セール情報 - NTT-XストアでLenovoの11.6インチモバイルノートが25,800円!他にもいろいろと…

Lenovo ideapad 300S
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。よく記事にしているNTT-Xストアのセール情報を久しぶりに…。いやね、かなり安いのが目に止まったんですよね。NTT-XストアはNTTグループということもあり、法人向けっぽい製品が不規則に入荷して激安、というパターンが多いです。例の7,980円の7インチWindows タブレットとかは在庫があったりなかったり、という感じなので、しっかりチェックしておかないとダメなんですよね。そういえば最近全然見てないですね…。

スポンサーリンク

さて、この記事では私がチェックして気になったものをいくつか紹介します。かなりの激安価格だと思いますよ。

1.Lenovo ideapad 300S

Lenovo ideapad 300S 筐体

セール価格: 25,800円(会員限定クーポン込み)

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Celeron N3050
RAM: 2GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 11.6インチ(1,366 × 768)
サイズ: 299 x 209 x 21.8 mm / 1,390 g

11.6インチサイズのモバイルノートで、スペックとしては「クラウドブック」相当です。しかし、ストレージが64GBと比較的余裕があり、その分実用性も高いですね。NTT-Xストアにあったスペック表をもとに書いていますが、重量は確か1.23 kgのはずで、多少異なっていてもおかしくないとはいえ、ずいぶん重くなっています。記載ミスかもしれません。それと、この製品はWi-Fiがa/ac規格に対応しているので、対応するルーターがある場合は5GHz帯で快適にデータ通信が可能です。相当な激安価格なんですけど、唯一ちょっとだけ心配なのは、カラーが「フラメンコレッド」だということです。

Lenovo ideapad 300S カラバリ
この画像の左側がフラメンコレッド。まあいいか、これ使うと元気が出るかもしれませんしね!

紹介記事:Lenovo ideapad 300S - Office Premiumをバンドルした11.6インチノートPC
※このセール製品にはOfficeはバンドルされていません
NTT-X製品ページ:Lenovo ideapad 300S 80KU003RJP

2.Lenovo ideapad 300

Lenovo ideapad 300

スポンサーリンク

セール価格: 33,800円

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Celeron N3060
RAM: 4GB
ストレージ: 500GB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,366 x 768)
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
サイズ: 384 x 265 x 23.4 mm / 2,3 kg

Lenovoの15.6インチサイズ、エントリークラスのノートPCです。「ideapad 300S」の「S」を取ると全く別の製品となります。スペックはそれほど高くはないですが、光学ドライブもついていますし、家庭用には向くでしょう。またテキスト入力ベースの作業なんかも快適そうです。このサイズなら窮屈感もないですしね。

外出時に持ち歩く機会が少ない、ということならこのくらいのサイズのほうがいいですね。RAMやストレージ容量も同価格帯のモバイルノートよりも余裕がありますし。

NTT-X製品ページ:
ideapad 300 エボニーブラック 80M300H0JP

ideapad 300 プラチナシルバー 80M300GUJP

3.MSI モバイルワークステーション WS60 6QH-079JP

MSI WS60

セール価格: 129,800円(会員限定クーポン込み)

OS: Windows 10 Pro 64ビット
CPU: Intel Core i5-6300HQ
GPU: NVIDIA Quadro M600M
RAM: 8GB
ストレージ: 1GB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 x 1,080)
サイズ: 390 x 266 x 19 mm / 1,9 kg

この製品はNVIDIAのGPUを搭載していますが、ゲーミングノートではありません。もちろんGPU非搭載のPCよりもはるかに快適にゲームはできますが、そういう用途ではなく、3D CADなど、ビジネスでグラフィック処理が必要なものに適しています。NVIDIAのGeForceはDirectX(オンラインゲームはこちら)に最適化されており、QuadroはOpenGL(3D CADなどはこちら)に最適化されている、という相違があります。

CPUはCore i5ですが末尾がHQなので、末尾がUのCore i7よりはずっと高速ですが、GPUがQuadroであるという時点でウインタブ読者の多くには関係なくなっちゃうかもしれません。ただし、そういうことを考慮する必要もない、「速いんならいいじゃん」という私のようなタイプもいると思いますけどね。

ともあれ、ワークステーションという名を冠していることからわかる通り、基本性能、安定性などにも優れた製品であるといえますし、129,800円という価格は明らかに安いといえます。ちなみに、このシリーズは他にもCPUスペック、RAM容量、ストレージ容量、ディスプレイサイズの異なるものがNTT-Xで販売されており、製品ページからのリンクでいろいろとチェックできると思うので、興味がある人は確認してみてください。

NTT-X製品ページ:MSI WS60 6QH-079JP

スポンサーリンク