完成度の高いエルゴノミクスマウス「DELUX M618mini」の実機レビュー - 明るいデザインと扱いやすく洗練されたフォルム、こいつはおすすめですよ!

DELUX M618mini
こんにちは、エルゴノミクスマウスソムリエの(言ってみたかっただけ)、natsukiです。またひとつ、買ってしまった。エルゴノミクスマウスを語る上では欠かせない中華メーカー「Delux」の、マルチデバイス対応エルゴノミクスマウス、「M618mini」です。Deluxは、M618がつく製品をたくさん出しているので、名称は非常に紛らわしい。ちなみに、前に記事を書いて、今でも気分転換に使っている、狂気のバケモノマウスは、「M618X」です。ともかく、中華エルゴノミクスマウスとしては、比較的高価な部類ではあるものの、実際に使ってみると予想以上に魅力的で、非常に完成度の高い製品だったので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

0.思えば長い旅だった

いきなり脱線から。この「M618ini」、Aliexpressで3月末のAliexpressアニバーサリーセールに発注したんですが、私の海外通販経験上、届くまでもっともドタバタした製品でした。要は、おそらくコロナがらみと思われる輸送の乱れに巻き込まれ、紆余曲折のすえ、やっとたどり着いたというものです。製品そのものの評価とはまったく関係ありませんが、海外通販についてのあれこれは蓄積しておいた方がいいと思うので、一応、経緯も書いておきます。どうでもいいよという人は、次の節へお進みください。

まず、実際には届いていないのに、トラッキング情報が「届いた」ことになり、販売者に文句付けました。ちなみに、販売者はメーカー公式販売店の「Delux Official Store」では、ありません。で、案の定、確かに発送したんだけど多分コロナがらみで流通が乱れているからもうちょっと待ってみてくれとの返答。そして、新しいトラックナンバーを送ってきた。追跡は途中からになっているが、これが、商品を再発送したのか、輸送中の商品を再確認したのかは不明。新しいトラックナンバーでは、一応、日本に着いたとこまでになってる。でも、待っても届かず、保護期間が切れかかったので、1回延長申請して、で、延長した分も切れ、そしてその間、2週間以上、新しいトラックナンバーもまったく更新されず。本当に日本に届いているなら、これはいくら何でもおかしい。

なので、ここでもう、輸送中にロストしたものと見なして返金を要求。そこから先が、詳細は省きますが、いまいち要領を得ないやりとりが続き、ついに公開紛争に踏み切る。たいてい、保護期間切れで、公開紛争にするよって言うか、実際に公開紛争にすると先方は折れるんだけど、今回は、いったん返金に応じると言ったものの、またその後、確かに送っているから紛争を取り下げてと言ってきた。結局、Aliexpressが仲裁に入り、10日待ってあげて、それで届かなかったら返金ということになった。それから、12日が過ぎ(我ながら寛大だ)、あらためて返金を要求しようとした、その矢先に届きました。届いたのはEMSやDHLの類いではなかったので、タイミング的に見て、公開紛争後に先方が発送したというのはなさそう。ともかく、手に入りはしたので、紛争は取り下げ、一件落着となりました。注文から、到着まで、2ヶ月半以上。このくらいなら、期間としてはありうるのかもしれないけれど、製品のユーザー保護期間設定が短めだったんですよね……

教訓、というか、もう手慣れてしまいましたが。まず、送料が安かったり無料のトラッキングは、やっぱりあてにならない。で、何かおかしいと思ったら、すぐに販売者に連絡する。ユーザー保護期間を過ぎそうになったら、早めに販売者に連絡して延長させる。それでもオーバーした場合は、公開紛争をためらわない。とは言っても、流通のなんやかんやで引っかかっている可能性は実際あるので、ある程度寛大な気持ちは必要。ってとこでしょうか。

1.スペック

DELUX M618mini
このマウスは、Deluxのエルゴノミクスマウスの中でも、比較的高価な製品です。販売価格はおおむね3,000円くらい。ただ、私は、Aliexpressのアニバーサリーセールで購入したので、クーポンとかなんやかんや割引を重ねて、ほぼ2,300円で買いました。

ところで、上の画像はメーカーサイトから持ってきたものなんですが、左端をよく見ると…… 前に、「M618X」を「Escargonomics」なんて揶揄してましたが、まさか公式だったとは……

エルゴノミクス!

DELUX M618mini
そんなわけで、最大の特徴はエルゴノミクスな形状です。ぱっと見た目は、かなりトンデモな形状を輩出しているDelux製品としては、かなりおとなしい感じがしますね。でもそこはDelux。よく見ると、これ、相当に傾斜がキツいですよ。さあ、これが使用感にどう出るか?

USB無線とBluetoothの2台マルチデバイス

DELUX M618mini
価格が高めなのは、主にここが要因? マルチデバイスのエルゴノミクスマウスが欲しかったんです。ちなみに、Deluxのエルゴノミクスマウスで、マルチデバイスなのは、他に、例の「M618X」と、それから「M618DB」というのもあります。

さわやかなカラーバリエーション

DELUX M618mini
これも、購入の決め手の一つでした。ほとんど黒主体のDelux製品にしてはめずらしく、豊富なカラーバリエーションがあります。エルゴノミクスマウスというジャンル全体で見ても、これだけ明るいカラーデザインのものはあまり見かけない気がします。

電源はUSB Type-Cの充電式

電源は、充電式で、ポートはUSB Type-Cです。電池派の人へは、後述のように、電池式のタイプもあります。

スペック違いのバリエーションあり

この「M618mini」は、細かいスペック違いのバリエーションがかなりあります。購入時には気をつけてください。

「M618mini BV」:電源が充電式ではなく電池になったもの
「M618mini GX」:電源は電池で、BluetoothをオミットしてUSB無線だけにした廉価版
「M618ZD」:左利き用

2.筐体

DELUX M618mini
届きましたよ。潰れもなく、きれいな状態です。では、堪能していただきましょう、この優美な造形を。

DELUX M618mini

DELUX M618mini

スポンサーリンク

DELUX M618mini

DELUX M618mini

DELUX M618mini

DELUX M618mini
色は、「Mint green」。こういう明るい感じのもいいですね! こんな色合いなんで、質感はもちろんツルツルです。個人的には、しっとりした樹脂系の方が好みではあるんですが、このデザイン性なら、許す!

DELUX M618mini
底面です。画面上の左から、電源スイッチ、USB/Bluetooth切り替えスイッチ、Bluetooth接続ボタン、それから、USB無線ドングルの収納スペース。細かい気遣いですが、これが付いているのは、マルチデバイスだからこそ、重要ですね。

DELUX M618mini
サイズを、愛用の「Rapoo MT750」と比較してみます。……全然「mini」じゃないじゃん?

DELUX M618mini
「Delux M618X」と。アッハイ、「mini」でした(笑)

3.使用感

DELUX M618mini

DELUX M618mini
と、見た目のサイズは、通常のマウスよりひとまわり大きいくらいなんですが、これを握ってみると、その形状からか、意外にも余裕があります。「つまみ持ち」にかなり近い感覚です。私は、成人男性の手のサイズとしては標準的だと思いますが、操作感は、手のひらが密着はせず、指先で動かす感覚です。指の動きに余裕があるため、「進む」「戻る」ボタンも非常に押しやすい。もちろん人によりますが、これなら、女性でも十分使えるんじゃないでしょうか。

DELUX M618mini
正面から、Rapoo MT750と比較すると、Delux M618miniは、これだけ角度があります。一般的に、角度が縦に近いほど、精密性には難が出やすいのですが、このM618miniの場合は、それをほとんど感じません。もちろん、私がエルゴノミクスマウスの扱いに慣れているというのはあるんでしょうけど、それにしても、驚くほど馴染む。これは……良いぞ!

また、使ってみて初めて知りましたが、スイッチは静音タイプを採用しています。「コクッ」という、静音でちゃんとクリック感のあるもので、実用十分な品質です。

肝心の感度ですが、特に問題はありません。ただ、レッドライトなので、多分ガラスとかツルツルした面は苦手と思われます。

DELUX M618mini
それから、これはDelux製品はどれもそうですが、メーカーサイトのDownloadページから、専用ソフトをダウンロードすれば、ボタンへの任意の機能割り当ても可能です。

4.まとめ

いや、マルチデバイスなエルゴノミクスマウスが欲しくて、明るいデザイン性に惹かれて買ったんですが、これは予想以上に良いですよ? エルゴノミクスを実感できる急角度と、その角度にそぐわぬ快適な操作性。全体の完成度とバランスが非常に高い。エルゴノミクスマウスは、その形状の特殊性から、どうしても人を選ぶ製品が多くなりがちです。でも、このDelux M618miniは、エルゴノミクスマウスに興味を持った人へなら、比較的万人向けに、お勧めできる製品です。パソコンライフへのちょっとした刺激になること請け合いですよ。

価格は、Aliexpressの公式販売店で、セールや複雑怪奇な割引制度によってかなり上下するものの、おおむね3,000円前後で購入できます。記事執筆現在、3,000円強ですが、スマホアプリとPCサイトで価格が違います。また、スマホアプリから見たときに表示されるクーポンで(スマホアプリからとPCからで、表示されるクーポンも違います)、3ドル引きに加え、クーポンコード「DELUX26」でさらに1ドル引きとなります。先述のように、私は約2,300円で買っていますが、これはアニバーサリーセールの時に、公式販売店ではないところで、複雑な各種割引を重ねたパズルの結果なので、まあ、いつもこうはいきません。

Paypalの使える販路だと、TOMTOPが扱っています。記事執筆現在の価格は、2,966円。ただ、ブラックしかありません。せっかくの明るいカラーバリエーションがないのは、かなり残念。一方で、公称9営業日で到着の「JapanviaDuty Free Shipping」がタダになっているので、これはチャンスですね。

5.関連リンク

M618mini:メーカー公式サイトの製品ページ
Download:メーカー公式サイトの専用ソフトなどのダウンロード
Delux Official Store:Aliexpress内のメーカー公式販売店
Delux M618mini:TOMTOP

スポンサーリンク