セール情報 - 楽天スーパーセールは9月5日19:00から103時間の開催!

楽天スーパーセール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。日本のメジャーな通販サイトといえばやっぱり楽天ですね。もっともここのところAmazonの勢いもすごくて、私は最近Amazonのほうで買い物することが多くなってます。Amazonといえば、7月に「プライムデー」という大規模なセールを開催したことが記憶に新しいです。PCや周辺機器もかなり安くなっていたので、プライムデーでほしいものを買ったという人も多いでしょう。ちなみに私はMicrosoftのマウスを買いました。

スポンサーリンク

しかし、楽天も負けていません。年4回開催のビッグイベント「楽天スーパーセール」が9月5日(土)19:00から103時間(つまり9月10日の1:59まで)にわたって開催されます。Amazonのプライムデーとは違い、楽天スーパーセールは今回が初めてではないので、とっくに内容を知っている、という人も多いと思いますが、中には「なにそれ?」っていう人もいると思うので、記事にすることにしました。
楽天スーパーSALE

1.タイムセールの超目玉品は事実上購入できない?

楽天タイムセール事前告知

え?Surface 3が半額だと!?

Amazonのプライムデーに関しては「いかにしてタイムセールに張り付くか」というところが鍵だったと思います。楽天でもタイムセールは非常に重要な位置づけになっていて、信じられない価格で買い物ができる「ように見えます」。確かに新車が半額とか、グッチのバッグが半額とかになっているのですが、経験上断言したいのは、これらの超目玉品は「人間には買うことができません」。さすが楽天、スーパーセール職人というべき人たちがたくさん存在していて、タイムセール専用のスクリプト(コンピュータープログラムですね)を用意し、タイムセール開始時刻に合わせてそのスクリプトを走らせ、人間の感覚では追随できないタイミングで購入を完結させます。楽天のタイムセールは品目数こそたくさんありますが、在庫が1点とか5点とかなので、普通に買おうとしてもまず無理です(普通に安い、というレベルのものもあり、そういうのは買える可能性があります)。挑戦するという姿勢は否定しませんけど、超目玉品に関して、個人的にはPCに張り付く時間が無駄かな、と思いますよ。こういうのは楽天も望んでいないと思うんですけど、違法行為でもないし、どうしようもないですね。

2.ほしいジャンルのお店をチェックし、お気に入り登録

じゃあ楽天のスーパーセールは使えないのかというとそんなことはないです。Amazonと楽天は少しモールの性質が異なっていて、楽天は出店者が主体的にいろいろなことを決定できる「ショッピングモール」です。Amazonは同一製品ならばひとつの販売ページしか認めませんが、楽天では出店しているお店がそれぞれ独自のトップページと製品ページをもち、セール内容も自由に決めています。例えば「Surface3」という単語をAmazonで検索するとハードウェアは少ししか出てきません。建て前上Amazonは1SKU(Stock Keeping Unit、最小管理単位のことで、PCの場合は型番中の枝番ベース)、もっというと1つのJANコードにつき1つの製品ページしか許さないため、たとえ100社が同じ製品を販売していても、Amazon内に製品ページは1つだけ、というのがルールです。同じく楽天で「Surface3」と検索するとアクセサリとか本体とか、めちゃめちゃ多くの製品が表示されます。楽天の場合、出店者が好きなだけ製品ページを作ることができるので、まったく同じSurface3であるにもかかわらず、複数の製品ページが存在します。Amazonのほうが欲しいものをすぐ探せる、という理由はここにあります。そのかわり楽天では出店者ごとにいろいろな施策を打ち出していて「買い回り」をする楽しさがあり、リアルなショッピングモールに近い感覚が楽しめますね。

スポンサーリンク

そんなわけで、価格の比較はもちろん、ポイントとか送料とかプレゼント(オマケですね)とか、いろいろと比較して納得してから買う、というのが楽天での買い物の仕方です。スーパーセールに際して、手間がかかりますが、気になる製品、気になるショップはセール開始前にチェックしておきましょう。楽天の機能として「お気に入り登録」というのがあります。気になるショップの気になる製品をお気に入りに入れておく、というのが有効で、セール開始後すばやくその製品ページにアクセスすることができます。

また、スーパーセールの事前告知(セール価格などを開示すること)はショップごとに異なるタイミングで行われます。ショップにしてみれば、スーパーセールは「かきいれどき」であることは間違いないのですが、あまり早く告知してしまうとセール開始前の売上がガタ落ちしちゃうんで、ぎりぎりまで告知しないショップもあれば、覚悟を決めて早めに告知するショップもあります。上記の「お気に入り登録」をうまく活用しておけば、ショップの告知も早く発見できます。

3.ポイント優遇制度の活用

楽天スーパーセール ポイント優遇
楽天の魅力は「買い物のたびにポイントが付く」ということですね。スーパーセール期間中はポイントが優遇されることが多くなります。ポイント10倍というのは売価の10%のポイントがもらえるということですし、楽天のポイントは全ショップ共通で使えるのでお得感があります。ポイントが何倍になるかということも出店者の自由裁量なので、価格だけでなく、ポイントについての告知も見逃さないようにしましょう。

4.楽天カード

楽天カードのキャンペーン
クレジットカードをむやみに作るというのは感心しませんが、私は昨年から楽天カードを作って、日常の買い物に利用しています。楽天カードのいいところは、「楽天以外で買い物をしても楽天のポイントがもらえる」というところです。私の場合、楽天で買い物をする頻度は高くありませんが、毎月数百ポイントがついています。変な話ですけど、楽天のライバルであるYahoo系列のワイモバイルの利用料金を楽天カードで支払うと、楽天のポイントがもらえるんですよね。

また、楽天で買い物をしてももちろんポイントは優遇され、通常1%しかつかないはずなのに、楽天カードで買物をすると倍の2%がもらえます。一回ごとにつくポイントは非常に小さいですけど、ちりも積もれば山です。私は数ヶ月に一回、日用品をポイントで買っています。今すぐ楽天カードを作っても今回のスーパーセールには間に合わないですけど、そのかわり、上の画像にある通りスーパーセール期間中にカードを申し込むとがっつりポイントがもらえます。確か私は昨年の春のスーパーセールの時に楽天カードを申し込んでたくさんポイントをもらいました。でも、そのポイントを何に使ったのか憶えてないですけどねw
楽天カード

いかがですか?楽天上級者の人たちは非常に賢く、お得に買い物ができているようです。私はまだまだ楽天の仕組みを理解できていないところがあるのですが、Amazonと違い、楽天はしっかり知識をつけて買い物をするのとそうでないのとではめちゃめちゃ差がつきます。今回のスーパーセールをきっかけに、楽天での「賢い買い物のしかた」を勉強してみましょう。

5.関連リンク

楽天スーパーSALE
楽天カード

スポンサーリンク