高性能なミニPC、MINISFORUM X400がセール価格に!予算とニーズにあわせ各種ミニPCを選べます。MINISFORUMで「春の特典セール」開催中!

Minisforum 春の特典
中国メーカーMINISFORUMのミニPCは昨年来ウインタブでも何度も実機レビューをさせていただいています。価格は決して高くはないのですが、CHUWIなどの製品と比較するとワンランク上、という感じですね。日本で販売されているASUSなどのミニPCと比較すると安価ですけど。また、MINISFORUM製品はCPUの世代がやや古く、この点を気にしている人もいると思います。

スポンサーリンク

しかし、RAMやストレージなどのパーツは「いいのを使っている」と思いますし、DIY前提の筐体構造になっていますので、購入後にRAMやストレージの構成に不満が出てきたら自分で簡単に増設・換装ができるのも魅力です。ウインタブではこれまでに私を含め5人のライター(読者レビュアーも含めると6人)がMINISFORUM製品を手にとっていますが、非常に高確率で「メインマシン化」しています(私もそうです)。設置スペースをとらないのでテレワーク用としてもいいと思いますし、軽めのものであればオンラインゲームもプレイできます(機種によります)。

そのMINISFORUMが日本語のセールページ「春の特典セール」を開設しました(3月31日まで)。人気モデルが3,000円~10,000円OFFで購入可能です。

1.ご注意

すべてミニPCです

セール品はすべて「ミニPC」です。つまり、超小型のデスクトップPCですね。そのため、ノートPCの場合とは異なり、最低でも「モニター、キーボード、マウスなどのポインティングデバイス」が必要です。

また、デスクトップPCの場合、Wi-FiやBluetoothなど無線接続用の機能がない製品がありますが、この記事でご紹介する製品はすべてWi-Fi、Bluetoothの装備があります。もちろん有線LANポートもありますので、インターネット接続に関してはノートPCと同一条件と言えます。

春の特典セール:MINISFORUM日本語公式ストア

送料無料、税込み価格

MINISFORUMから連絡があり「当社公式ストアは送料無料、またすべての税を含んだ価格です」とのことでした。輸入消費税も含んでいるとのことです。そのため、この記事ではメーカーの言う通り、税込み価格であるとして記事を書いています。

では、セール品の一部をご紹介します

2.U820/U850

Minisforum U820 トップ
セール価格: 58,980円から
※5,000円OFF

●スペック
OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i5-8259U/Core i5-10210U
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB/512GB SSD
サイズ: 127 × 127 × 53.1 mm / 実測値 538g

つい先日ライターのオジルさんが実機レビューを担当したニューモデルです。U820とU850はCPUの型番が異なり、U820がCore i5-8259U、U850がCore i5-10210Uを搭載します。CPUの世代が新しいU850のほうが数千円高価ですが、どちらを選んでもご自宅用のメインPCとしては十分な実力があります。

また、RAMは標準で16GBを搭載し、U820は32GB、U850は64GBまで換装可能です。まあ、当面は16GBあれば十分かと思いますけどね。またストレージは256GB/512GBのNVMe SSDで、さらに2.5インチSATAの空きスロットが2つありますので、DIYで相当な大容量にすることもできます。

RAMとストレージの構成を見る限り、また後日自分でカスタマイズができるという観点からも、当初最低構成で安く収める、ということでもいいんじゃないか、と思います。「使いでのあるPC」と言えるでしょう。

MINISFORUMへのリンク:
【予約販売】MINISFORUM U820/U850 ミニPC

ウインタブ実機レビュー:
Minisforum U820の実機レビュー(その1・筐体編) – Core i5搭載で内部アクセスが容易で拡張性も高い!メインマシンに据えたいミニPC
Minisforum U820の実機レビュー(その2・性能編) - もはやオフィスワークはこれで十分?!Core i5搭載ミニPCの実力をチェック!

スポンサーリンク

3.UM250

Minisforum UM250
セール価格: 46,980円から
※3,000円OFF

●スペック
OS: Windows 10 Pro
CPU: Ryzen 5 PRO 2500U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB SSD
サイズ: 128 × 127 × 46 mm / 550 g

この製品は兄弟機種として「UM300」「UM270」があります。ウインタブで最初に実機レビューしたMINISFORUM製品がUM300でしたが、UM300のCPUはRyzen 3 3300U、UM270のCPUがRyzen 7 2700U、そしてこのUM250はRyzen 5 PRO 2500Uとなります。いずれも最新の型番ではありませんが、ビジネス用としては性能面で大きな不満を感じることはないでしょう。

UM250は今回のセール品の中では最も低価格で購入できることもあり、RAM8GBというバージョンもありますし、SSDもSATA接続となります。SSDに関しては上でご紹介したU820/U850よりも低速ではありますが、私なんかは「SATAで困ったことはない」ですね。十分な実用性があると思います。

この筐体もU820/U850と同様、ワンプッシュで天板(筐体の上部)を開口でき、RAMやSSDにアクセスできますし、SATAの空きスロット(2.5インチのもの1つ)にSSDを追加できますので、長く付き合っていけるモデルだと思います。

MINISFORUMへのリンク:
Minisforum UM300/UM250 ミニPC

ウインタブ実機レビュー:
MINISFORUM DeskMini UM300 の実機レビュー - 第2世代のRyzen 3を搭載するミニPC。なにこれ、快適なんですけど!
MINISFORUM UM270の実機レビュー(第1回)- 超小型パソコン の筐体や拡張性をチェック!Makuakeでクラウドファンディング中!
MINISFORUM UM270の実機レビュー(第2回)- 超小型パソコンでPCゲームができるのか?をチェック!Makuakeでのクラウドファンディングは2月27日まで!
※セール品とはCPUが異なります

4.X400 4350G

Minixforum X400 4350G
セール価格: 67,980円から
※5,000円OFF
セール価格(16GB/512GB): 68,980円
※10,000円OFF

●スペック
OS: Windows 10 Pro
CPU: Ryzen 3 Pro 4350G
RAM: 16GB
ストレージ: 256GB/512GB SSD
サイズ: 154 × 153 × 62 mm / 950 g

ラストはMINISFORUM製品としては大型タイプのミニPCです(日本語がヘン)。CPUのRyzen 3 Pro 4350GはデスクトップPC用のCPUで、Passmarkが公表しているベンチマークスコアは10,959に達しますので、これまでにご紹介してきたU820/U850やUM250のCPU(ノートPC用)よりも数段高性能です。外部GPUの搭載はありませんが、軽めのオンラインゲームならプレイできると思います。

上の2機種と同様、RAMとSSDの拡張余地は十分で、SSDに関しては2.5インチSATAの空きスロットとM.2 2242 SATAの空きスロットがあります。

私はこの製品とほぼ同じ筐体のH31GというモデルをメインPCとして使っていますが、コンパクトなサイズ感は当然として、パフォーマンスも素晴らしく、とても満足しています。割と長期間使っているので、気に食わない点も書いておきますと、「ファン音がちょっと大きい」のと「Webカメラやスピーカーの接続なども必要になるので、その意味ではUSBポートが足りない」というのはあります。MINISFORUM製品をメインで使う場合、ハブかドッキングステーションがあったほうがいいですね。大型のデスクトップPCと比較してしまうとポートは不足気味です。

すみません、ちょっと脱線しました。この製品に関しては基本的に5,000円OFFなのですが、16GB/512GB版のみ10,000円OFFとなります。ゆえに買うなら16GB/512GB版が最もお買い得です。

MINISFORUMへのリンク:
MINISFORUM X400 ミニPC

ウインタブ実機レビュー:
MINISFORUM EliteMini X400の実機レビュー - Ryzen 5 PRO 4650Gを搭載する高性能なミニPC。メインマシンとしてもおすすめです
※セール品とはCPUが異なります

5.関連リンク

春の特典セール:MINISFORUM日本語公式ストア

スポンサーリンク