3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ - 折りたたみ式のモバイルキーボードがウルトラマンとコラボ!

スポンサーリンク1

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
「昭和のウルトラマンシリーズ」をテレビにかじりついて観ていた世代というと、だいたい40代後半から50代くらいかと思います。またこの世代の人は「平成のウルトラマンシリーズ」をお子さんと一緒に観たとか、あるいはずーっと若い世代で平成のウルトラマンシリーズを観て、昭和のウルトラマンシリーズを知った、という人もいるでしょう。話は全然変わりますが、特撮ヒーロー史上最強の攻撃は「アイスラッガー」であると私は信じています。また、アイスラッガーだけでなく、スペシウム光線とか、(攻撃じゃないですけど)カラータイマーといった設定を最初に考えた人はどう考えても天才だと思いますね。

前置きが長くなってしまいました。今回はキーボードの紹介です。中華製品もよく紹介しているウインタブとしては、正直なところ特に珍しいとは思えない3つ折りタイプのBluetoothキーボードなんですけど「ウルトラマン」です!

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
ウインタブ読者なら、このキーボードがどんな製品なのかはこの画像を見れば一発でピンとくるでしょう。3つ折りできる非常にコンパクトなモバイルキーボードです。ただ、カラーリングが普通のものとはずいぶん違っています。

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
キー配列です。64キーの英語キーボードですが、左Shiftキーがバルタン星人ですし、スペースキーはウルトラマンとカネゴン、Enterキーはアントラー(この怪獣はよく知りません…)になっています。

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
ウルトラセブンもあります。こちらは左Shiftキーがウルトラホーク1号、スペースキーがウルトラアイとウルトラセブン、Enterキーはアイスラッガーです。

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
カラー、というかバリエーションというか、全部で4タイプあります。ウルトラマン、ウルトラセブン、科学特捜隊(ハヤタ隊員の所属部署)、ウルトラ警備隊(諸星ダンの所属部署)で、特に科学特捜隊とウルトラ警備隊バージョンがあるというのがマニアックです。

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
ケースにもロゴマークが入り、タブレットやスマホのスタンドとしても使えます。ロゴはともかく、これがあると実用性が向上すると思います。

スポンサーリンク2

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ
モバイルキーボードとしての機能はウルトラ級ではありませんが、一定水準を満たしていると思います。Bluetooth接続でバッテリー稼働時間がそこそこ長く、3つのデバイスとペアリング可能です。

3E 3つ折りタイプBluetoothキーボード ウルトラマンシリーズ

クリックで拡大します

スペック表です。重量わずか185 gなので、スマホやタブレットと一緒に持ち出しても苦にならないでしょう。また充電式というのもうれしいところです。ただし、キーピッチが17 mmと狭く、私の経験上うまく打鍵するには慣れが必要ですし、長時間のタイピングにはあまり向かないと思います。

はっきり言って、ハードウェアとしてのスペックは特に珍しいものとは言えません。この製品の母体というかオリジナルはおそらく中華製品で、非常によく似た製品があちこちのメーカーから発売されています。

で、価格ですが、6月10日現在、ビックカメラで7,980円(税込み8,618円)です。Amazonをチェックしてみると類似の製品が4,000円台前半くらいで手に入るので、そんなに低価格とも言えません。というか、8,618円なら比較的安価なメカニカルキーボードも買えてしまいますしね。

もともとこのタイプの製品はメインで使うキーボードとしては少し厳しく、出先でスマホやタブレットに接続してメモを取るような用途に向きます。ウインタブでも過去に類似の製品をレビューしたことがありますが、ひとつ持っておいても悪くはないくらいの品質だと思いますし、このサイズであればバッグに入れて毎日持ち歩いても苦にならないでしょう。

あとは「ウルトラマン(ウルトラセブン)」のために上乗せでお金を払えるか、ということだと思います。冒頭に書いたとおり、少年時代のヒーローがウルトラマンだったとか、ウルトラセブンだった、という人ならそんなに高くは感じないかもしれませんね。繰り返しますが、特撮ヒーロー史上最強の攻撃は「アイスラッガー」であると私は信じています。

関連リンク

3E 3E-BKY8-ULシリーズ Bluetooth キーボード ウルトラマン:メーカーサイト
3E-BKY8-UL1(ウルトラマン):ビックカメラicon
3E-BKY8-UL2(ウルトラセブン):ビックカメラicon
3E-BKY8-UL3(科学特捜隊):ビックカメラicon
3E-BKY8-UL4(ウルトラ警備隊):ビックカメラicon

スポンサーリンク3

スポンサーリンク4
スポンサーリンク5

コメント

  1. ケルベロス より:

    アントラーは、ウルトラマンの第一話に出てくる怪獣です。
    (このサイトの趣旨と違うのは重々承知(笑))

    これで日本語キーボードだったら即買い世代です

    • 匿名 より:

      アントラーは第一話ではなく第七話ですね。第一話はベムラー。
      #脱線失礼。

      • ケルベロス より:

        うぉ!確かにそうでした。失礼。

        最近は、ダダの事をダダ星人って言うんですよね

  2. 匿名 より:

    PTP110(ウルトラマンPC)じゃなかった・・・。

  3. 匿名 より:

    モロ世代だった私にとっては…うわ~っ、コンプリートしたい…。
    日本語キーボードだったら絶対にコンプリートしています。間違いなく。
    キーピッチがどうのこうの、なんていいのです(笑)

  4. なお より:

    ウルトラマンシリーズの最大の必殺技は、セブンなのは同意します

    主におおとりゲンに対して行った
    ・杖でひたすら殴る技
    ・ブーメランを投げるではなくひたすら投げつける技(もちろん倒れてても)
    ・真冬に滝に打たせる技
    ・砂場でうまく逃げられないゲンをジープでひき殺す技
    とかの技が最高に攻撃力が高かったですね

    最近は、怪獣墓場ならぬ怪獣酒場(新橋・川崎)がありますので
    大人になったみなさんも一度は訪れてみて下さい

  5. NIA より:

    蓋部分にウルトラマンの胸をデザインしたのとかウルトラアイとかジェットビートルの三面図とかウルトラホーク一号の分離図とか配してあったら欲しいと思えたかもです。

    グリッドマンPC:JUNK
    SSSバージョン:究極超人バージョン
    作る人いないかなあ。