Windowsストアアプリ - PrimeVine 大人気のVineをタブレットで楽しむ

primevineのロゴ
Vineって知ってますか?Twitterが始めた動画共有サービスです。言い換えるともともとはスマホ用のアプリで、2013年にサービスが開始された当初はiOSにしか対応していなかったのですが、現在はAndroidとWindowsPhone用のアプリもリリースされています。

スポンサーリンク

Vineは「6秒間だけ」のごく短い動画をユーザーが撮影し、それをアップロードして共有(公開)する、というシンプルなサービス内容ですが、6秒間の動画をループ再生させる、という特徴をいかして、全世界の人が面白い動画をアップロードし続けています。直近のユーザー数は公表されていませんが、1年近く前、2013年8月時点(アプリのリリースから7ヵ月)で登録ユーザー数が4000万人に達した、ということですから、現在では1億人以上が登録しているかもしれません。

まずはこの動画を見て下さい。(Vineへの直接リンクではなく、あえてYouTubeに転載されたものをリンクしています。Vineの埋め込みコードを使うと勝手に再生が始まってしまうので…)

この動画はReikaさんという、Vineではすごく有名なユーザーです。6秒間で見事に笑わせてくれますよね。たった6秒とはいえ、Vineにアップロードされた動画は精緻に編集されたものもあって、非常に面白いものがたくさんあります。

このVine、日本では10代の中高生の間で大人気なのですが、年齢が上がるに従って認知度が落ちていきます。私のまわりの20代、30代の人に「Vineって知ってる?」と聞いてみたところ、過半数が知りませんでした。なので、大人向けということではまだ発展途上のサービスだと言えます。

前置きが長くなってしまいましたが、Windowsストアに使えそうなVineクライアントが2つありましたので、今回はその1ということで、「PrimeVine」を紹介します。

1.使い方

primevine初期画面
最初にログインが必要です。Twitterのアカウントを持っている人は簡単にログインできますが、そうでない人はメールアドレスとパスワードの登録が必要になります。

上の画像が、ログインを済ませたPrimeVineの起動直後の画面です。縦持ちには対応していません。左側に大きく「Featured」の動画が一つ紹介され、右にはタイムライン(といっても誰もフォローしていないので、適当にみつくろった動画が表示される)とポピュラー(人気のある動画一覧)が表示されます。サムネイル(タイル)にタッチすると動画が再生されます。

スポンサーリンク

primevine動画再生
こんな感じ。いきなり音も出てしまうので要注意!場所によってはあらかじめ音量をゼロにしておくか、イヤホンをつけておいたほうがいいです。Vineの動画はほとんどの場合音を消して再生しても面白くないんですけどね。

で、上の画像の画面右上に4つのボタンがあります。左端のハートマークはFacebookでいう「いいねボタン」です。その隣は見てすぐ分かる「ダウンロードボタン」です。このアプリ、ダウンロード機能付きです。ダウンロードファイルの保存先は「PC→ビデオ→Vine→SavedVideos」となります。共有サイトとはいえ、違法アップロードされたものが混入している可能性もあるので注意が必要ですし、実際あまり使う必要はなさそうですけどね。その隣(右から2番め)が「ReVineボタン」です。Twitterの「リツイート」と同じ機能だと思っていいです。他人のアップロードした動画を自分のフォロワーに対して共有する、ということですね。右端は「共有ボタン」で、押すとチャームの「共有」が開きます。

起動初期画面(以下ホーム画面といいます)に戻ります。ここにも右上に4つのボタンがついています。左端が「検索ボタン」で、ユーザー検索やハッシュタグ検索が可能です。その隣が「チャンネルボタン」です。

primevineチャンネル
チャンネルボタンを押すと上の画像のように、たくさんのチャンネルが表示され、自分の好みのジャンルの動画を選べるようになっています。なかなか見応えがあります。

その隣、右から2番めが「アクティビティボタン」で、多分自分のアップロード履歴などが表示されるのだろうと思います。最後に右端が「フォロー・フォロワー一覧ボタン」ですね。自分がフォローしている人、自分をフォローしてくれている人が表示されます。

以上が簡単な使い方です。動画視聴といえばYouTubeですが、Vineもなかなか魅力的です。1つの動画が6秒なので、見る方も気楽ですし、いちばん上のほうで紹介したReikaさんのようなスターもたくさんいますし。

2.最大の欠点は「アップロードできないこと」

このアプリの最大の欠点は「動画をアップロードできないこと」です。つまり、このアプリは「Vineのビューワー」ということになります。YouTubeに日常的に動画をアップロードする人はかなり少ないと思いますが、Vineの場合はごく短い動画を気楽に撮影しアップロードするというのも大きな楽しみになるはずなので、この欠点はつらいところですね。ただ、アプリ自体リリースされて日が浅いので、今後アップロード機能が追加されることも期待できます。

ものは試し、Vineのことを全然知らなかった、という人もこの機会にPrimeVineをダウンロードしてみてはいかがでしょうか?もちろん無料です。

3.関連リンク

Vine公式サイト
PrimeVine:Windowsストア
Vine、上手に使えていますか?:Twitterブログ

スポンサーリンク