使えるスペックのエントリーモバイルノート、Teclast F7 Plus 3がAmazonで3万円切り!Surfaceタイプの2 in 1もセール価格になっています


こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国通販を始め、通販各社で「11月11日セール」が開催される予定になっていますが、今回は中国メーカーであるTeclastが日本のAmazonで開催しているセールの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

最近のTeclastは日本市場の開拓に積極的で、Amazonにも自社出店していますし、日本向けにプレスリリースを出したりもしています。今回は2機種をご紹介しますが、うち1機種は「AliExpressの11月11日セールの価格より安い」です。これには少し驚きましたが、それだけTeclastが日本市場で気合が入っている、ということだと思います。

1.Teclast F7 Plus 3

Teclast F7 Plus 3 実機レビュー
セール価格:29,900円(税込み)
※製品ページの13,000円OFFクーポンを使用した価格
※クーポン期限:11月13日

OS:Windows 10 Home
CPU:Celeron N4120
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:14.1インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:322 x 219 x 21 mm / 1.3 kg(実測値1,366 g)
※ウインタブ実機レビューにて、Windows 11アップグレード対象であることを確認しています

ウインタブでも実機レビューをした14インチのモバイルノートです。いつも書いていることですが、エントリーPCに搭載されるCPUで「Celeron N4120(N4100)」は悪くない、と思っています。もちろんCore i3に及ばない性能ですが、Office系ソフトで資料を作成したり、Webで調べ物をしたり、動画視聴をしたり、簡単な画像加工をしたり、といった作業であればそれほどストレスなくこなすことができます。ただし、動画編集やオンラインゲームをするのは厳しいですね。私もCeleron N4100を搭載するモバイルノートをサブ機として使っていますが、ウインタブの記事作成くらいなら全く困りません。

また、この製品はRAMとストレージ容量もエントリーPCとしては十分な水準になっていますし、ディスプレイもIPS液晶、FHD解像度になっていますので、気持ちよく使えると思います。また、「Plus 3」となり、筐体も薄型軽量になりましたので、持ち運びも容易になりました。

セール価格の29,900円というのは非常に安いと思います。ちなみにこの製品はAliExpress内のTeclast Official Storeでの「11月11日セールの予定価格」が295.56ドル(およそ34,000円)なので、日本のAmazonで購入するほうが安いという、ちょっとめずらしい状態です。Amazonでは「プライム」扱いになっていますので配送も迅速です。N4120搭載のモバイルノートが3万円切り、というのは大チャンスですね。

スポンサーリンク

Amazon製品ページ:
TECLAST F7 Plus 3
ウインタブ実機レビュー 
Teclast F7 Plus 3の実機レビュー - エントリークラスで低価格なモバイルノートながら、高級感のある美しいデザインが魅力!Windows 11のインストール可能です

1.Teclast X16

Teclast X16(2021)
セール価格:34,900円(税込み)
※製品ページの4,000円OFFクーポンを使用した価格
※クーポン期限:11月12日

OS:Windows 10
CPU:Celeron N4020
RAM:6GB
ストレージ:128GB SSD
ディスプレイ:11.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:290 × 180 × 10 mm / 715 g

11.6インチ、Surfaceタイプのコンバーチブル2 in 1です。タブレットが本体で、キーボードとスタイラスペンは別売りとなりますのでご注意下さい(キーボード、ペンともAmazon製品ページでセット購入が可能です)。

記事で紹介しておいてこう書くのもどうかと思いますが、CPUがCeleron N4020である、という点が少し心配ではあります。N4020は上にご紹介したF7 Plus 3に搭載されているN4120とよく似た型番ですが、性能面でかなり見劣りします。N4120であればOffice系のソフトウェアを使ったり、簡単な画像加工をしたりといった作業は問題なく可能ですが、N4020だと「全般にもっさり」した挙動になってしまいます(あくまでウインタブの感想です)。

RAMは6GB、ストレージは128GBと、CPU性能からみて十分な容量と言えます(マルチタスクでガンガン使う、という感じにはならないと思うので)。またディスプレイはかなり高性能です。メーカーによれば「85%NTSC、121%sRGB広色域カバレッジ」ということなので、画質にこだわりたい人にも魅力的かと思います。もちろんタッチ対応しますし、筆圧対応のペン入力(Microsoft Pen Protocol方式)も可能です。

セール価格のほう、AliExpress内のTeclast Official Storeでの「11月11日セールの予定価格」が276.16ドル(およそ31,850円)なので、Amazonでのセール価格34,900円というのは「まずまず」の安さですね。プライム扱いなので配送期間も非常に短いですし。

Amazon製品ページ:
TECLAST X16

ウインタブ紹介記事:
Teclast X16(2021)- 11.6インチと手頃なサイズのSurfaceタイプ2 in 1。スペックは低めです

3.関連リンク

Teclast-Storeのストアフロント:Amazon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名希望 より:

    Teclast X16、ネット情報だと
    CHUWI UBOOK(無印)と同筐体(M/Bも同じ)?
    なんだそうで、、
    日本アマゾンでは公式販売終了ですが
    中華ECではCeleron N4120 RAM8GB で売ってるんですよねCHUWI機が、、
    悩みどころではあります(保証vs性能)