ONE-NETBOOK公式ストアで「AMD祭り」開催中、ONEXPLAYER AMD版が割引価格に!OneMix3Sも激安価格です!

ONE-NETBOOK ウインターセール
テックワンが運営するONE-NETBOOK日本公式サイト(公式ストア)で「AMD祭り」を開催中です。1月14日現在、ONE-NETBOOK社の製品でAMD製CPUを搭載しているのは「ONEXPLAYER AMD版」のみですが、これがセール価格で買えるだけでなく、お得な特典もつきます。また、ウインタブ読者向けに2,000円OFFクーポンもいただいていて、セール品にも使えますので、さらにお買い得に購入することができます。

スポンサーリンク

1.読者クーポンとセールの概要

読者クーポン

・対象:PC本体
・割引額:2,000円
・利用期限:1月31日
・クーポンコード:P47DBUATFM

このクーポンはセール品にも使えるのが魅力です。また、もちろんセールになっていないニューモデル(ONEXPLAYER miniやONE-NETBOOK A1 Proなど)にも使えます。

AMD祭りの特典

・本体価格から10%OFF
・3,500円相当の専用ケースをプレゼント
・専用キーボードが本体と同時購入で50%OFF(税込み4,490円)

対象製品はONEXPLAYER AMD版で、本体が10%OFFで購入できるほか、専用ケースがもらえ、さらに専用キーボードが半額になります。

ONEXPLAYER キーボード
ONEXPLAYERは「ゲーム機」という性格が非常に強いUMPCですが、個人的には「このキーボードがあれば(ゲーム以外の用途でも使いやすくなるので)いろいろと楽しそう」と思っていまして、これが半額になるというのはとても魅力的と感じます。

ウインターセール

昨年末からの「ウインターセール」も引き続き開催中で、対象製品が最大30%超の大幅な割引になっています。

ONE-NETBOOK製品一覧はこちらです
One-Netbook公式ストア 商品一覧

では、「祭りの主役」ONEXPLAYER AMD版のほか、ウインターセールの対象製品から、特にお買い得と思われるセール品を一部ご紹介します。

2.ONEXPLAYER AMD版

ONEXPLAYER AMD版
セール価格:
 R7 5700U:147,490円
 R7 4800U:137,590円

 ※読者クーポン「P47DBUATFM」を使用した価格

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 7 4800U/Ryzen 7 5700U
RAM:16GB
ストレージ:1TB NVMe SSD
ディスプレイ:8.4インチ(2,560 × 1,600)タッチ
サイズ:288 x 130 x 21 mm / 819 g
※Windows 11無償アップグレード対応

この製品の購入を考えていた人には特に説明不要でしょう。外出先でもPCゲームを楽しめる高性能なWindows PCで、「ゲームに特化したUMPC」とも言えます。Ryzen 7 4800UモデルとRyzen 7 5700Uモデルがあり、CPUの型番としてはRyzen 7 5700Uのほうが新しいのですが、どちらもZen2アーキテクチャなので、それほど大きな性能差はないと思います。まあ、約1万円の価格差なので、ご予算に応じて選ばれるといいと思います。

あと、上にも書きましたが、専用ケースがもらえ、キーボードが半額、というのも大きいですね。特にキーボード。これがあればFPSゲームもプレイしやすいと思いますし、ビジネスや学習にも使えます(目立つと思いますけど…)。

ONE-NETBOOK製品ページ
ONEXPLAYER AMD版 Ryzen 7 5700U
ONEXPLAYER AMD版 Ryzen 7 4800U

スポンサーリンク

ウインタブ紹介記事
ONEXPLAYER AMD版 - 人気のゲーミングUMPCにRyzen 7搭載モデルが追加されました。価格も低く抑えられています

3.OneMix3S

onemix3s+
セール価格:
 8GB/256GB:70,999円
 16GB/512GB:92,999円

 ※読者クーポン「P47DBUATFM」を使用した価格

OS:Windows 10 Home
CPU:Core m3-8100Y
RAM:8GB/16GB
ストレージ:256GB/512GB PCIe SSD
ディスプレイ:8.4インチ(2,560 × 1,600)タッチ
サイズ:204 × 129 × 14.9 mm / 659 g

8.4インチのUMPCです。モデルとしてはやや古く、CPUも第8世代のCore m3です。でも「とにかく安い」と思いました。UMPCをどう使うかは人それぞれですが、個人的には「どうしても画面が小さく、キーボードのサイズにも制約がある(キーピッチなど)ので、単体での利用に限界がある」と思っていて、その意味ではCore m3くらいの性能で十分なのではないか、と考えます。

もちろん「自宅で大型モニターとキーボードを接続してミニPCのようにして使う」こともできますので、その場合はCPUやRAM、ストレージ容量に余裕があるほうが望ましい、というのはありますけど、私なんかは「それでもCore m3で大丈夫でしょ!」と思っちゃいますね。今でもCeleron N4100のPCを愛用していますし…。

すでにUMPCをお持ちで、買い替え用として今回のセール品を見る場合は、ONEMIX 4とかONE-NETBOOK A1 Proあたりになるのかな、と思いますが、初めてUMPCを買ってみる、ということなら、このOneMix3Sはおすすめですね。

なお、この製品はWindows 11アップグレードが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

ONE-NETBOOK製品ページ
OneMix3S(8GB/256GB)
OneMix3S(16GB/512GB)

3.One-Netbook A1

A1
セール価格:76,705円
 ※読者クーポン「P47DBUATFM」を使用した価格

OS:Windows 10 Home
CPU:Core m3-8100Y
RAM:8GB
ストレージ:512GB NVMe SSD
ディスプレイ:7インチ(1,920 × 1,200)タッチ
サイズ:173 × 136 × 19 mm / 550 g

こちらは今や希少な7インチサイズのUMPCです。昨年末に第11世代のCore i5/Core i7を搭載し、RAM16GB/512GB SSDを搭載する上位モデル、ONE-NETBOOK A1 Proが発売されましたが、OneMix3Sのところで書いた理由で、個人的には「こっちで十分では?」と思います。

エンジニア向けとも言える製品特性ですが、それだけに入出力ポートも豊富ですし、アルミ合金製の頑丈な筐体になっています。このあたりはエンジニアならずとも好感できるポイントですね。一方で、上にご紹介したOneMix3Sとの比較ではディスプレイとキーボードがさらに小さくなってしまうので、私の経験上、長文のドキュメント作成なんかは少し辛いです。

ちなみにこの製品、ライターのかのあゆさんが購入し、毎日必ずと言っていいほど持ち歩いているようです。彼は「UMPCは7インチまで!それ以上のサイズはUMPCとは言わない。キーボードも快適!」と言い切ります。まあ、このへんも「人それぞれ」ということでしょうか。

なお、この製品はWindows 11アップグレードが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

ONE-NETBOOK製品ページ
One-Netbook A1

ウインタブ実機レビュー
ONE-NETBOOK A1の実機レビュー - 購入しました。エンジニアだけでなく、一般ユーザーにも強くおすすめできる高い実用性と拡張性を備えた7インチUMPC

4.関連リンク

One-Netbook公式ストア 商品一覧:ONE-NETBOOK日本公式サイト

スポンサーリンク