セール情報 - TOMTOPはVerneeが得意!大人向けのスマホが格安に!スマホ用のスタビライザーも安いよ

Vernee X / X1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ウインタブが主に紹介したりレビューしたりしているのは、WindowsやAndroidのタブレット、Windowsのパソコン、Androidのスマートフォン、そしてそれらと一緒に使う周辺機器です。また、紹介する製品は世界の大手メーカー(HP、Lenovo、DELLなど)や国内メーカー(富士通、NEC、ドスパラ、マウスなど)、中華メーカーの製品と、多岐にわたっています。本来だと製品ジャンルやメーカーなどに偏りがなく、まんべんなく紹介記事を掲載するのがベストなんですが、どうしても偏りが出てしまいます。

スポンサーリンク

ということで、前回の記事に続き、今回も中華スマホのセール情報です。中国の通販サイト「TOMTOP」のセールで他の通販サイトよりも安くなっているものをいくつか紹介します。ウインタブは中華のスマホブランドの中で「Vernee」がお気に入りです。しかし、Vernee製品は必ずしもすべての通販サイトで取り扱われているわけではありません。私から見て、常に、ということではありませんが、TOMTOPがVernee製品の品ぞろえがよく、価格も割安であることが多いです。実際ウインタブが実機レビューさせてもらうVernee製品はTOMTOPに提供してもらうことが多くなっています。

前置きが長くなりましたが、今回はVerneeのスマホと「スマホ用のスタビライザー」を紹介します。

1.Vernee M6

Vernee M6 ブルー

クーポン価格: 119.99ドル(13,343円)

※クーポンコード: DSVNM62

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek MT6750
RAM/ストレージ: 4GB/64GB
ディスプレイ: 5.7インチ(1,440 × 720)
カメラ: イン8MP(補間後13MP)/ アウト13MP(補間後16MP)
サイズ: 154 × 73.2 × 6.9 mm / 153 g

スマホに求めるものは人それぞれで、ウインタブのような情報サイトだとどうしても尖ったスペック(Snapdragon 845とかノッチディスプレイとか)の製品を優先して紹介しがちですが、「別にハイエンドな性能である必要はない」という人だってたくさんいると思います。特にスマホであまりゲームをやらないのなら、低価格が魅力の中華スマホでわざわざ大金を使う必要もないです。

Vernee M6は本当に「普通」のスペックです。CPU性能は高くありませんが、SNSとか動画視聴とか、ちょっとしたゲームをするくらいならサクサク動きます。カメラはデュアルレンズではありませんが、期待を裏切るようなひどい画質ではありません。RAMとストレージは十分な容量を確保しています。要するに普段使いではなんら不満の出るような性能ではありませんが、スマホでもっぱらゲームをやるのだ、という人には向きません。

この製品は落ち着いて高級感のある金属筐体につつまれていて、わずか6.9 mmという薄型です。奇をてらったところはありませんが、私はこのシンプルさがとても気に入っていて、落ち着いた大人向けのスマホだと感じます。そして、TOMTOPではこの製品が日本円で13,000円台になっていますので、多くの人にとっては、中華スマホに対して抵抗なく支払える金額なのではないか、と思います。

紹介記事:Vernee M6 レビュー - ベンチマークスコア以上に快適に動作する18:9液晶搭載ミッドレンジスマホ(実機レビュー:かのあゆ)
TOMTOP製品ページ:Vernee M6

スポンサーリンク

2.Vernee X1

Vernee X / X1

クーポン価格: 195.99ドル(21,794円)

※クーポンコード: DSVNX1

OS: Android 8.1
CPU: MediaTek Helio P23
RAM/ストレージ: 6GB/64GB
ディスプレイ: 6.0インチ(2,160 × 1,080)
カメラ: イン13MP + 5MP / アウト16MP + 5MP
サイズ: 159.5 × 76 × 9.8 mm / 198 g

もうひとつVerneeの製品を。こちらも上に紹介したM6と同様、落ち着いた高級感のあるデザインなのですが、CPUを始め、主要構成がことごとくレベルアップしています。ディスプレイも大型化して解像度が上がっています(もちろん縦長タイプ)し、カメラも前後デュアルレンズです。CPUはHelio P23なので、M6のMT6750よりは無理がききます。

製品の持つ雰囲気はM6もX1も大きくは違いません。個人的にはより「さらりと使える」M6が好みですが、メインスマホとしてもう一段高い性能を、と考えるのならX1でしょう。セール価格は2万円を少し越えますが、やはり私が巡回している中国通販の中ではTOMTOPが最も安いです。

紹介記事:Vernee X / X1 - 6インチ縦長ディスプレイを採用した高性能スマホ、スペックのバランスも高次元
TOMTOP製品ページ:Vernee X1

3.FeiyuTech Vimble 2

FeiyuTech Vimble 2

セール価格: 84ドル(9,341円)

※クーポンコードは不要です。

えー、これは自撮り棒ではありません。というか、自撮り棒としても使えますが、もっと高度な機能が搭載されています。スマホで動画を撮影する際の手ブレを強力に防止してくれるんです。「スタビライザー」とか「ジンバル」と呼ばれる製品ジャンルで、海外では人気があるようです(もう何年も海外には行ってないのですが、秋葉原でスタビライザーを手にした外人さんをよく見かけるので…)。

スタビライザーには「2軸」と「3軸」のものがあり、経験上明らかに3軸のほうが高性能です。そして、この製品は3軸です。以前ウインタブで3軸のスタビライザーをレビューしたことがあり、この製品ではありませんが、やはりFeiyuTech製のものでした。その実力の程を動画に収めていますので、ぜひご覧ください。
FeiyuTech SPG c - スマホ用の「スタビライザー」を試しました。動画撮影はまさに「無双」です(実機レビュー)

スマホで動画撮影をする機会は増えてきているように思います。うちの子もInstagramのStoryですか、あれによく投稿しているみたいです。また、スマホカメラの性能もどんどん向上していますので、旅行とかお子さんの発表会とか、そういうことで動画撮影をしている人もいるかもしれません。TOMTOPでは他にも安価なスタビライザーがたくさん販売されていますが、あえてこの製品を紹介するのは、メーカーがFeiyuTechであるという点と、Feiyutech製であるにも関わらず日本円で1万円を切る激安価格になっている、という点があるからです。ほんと強力ですよ、スタビライザー。

TOMTOP製品ページ:FeiyuTech Vimble 2

4.関連リンク

TOMTOP トップページ

スポンサーリンク