セール情報 - NTT-XストアでCore M搭載タブレットが安くなってるよ!

HP Elite x2 1011 G1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ウインタブでよくセール情報を紹介するサイトにNTT-Xストアがありますが、そういえばここのところ記事を書いていなかったです。一応チェックはしていたのですが、PC系で「これは!」というのがあまり見つからなかったんですよね。昨年のように「7,980円の7インチWindows タブレット」みたいなのはそう簡単には出てこないです。

スポンサーリンク

今回は「Core M搭載のタブレット」でかなり割安と思われるものがありました。Atomより数段上の処理性能でPCとしても一段と快適に使える製品が5万円切り、4万円切りで販売されています。なお、セール価格はNTT-Xストアの会員(入会無料)のみに適用されますのでご注意ください。

1.HP Elite x2 1011 G1

HP Elite x2 1011 G1 Tablet

セール価格: 49,800円(税込み)

※10月6日まで

OS: Windows 10 Pro (64bit)
CPU: Intel Core M-5Y51
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB M.2 SSD
ディスプレイ: 11.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 298 × 193 × 11 mm / 780 g
備考1: LTEモデル(Docomo/AU)
備考2: Wacomデジタイザー搭載、スタイラス付属

この製品は「旧モデル」で、HPの直販サイトでは販売が終了しています。もともと法人向けを念頭に置いた製品で、OSはPro版になっており、CPUはSkylake世代の一つ前Broadwell世代に属するものですが、それほどスペックが見劣りするということもありません。Passmarkのベンチマークスコアを確認してみると、

Core m3-6Y30: 3,056
Core M 5Y51: 2,566
Atom x5-Z8300: 1,197
※10月4日現在のPassmark公表値

こんな感じです。Core m3-6Y30というのは現行のCore mシリーズの下位モデル、Atom x5-Z8300はタブレットに最もよく使われているCPUです。これを見るとAtomよりは格段に高性能ということができますね。

また、この製品はWacomのデジタイザーを搭載しており、筆圧に対応した手書き入力が可能です。そして、LTEモデルになっていて、ドコモモデルとAUモデルが用意されています。MVNOの格安SIMを使う場合はほとんどの場合ドコモモデルで行けると思います(詳細はご自身で確認してください)。これだけのスペックのHP製品が49,800円というのは相当にお買い得だといえます。ただし、この製品に用意されている専用キーボードは容易に入手できない可能性があり、サードパーティー製のものを使うことになるかもしれません。

NTT-X製品ページ:
  Elite x2 1011 G1 /Docomo LTE

  Elite x2 1011 G1 /au LTE

2.NEC VersaPro タイプVS

NEC VersaPro タイプVS

セール価格: 39,800円(税込み)

OS: Windows8.1 Pro (64bit)
CPU: Intel Core M-5Y10
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 302 × 193 × 10 mm / 795 g

スポンサーリンク

この製品は昨年もNTT-Xストアで39,800円で販売されていましたが、久しぶりに復活しています。ただ、OSはPro版とはいえWindows 8.1で、少し古さを感じます。またCPUのCore M-5Y10は上に書いたHP Elite x2に搭載されているCore M 5Y51よりも若干スペックが劣ります。

しかし、何といってもNECの製品がこの価格、というのは大きいですね。外付けのキーボードを使えばノートPCとしても十分使える製品だと思います。

NTT-X製品ページ:VersaPro タイプVS

3.ZTE Blade V6

ZTE Blade V6

セール価格: 14,980円(税込み)

OS: Android 5.0
CPU: MT6735
RAM: 2GB
ストレージ: 16GB SSD
ディスプレイ: 5インチIPS(1,280 × 720)
カメラ: イン500万画素 / アウト1,300万画素
サイズ: 142 × 69.5 × 6.8 mm / 122 g

ミドルスペックのAndroidスマホです。Androidのスマホは安いものだと1万円を切るものもありますが、この製品はポケモンGOが動作するスペックと思われ、その意味ではかなり割安と感じます。ウインタブ読者の場合、Windowsスマホユーザーも多いと思うのですが、2台目に持つスマホとして、あるいは手軽なWi-Fi端末として持っておけるのではないでしょうか?ちなみに私も1台Androidスマホを検証用に買いたいと思っていて、この製品は有力候補です。

NTT-X製品ページ:ZTE Blade V6 グレー Blade V6-Gray

4.geanee WPJ40-10

geanee WPJ40-10 WindowsPhone 背面カバー

セール価格: 8,980円(税込み)

OS: Windows 10 Mobile
CPU: MSM8909(Snapdragon 210)
RAM: 1GB
ストレージ: 8GB SSD
ディスプレイ: 4インチIPS(800 × 480)
カメラ: イン200万画素 / アウト500万画素
サイズ: 124.5 × 62.8 × 9.9 mm / 136.8 g

こちらは4インチとかなり小ぶりのWindowsスマホです。スマホをあまり使わない人、具体的にはメールチェックとか乗換案内、天気予報くらいを使えればいいや、という人には最適な製品だと思います。また、メイン機がAndroidやiPhoneで、Windowsもちょっといじってみたい、というニーズにも合うと思います。上のZTEとは逆のパターンですね。

あと、個人的には4インチのスマホというのは割り切って使う場合、非常に便利なのではないか、と思っています。タブレットを外出時に持っていくならスマホは小さくて最低限の機能さえあれば十分ですもんね!

紹介記事:geanee WPJ40-10 - 待ってた!4インチWindows スマホ(WindowsPhone)、2月5日発売!
NTT-X製品ページ:
  4インチ Windows Phone 黒モデル WPJ40-10-BK

  4インチ Windows Phone 白モデル WPJ40-10-WH

5.関連リンク

NTT-Xストア トップページ

スポンサーリンク