ゲーミングUMPC、ONEXPLAYER 1Sや10.1インチ2 in 1、OneMix4が大幅割引!さらに読者クーポンもあります!ONE-NETBOOK ブラックフライデーセール

ONENETBOOK ブラックフライデー セール情報
こんにちは、かのあゆです。テックワンが運営するONE-NETBOOK公式サイトにて「ブラックフライデーセール」が開催中です。ポータブルゲーミングUMPCの「ONE XPLAYER」や10.1インチ2 in 1の「OneMix4」など、最新モデルも含め「UMPC全品が20%前後の割引」となっています。また、テックワンよりウインタブ読者優待クーポンをいただきましたので、さらにお買い得に購入することができます。

スポンサーリンク

製品一覧はこちらです
One-Netbook公式ストア 商品一覧

なお、テックワン扱いのONE-NETBOOK製品については、「現在発売中の製品に関しては、対応パッチを提供することでアップグレードができるようになる予定」とアナウンスされており、テックワンがしっかりサポートしてくれます。

Windows 11への対応について:テックワン

1.ウインタブ読者クーポン

クーポンコード:WLW7RJ06HA
期 間:2021年12月30日 まで
対象商品:UMPC本体全品
割引額:2,000円
One-Netbook公式ストア 商品一覧
※ブラックフライデーセールの対象製品も割引になります

2.ONE XPLAYER 1S(Super Edition)

ONE XPLAYER
セール価格:137,999円
※税込価格
※通常価格から約20%OFF
※読者クーポン使用後の価格です。

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-1195G7
RAM:16GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:8.4インチIPS(2,560 × 1,600)
サイズ:288 x 130 x 21 mm/ 820 g

この6月に発表された、携帯ゲーム機タイプのゲーミングUMPCです。セール品の「1S」は早くもマイナーチェンジされたモデルで、CPUがCore i7-1195G7となりました。RAMは16GB、ストレージも1TB PCIe-NVMe SSDと、コンパクトなサイズ感ながら非常にパワフルな製品です。

ゲームに特化したデザインとなっているため、Microsoft Officeを使用してドキュメントを作成する・・・という用途には厳しそうに見えますが、別売りでキーボードもセットできますので、(ちょっと目立ちそうですが)ビジネス利用も可能だと思います。

携帯ゲーム機としては、現在唯一「携帯できる」ゲーム機と言えるNintendo Switchには移植されていない人気タイトルがどこでも楽しめるのは魅力的です。今回のセールではウインタブ読者クーポンとの併用で137,999円となっており、「支払い金額が小さいとは言えない」にせよ、通常価格よりもかなり購入しやすくなっていますので、「狙っていた」という人にはチャンスかと思います。

ウインタブ実機レビュー:
ONEXPLAYERの実機レビュー - これってWindowsタブレットでは…?個性に溢れたゲーミングコンソール風Windows端末!

ONE-NETBOOK公式サイト製品ページ:
ONEXPLAYER 1S

スポンサーリンク

3.OneMix4/OneMix4プラチナエディション

ONE MIX 4
セール価格:
 i5/8GB/512GB:117,680円
 i5/16GB/512GB:127,030円
 i5/16GB/1TB:136,380円
 i7/16GB/512GB:145,730円
 i7/16GB/1TB:155,080円
※税込価格
※通常価格から約15%OFF
※読者クーポンコード使用後の価格です。

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-1130G7/Core i7-1160G7
RAM:8GB/16GB
ストレージ:512GB/1TB SSD
ディスプレイ:10.1インチIPS(2,560 × 1,600)タッチ
サイズ: 227 x 157.3 x 9-17 mm/ 769 g

この製品は10.1インチサイズなので、UMPCとは呼べないですね。とはいえ、十分にコンパクトですし、OneMixシリーズらしい高性能マシンです。CPUにCore i5-1130G7を搭載するモデルとCore i7-1160G7を搭載するモデルあり、Core i7モデルの方は「プラチナエディション」という名称になっています。

同等サイズの競合機はMicrosoft Surface GoシリーズやLet’s Note RZシリーズが存在しますが、Let’ Note RZシリーズに関しては今年の2月をもってモデル廃止となってしまったため、このサイズのWindowsノートは本当に希少になってしまいました。また、テックワンによれば、OneMix4は「10インチ史上最も小さいフットプリント(底面積)」の製品でもあります。UMPCファンだとサイズが大きくなったことに不満を感じる人もいるかも知れませんが、画面の視認性にせよ、キーボードサイズにせよ、モバイルノートとしての使いやすさは向上していると思います。

ONE-NETBOOK公式サイト製品ページ:
OneMix4プラチナエディション(Core i7/日本語キーボード)
OneMix4プラチナエディション(Core i7/英語キーボード)
OneMix4(Core i5/日本語キーボード)
OneMix4(Core i5/英語キーボード)

ウインタブ紹介記事:
ONE-NETBOOK OneMix4 - こんどのOneMixは10.1インチのコンバーチブル2 in 1!Tiger Lake搭載で日本でも2月17日予約スタート!

4.ONE-NETBOOK A1

A1
セール価格:66,999円
※税込価格
※通常価格から約21%OFF
※読者クーポンコード使用後の価格です。
※11月25日現在、256GB SSDモデルは販売されていません

OS:Windows 10 Home
CPU:Core m3-8100Y
RAM:8GB
ストレージ:512GB
ディスプレイ:7インチIPS(1,920 × 1,200)
サイズ:173 x 136 x 19 mm/550 g

最後に紹介するのは「もはや希少」とも言える7インチサイズのUMPC「ONE-NETBOOK A1」です。エンジニアリング向けモデルを謳っていて、コンパクトなサイズながら拡張性が高くなっており、シリアルポート(RS-232C)、USB Type-C、USB 3.0 × 2、MicroHDMI、RJ45ギガネットイーサネットポートを備えています。

かのあゆも2020年12月に購入し、現在でもリュックに常備させていますが、やはりこのサイズだとさっと取り出してどこでも作業できるのでとても重宝しています。今回のセールでは6万円台半ばまで価格が下がっていますので、とてもお買い得と感じられます。かのあゆ同様「UMPCらしいサイズ感」を求めている人におすすめの製品です。

ONE-NETBOOK公式サイト製品ページ:
ONE-NETBOOK A1

ウインタブ実機レビュー:
ONE-NETBOOK A1の実機レビュー - 購入しました。エンジニアだけでなく、一般ユーザーにも強くおすすめできる高い実用性と拡張性を備えた7インチUMPC

5.関連リンク

ONE-NETBOOK 日本公式サイト トップページ

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

     う~ん、
      > なお、テックワン扱いのONE-NETBOOK製品については、「現在発売中の製品に関しては、
      > 対応パッチを提供することでアップグレードができるようになる予定」とアナウンスさ
      > れており、テックワンがしっかりサポートしてくれます。
    というのは、どこまで信用できるのでしょうか。
     私はOneMix4のユーザですが、未だに何の案内もなく、TPM2.0がオンにできません。そのため、公式の方法ではWindows11にアップグレードできずにいます。
     ご覧いただくと分かりますが、テックワンの発表というのも、この6月末のものです。半年近くもそのままということです。これで、タイムリーなサポートがされると信じられるのかどうか…。

  2. かのあゆ より:

    >>匿名さん
    現在手持ちのONE-NETBOOK A1にもUEFIファームのアップデートはまだ降ってきていない状況ですが、ONE-NETBOOKのグローバルサイトでもまだリリースはされてないようなので、この辺は今後の対応を待ちたいですね・・・