Surface Pro 7がタイプカバーつきで税込み98,780円!Microsoftストアで「いい買い物の日キャンペーン」開催。売り切れ御免!

Surface Pro 7 セール
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。11月11日は中国では「シングルデー」として、年間最大級のセール日となっていますが、日本でも「いい買い物の日」などの打ち出しでセールを開催するところが増えています。Microsoftストアでも11月11-12日の2日間限定でセールを開催中です。
11月16日追記:Surface Pro 7の税込み98,780円セールは継続中です。

スポンサーリンク

こちらがセールページです。
Microsoft Store セール & お得情報icon:Microsoftストア

セールページを確認すると、Surface本体が安くなるパターンと、「まとめ買い(セット割引)」のパターンがあり、特にセット割引で安くなるパターンの場合、「そのオプションが本当に必要かどうか」ということも重要になりますので、必ずしもすべての人に大きな恩恵があるとは言えません。

今回は、たくさんのセール品やセット割引品の中から、ウインタブおすすめのものをいくつかご紹介します。

1.【数量限定】キーボード付き Surface Pro 7 特別版

Microsoft Surface Pro 7 セール
セール価格: 98,780円(税込み)
※一部の周辺機器が最大40%OFF

●セール品のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-1005G1
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB
ディスプレイ: 12.3インチPixelSense(2,736 x 1,824)
サイズ: 292.10 x 200.66 x 8.38 mm / 0.77 kg
※Microsoft Office Home & Business 2019付属
※タイプカバー(ブラック)付属

Surface Pro 7については「特定のモデルが大幅割引」になるものと、本体の値引きはあまり大きくないものの、タイプカバーやSurfaceペンが20%OFF(最大40%OFFのオプション品もあり)で購入できる「まとめ買い」が用意されています。ここでは「特定のモデルが大幅割引」になるほうをご紹介します。

「上記スペックのモデルのみ」が単品で大幅割引となります。ウインタブはもともとCore i3擁護派ですし、実際Ice Lake(Core i3-1005G1を含む第10世代CPUの開発コードネームです)のCore i3はビジネス利用にせよ学生さんの勉強用にせよ、性能面で不満を感じるケースはほとんどないと思っています。

気になるのはRAMとストレージの容量です。いずれもやや不足気味で、ストレージ128GBというのはともかく、RAM4GBというのはちょっと考えものです。PCとして使えない、ということはさすがにありませんが、経験上、割と普通に使っていてもRAM不足の挙動が出ることがあります。例えばブラウザーのタブを大量に開いた場合など。あと、読者の人にはあまり関係ないと思いますが、画像加工ソフトでデジカメ撮影の画像を大量に開いたときにも挙動が不安定になった経験があります(挙動が不安定、というのは動作が緩慢になったり、ひどいときにはアプリが落ちたりする、ということを指しています)。

「RAMが足りなくなるような使い方をしなければいい」ということではあるのですが、ちょっと気を使わなくてはならない場面が増えると思います。

Microsoft Surface Pro 7 セール
付属するタイプカバーは「ブラック」のみです。表面にアルカンターラ素材が使われている「Signature タイプ カバー」ではありません。ただし、バックライトがつき、ガラス製トラックパッドも備える、フル機能の製品です。

Microsoft Surface Pro 7 セール
筐体色は「プラチナ」という、薄いシルバーのみ。引き締まったカラーコーディネイトと言えます。

それと、このセール品に限った話ではありませんが「Surfaceシリーズのお約束」である、Microsoft Office Home & Business 2019(PowerPointのついた、定番のOfficeです)が付属します。

これだけ入ってお値段税込み98,780円。現行モデルのSurface Pro 7の価格としては「激安」だと思います。タイプカバーとOfficeが付属しますので、PC初心者の人も購入してすぐに使い始めることができると思いますし、Surface Pen(別売り)でイラストやマンガの制作も可能、というか快適にできると思います。

また、Microsoftストアでは他のメーカー直販サイトにはない「60 日間返品無料(製品に傷をつけたり汚したりしなければ、初期不良ではなくとも返品ができます)」というサービスもありますので、この点も購入のハードルを大きく下げる要因だと言えます。

今回のセール、「予定数に達し次第終了」とのことで、以前同様のセールをした際には即日完売となったそうです。購入される人はお早めに!

Microsoftストアへのリンク:
98,780円モデル:
プラチナ Surface Pro 7 + ブラック Pro タイプ カバー バンドル (第 10 世代 Intel Core i3)icon
まとめ買い:
【Microsoft Store 限定】Surface Pro 7 お得なまとめ買いicon
ウインタブ紹介記事:
Microsoft Surface Pro 7 - 人気ナンバーワンのデタッチャブル2 in 1がニューモデルに!変更点は少ないけれど、重要なところが変わりました!

2.【Microsoft Store 限定】Surface Go 2 お得なまとめ買い

Microsoft Surface Go 2
セールの内容: タイプカバーが20%OFFなど

●Core m3 LTEモデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Core m3-8100Y
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 10.5インチPixelSense(1,920 × 1,280)
サイズ: 245 x 175 x 8.3 mm / 553 g
※Microsoft Office Home & Business 2019付属

スポンサーリンク

Surfaceシリーズで最小サイズとなるSurface Laptop Go 2です。スペックはSurface ProシリーズやSurface Laptopシリーズに一歩譲る感じですが、個人的には「もしSurfaceを買うならこれ」だと思っています。モバイルを前提としたサイズ感で、モバイルノートが「出来るべき」Office系の資料作成などは余裕でこなせます。私の場合、出先で「Core i7じゃないと無理」な仕事ってほとんどありませんし…。

今回のセールでは、Surface Go 2の本体割引は非常に小さいです(Core m3モデルのみ1,080円OFF)。しかし、「事実上購入必須」のオプション品であるタイプカバーが20%OFF、Surfaceペンも20%OFFです。なので、実質「本体割引のようなもん」ですね。

割引額は控えめながら、Go 2がセールで買える、というのは大きいと思います。

Microsoftストアへのリンク:
まとめ買い:
【Microsoft Store 限定】Surface Go 2 お得なまとめ買いicon
単品:
Surface Go 2icon
ウインタブ実機レビュー:
Microsoft Surface Go 2の実機レビュー - Surface Pro 7をそのまま小さくした高品質な筐体と使えるスペック!10.5インチの小さなSurface!

3.Surface Laptop 3

Microsoft Surface Laptop 3
セール価格: 119,953円(税込み)から

●13.5インチ・119,953円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-1035G7
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 13.5インチPixelSense(2256 x 1504)
サイズ: 308 x 223 x 14.5 mm / 1,265-1,288 g
※Microsoft Office Home & Business 2019付属

テキスト入力の機会が多く、デタッチャブル2 in 1はどうも…、と思っている人も少なくないと思います。そんな人にはクラムシェルノートのSurface Laptop 3があります。クラムシェルノートですが、アスペクト比3:2の高精細・タッチ対応ディスプレイを備え、キーボード面にはSurface Proと同じアルカンターラ素材が貼られていますので、「Surfaceらしさ」が伝わってきます。Microsoftのハードウェアって、デザインもすごく美しいんですよね。

今回のセールは大チャンスで、13.5インチ版も15%OFFで購入できます。上にスペックを掲載したモデルだと、ストレージ容量はちょっと小さめですが、Office Home&Businessがついてのお値段ですから、他社製品と比較しても「Surfaceだから高い」という感じはありません。

ただ、Surface Laptop 3に関しては、「まとめ買いのページ」と「単品販売のページ」のどちらで購入するか、ちょっと考えなくてはいけません。オプション品(Surfaceペン)などをたくさんセットする場合、バンドルのページのほうがお買い得になります(オプション品も割引になるので)。しかし、「補償プラン」を必ずセットしなくてはならず、これが結構いいお値段になっています。もちろん補償プランは価値のあるオプションなので、必要な人にとってはなんのデメリットもありません。実際補償プランも20%OFFになりますし。

しかし、補償プランも含め、オプションは別にいらない、という場合は単品販売のページのほうがいいですね。本体価格は変わりませんので、本当に119,953円からSurface Laptop 3が購入できます。

Microsoftストアへのリンク:
まとめ買い:
【Microsoft Store 限定】Surface Laptop 3 お得なまとめ買いicon
単品:
Surface Laptop 3icon
ウインタブ紹介記事:
Microsoft Surface Laptop 3 - 「スペシャルなRyzen」の15インチ版も追加されました!13.5インチ版は第10世代、Ice LakeのCore iプロセッサー搭載!

4.【Microsoft Store 限定】Surface Pro X お得なまとめ買い

Microsoft Surface Pro X
セールの内容: 本体割引+タイプカバー20%OFFなど
※最低価格は125,010円(税込み)

●125,010円モデル
OS: Windows 10 Home (ARM)
CPU: Microsoft SQ 1
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 13インチPixelSense(2880 × 1920)
サイズ: 287 × 208 × 7.3 mm / 774 g
※Microsoft Office Home & Business 2019付属

ARM版WindowsのSurfaceです。ARM版Windowsを搭載する競合製品は日本には「事実上ない」と言え、システム構成の面からも特異なSurfaceと言えます。マーケティング用語で言う「イノベーター(革新者)」や「アーリーアダプター(初期採用者)」向けの製品と言えるでしょう。その意味ではあまり価格面でごちゃごちゃ言うようなものでもないと思いますが、イノベーターを自認する人だって、安いに越したことはないですよね。

Surface Pro XはCPUが2種類あります。ともにMicrosoftブランド(クアルコムとコラボしたものです)のSQ1とSQ2で、SQ2のほうが新しく、性能も「5%ほど高い」とのことです。一方で、SQ1搭載モデルはSQ2モデルの発売に際して値下げされていますので、より購入しやすいのはSQ1モデルのほうです。製品ページだとSQ1モデルで値引きのないもの(RAM16GBのもの)がありますが、これは「すでに値下げ済み」の価格です。

Surface Pro XはSurface Pro 7によく似ていますが、サイズが若干大きく、キーボードも異なります。また、スリムペンを内蔵するキーボードも選べます。ちなみにスリムペンを内蔵するキーボードは定価だと32,560円と、かなりのお値段なので、今回のセールで20%OFFとなる恩恵も大きいです。

繰り返しますが、この製品は「処理性能から見た価格」としては決してお買い得とは言えません。しかし、ARM版Windowsには「スリープからの爆速復帰」とか「スリープ時のデータ通信」とか「長時間稼働のバッテリー」など、通常のWindowsとは異なる特性があり、それをいち早く使ってみたい、という人には非常に魅力的な製品だと言えます。その意味ではうれしいセールと言えるでしょう。

Microsoftストアへのリンク:
【Microsoft Store 限定】Surface Pro X お得なまとめ買いicon
ウインタブ紹介記事:
Microsoft Surface Pro X - よりパワフルになったARM版Windowsマシン。本体とキーボードに新色も!

5.関連リンク

Microsoft Store セール & お得情報icon:Microsoftストア

スポンサーリンク