頼りになるビジネスノート「マウス F5」が割引価格になっています!G-TuneのゲーミングPCも大きな割引に!マウスコンピューター セール情報

マウスコンピューター 新生活応援セール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はマウスコンピューターのセール情報です。マウスでは4月15日までの期間「新生活応援セール」を開催中で、ノートPCやデスクトップPCの主力モデルが割引価格になっています。

スポンサーリンク

マウスコンピューターの新生活応援セールicon:マウスコンピューター

マウスコンピューターって、あんまりセールを大々的に実施するイメージはなく、基本的に「定価販売」のメーカーだと思っていますが、昨年あたりからちょくちょくセールを開催するようになりました。もともとマウス製品は「割引前提」の定価になっていませんので、セールの割引率はそんなに大きくはありませんが、それでもお買い得感は高いと思います。また、マウスコンピューターは国内生産(長野県飯山市の工場)で、今のところコロナウイルスの影響による出荷遅延は発生していないようです。以下に紹介する製品はすべて「4月16日ころの出荷予定」になっていました。注文のさい、カスタマイズ画面に出荷予定日が表示されるようになっていますので、気になる人は事前にチェックするようにしましょう。

1.X4-i7

マウス X4 / DAIV 4N
セール価格: 97,800円(税込み107,580円)

●スペック
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core™ i7-10510U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 320 × 214.5 × 17.5 mm / 1.13 kg

最新の軽量かつ高性能なモバイルノートです。X4シリーズにはAMD Ryzen 5を搭載するX4-B(以前はX400Bという名称でした)とCore iプロセッサーを搭載するX4-i5(Core i5)、X4-i7(Core i7)がありますが、セール対象はX4-i7のみ、割引額は2,000円(税込み2,200円)です。「え?それだけ?」って思いますよね。レノボなんて3割4割当たり前、という感じですから。ただ、この製品はもともと「フカしてない」価格ですし、マウスの主力ビジネスノートとも言える製品なんで、派手な割引額ではないものの、十分ありがたいと思います。

ウインタブではRyzenを搭載するモデルを実機レビューしていますが、ちょっと無骨なイメージのマウス製品らしくないデザインながら、使い勝手の良さは「やっぱりマウス」でした。また、Ryzenモデルの場合、筐体(天板)の色がとてもきれいなレッドになっていたのが印象的です。

ただ、RyzenモデルとCore iモデルは仕様が若干違っていて、microSDカードリーダーはRyzenモデルのみに装備され、逆にWi-FiはCore iモデルのみがWi-Fi6に対応します。また、Core iモデルのほうは天板色もオーソドックスなブラックとなっています。

個人的には従来のマウス製品のウイークポイントは「サイズ、特に重量」だったと思っているのですが、この製品は見事にウイークポイントを克服しています。しかし、入出力ポートが充実していてビジネス利用にもピッタリの使い勝手になっていますので、マウスファンであってもなくても、満足できる製品だと思います。

マウスへのリンク:
 14型 mouse X4シリーズicon
ウインタブ紹介記事:
 マウス X4 / DAIV 4N - 14インチで重さ1.1 kgの軽量ノートに第10世代CPUが搭載されました。GeForce搭載モデルもあるよ!

2.F5-i7

マウス F5
セール価格: 79,800円(税込み87,780円)

スポンサーリンク

●スペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
サイズ: 361 × 256 × 24.1 mm / 2.1 kg

15.6インチで光学ドライブも装備するスタンダードノートです。F5シリーズはワイドバリエーションですが、今回のセールでは第10世代(Comet Lake)のCore i5を搭載するモデルが10,000円(税込み11,000円)OFFになっています。RAMとストレージの容量はベースモデルでも必要十分だと思いますが、注文時のカスタマイズによりRAMは最大で32GBまで、ストレージはSSDを1TBまで増量できる上、HDD(内蔵)も追加可能です。また、光学ドライブはBlu-rayにすることもできます。

入出力ポートは「いかにもマウス」な充実ぶりでD-subまで装備していますし、バッテリーもしっかり着脱式になっています。上に紹介したX4、あるいはX5と比較すると、「割とトラディショナル」な製品ですが、「ビジネスのツボ」をしっかり押さえた製品だと思います。仕事用、学生さんの勉強用におすすめです。

マウスへのリンク:
 15.6型 mouse F5シリーズicon
ウインタブ紹介記事:
 マウス F5 - 15.6インチで高い実用性を備えた使いやすいスタンダードノート。マウスらしさ全開の製品です!

3.G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5580SA1

マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5580
セール価格: 149,800円(税込み164,780円)

●スペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7-9750H
GPU: GeForce RTX2060
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 359 × 257.8 × 29.9 mm / 2.3 kg

ゲーミングブランド「G-Tune」の15.6インチノートです。この記事で紹介している製品の中では最大となる30,000円(税込み33,000円)OFFとなっています。i5580シリーズすべてがセールになっているわけではなく、スペック表を掲載したモデルのみがセール対象なのですが、注文時に構成をカスタマイズできるため、これで特に問題はないでしょう。

スペック表を見ると中位クラスのゲーミングノートと言えますが、できれば「RAMを16GBに、ストレージを512GBに」したいところですよね?当然カスタマイズ可能で、試算してみたら163,400円(税込み179,740円)になりました。ちなみにRAMは32GBまで増量でき、ストレージはNVMe SSDにすることもできますし、SSDやHDDを追加することもできます。人によってはCPUやGPUよりもRAMとストレージに余裕が欲しい、と思うかもしれませんが、その場合はカスタマイズできっちり対応できます。

つい最近Intelが第10世代(Comet Lake-H)のCore iプロセッサーを発表し、ほぼ同時にNVIDIAの新しいGeForceも出荷開始となりましたので、それが気になる、という人はぶっちゃけ「待ち」のほうが納得感があると思います。ただし、この製品に搭載されるGeForce RTX2060という型番はリニューアルされたわけではないので、気持ち的に引っかかるとしたらCPUの型番だけですね。G-Tuneは品質に定評があり、もともと最安値クラスのゲーミングノートではありませんので、「CPUの世代」のことを差し引いても十分に魅力的な価格だとは思います。

マウスへのリンク:
 NEXTGEAR-NOTE i5580icon
ウインタブ紹介記事:
 マウス G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5580 - 15.6インチ、ナローベゼルの美しい筐体に、欲しい装備がしっかり入ったゲーミングノート

4.関連リンク

マウスコンピューターの新生活応援セールicon:マウスコンピューター

スポンサーリンク