しまれますが、キーボードカバーとしての仕上がりはとても良いと感じました。見た目も高級感がありますし、本体も保護してくれますから、キーボード入力の可能性が少しでもあるのであれば購入を前提として考えたいところですね。いつだって出費を抑えるように心がける貧乏性な私でも「さすがに買っといたほうがいいな」となるくらいに満足度は高かったです。

スピーカー

左右の側面にひとつずつ、同じ高さに配置されているため、横画面の状態であれば両手持ちしてもスピーカーを塞ぐことなく自然に音が耳に入ってきます。当たり前ですけど、縦画面にするとスピーカー配置が上下になってしまうので聴く内容によっては影響が出るかもしれません。

肝心の音質についてですが、重低音の響きが弱いのは少し気になるものの、それはタブレットに搭載されるスピーカーとしては仕方ないことだと思いますし、決して品質が悪いということではなく標準的な印象です。音質自体よりも、前面や背面でなく、モノラルスピーカーでもなく、良い位置に配置されているスピーカーなので利用シーンの影響を受けずに音楽や動画鑑賞を楽しめることの恩恵のほうが大きいかなと思います。

バッテリー

画面の明るさを50%程度に設定し、エントリースペックのスマホだと処理落ちするくらいの放置系ゲームでオート戦闘放置(たまにマニュアル操作)をしたままでブラウジングや簡単なテキスト入力などをしていたところ、3時間でバッテリーが約45%減少していました。もっと負荷のかかるゲームやアプリを連続で稼動させればもっと減るでしょうし、動画や音楽の視聴であればバッテリー持ちはもっと良かったでしょう。メーカー公称ではフルHD動画を9.5時間再生できるとしていて、実際それに近い印象です。また、本製品はQualcomm Quick Charge 3.0に対応しており38分で約50%まで充電できるため、長時間の持ち運びや、うっかり充電を忘れてしまった場合にも安心です。

4.性能テスト

Antutu(ver.8.4.1)にてベンチマークテストを行いました。

ALLDOCUBE X Neo ベンチマークテスト
17万点台と、ハイエンドスマホと比べるとやはり物足りない部分はありますが、重い処理でなければ快適に作業ができるレベルですし、ゲームも解像度などを調整すれば十分に対応可能です。なお、同等スペックでもあり、以前ゆないとさんが実機レビューをしていたHelio P70搭載のTeclast T30のスコアと比較すると、トータルではほぼ同じですがGPUで上回りUXで下回る結果となっています。

参考:
nubia RedMagic 5G(Snapdragon 865): 610,070
nubia RedMagic 3S(Snapfragon 855+): 497,776
ASUS Rog Phone 2(Snapdragon 855+) : 487,784
Xiaomi Mi9(Snapdragon 855): 414,693
Samsung Galaxy S10e SM-G9700(Snapdragon 855) : 410,899
Sony Xperia XZ2 Compact SO-02K(Snapdragon 845) : 289,484
Samsung Galaxy S8 SC-02J(Snapdragon 835) : 237,841
Huawei Mate 10 Pro(Kirin 970) : 210,485
Apple iPhone SE(Apple A9): 193,246
Blackview BV9800(Helio P70):188,265
Sumsung Galaxy A51(Samsung Exynos 9611) :184,566
UMIDIGI S3 Pro(Helio P70):179,103
CUBOT X20 Pro(Helio P60) :170,560
Smartisan U3 Pro(Snapdragon 660) : 167,968
Teclast M30(Helio X27) : 116,771
UMIDIGI Z2(Helio P23): 107,355
Ulefone Armor X5(Helio P23) :102,062
Rakuten Mini(Snapdragon 439):94,364
Xiaomi Redmi 6(Helio P22) : 83,181
OUKITEL WP5(Helio A22):75,720
CUBOT King Kong Mini(Helio A22) :74,165
KYOSERA Android One S4(Snapdragon 430): 68,802

ALLDOCUBE X Neo COD1

ALLDOCUBE X Neo COD2
FPSゲームであるCall of Dutyを初めてプレイしてみました(FPSもほぼ初めて)。自動で表示が制限されるグラフィック設定は「標準」(その上は高・最高)、フレームレートは「高」(その上は最高・最大)となっており、その状態でプレイした限りではカクつくこともなく快適にプレイできました。私のプレイングスキルが低い&三半規管が弱いので戦闘内容は酷いものでしたが…。

5.まとめ

ALLDOCUBE X Neoは中国の通販サイト「Banggood」で販売中で、7月19日時点の価格は本体のみが26,202円、キーボードカバー付きが32,207円となっています。

Windowsタブレットしかり、Androidタブレットしかり、中国製品に限らずとも最近のタブレット界隈は元気がないですよね!Chromebook時代なのはわかるんですけど、たまにはウインタブ読者が「おっ!」と思わず反応する(しますよね?)、X Neoのような製品が出てくるとテンション上がってしまいます。今回、X Neoを使い、この記事の一部をGoogleドキュメントで書いてデスクトップPCで編集するような作業を行いましたが、私の仕事の範囲内であればむしろChromebookよりもこっちのほうが適しているのでは…なんて思ったり。とにかく高精細ですし、ヘビーな処理を行わなければ全く問題なし。Androidタブレットを探している方にはだいぶオススメできる製品です。キーボードカバーの約6,000円をどう考えるかは人それぞれだと思いますけど、個人的に購入して損はないのかなと感じました。

6.関連リンク

Alldocube X Neo(キーボードセット):Banggood
Alldocube X Neo(タブレットのみ):Banggood

スポンサーリンク

コメント

  1. tensho より:

    私も1台買い、先日届いたところです。
    すでにファームウェアの更新があります。
    OTAではないので、この更新方法を記事にして下さい。
    性能はとてもよいです。
    ASUS 3S 10やHuwawei M3よりもはるかに高速です。
    最初からプラスチックの厚い保護フィルムが貼ってあるので、別途ガラスフィルムの購入は不要です。
    ただし、指の滑り等が劣るのでフッ素を塗って下さい。
    欠点は、市販のカバーが、背面だけ覆うものがないこと。
    プルダウンメニューが非常に出しにくい。

    • 匿名 より:

      ファームウェアのダウンロードページにチュートリアルリンクがありますけど、
      それを見て「できない」と思うならアップデートはしない方がよいでしょう。
      ファームウェアアップデートは自己責任で。

  2. オジル より:

    tenshoさん、匿名さん、コメントありがとうございます。

    FWのアップデートに関しては匿名さんの仰るとおり公式にチュートリアルページも用意されているので、ご希望の方はそれを参考に…ということで特に記事の更新はいたしません。
    保護フィルムについては私が若干気になったのは指紋がつきやすいかなぁ、と。背面を保護してくれる単体カバーもあるとうれしいですね。
    総じて満足度はかなり高く、毎日何かしらで触っていても全然飽きませんよ!

  3. 匿名 より:

    前作で問題になっていたWidevine L1対応はなされたんでしょうか。気になりますね。