高精細なディスプレイにGeForce GTX1650搭載のIdeaPad Slim 560 Proがお買い得価格に!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro(16)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトのセール情報です。今週のレノボは「駆け込みセール!」を開催中(3月27日まで)で、短納期(最短翌営業日出荷~1週間程度で出荷)のモデルがピックアップされています。

スポンサーリンク

レノボのセールページはこちらです
駆け込みセール!:Lenovo

では、よさげなセール品の一部をご紹介します。今週はThinkPadはおすすめしにくいかな、と思っております。特に上位のX1シリーズやTシリーズなどは海外で2022年モデルが発表されていて、早ければあと1ヶ月くらいで国内発売されそうなんですよね…。

1.IdeaPad Slim 560 Pro(16, AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro(16)
セール価格:108,218円(最大38%OFF)から
※税込み価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・119,812円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce GTX1650
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:16インチIPS(2,560 × 1,600)
サイズ: 356 x 251 x 16.9 mm(最薄部) / 1.92 kg

IdeaPad Slim 560 ProにはIntel版(560i Pro)とAMD版があり、ディスプレイサイズやシステム仕様が大きく異なります。ここではまず、AMD版のほうをご紹介します。16インチサイズのスタンダードノートです。

この製品には外部GPUのGeForce GTX1650を搭載する「ゲーミングエディション」があります。スペック表を掲載した119,812円のモデルがゲーミングエディションの低価格モデルで、CPUにZen3アーキテクチャのRyzen 7 5800H、GPUにはGeForce GTX1650を搭載し、RAMとストレージも大容量になっています。

ここ最近、「Ryzen 7 4800U搭載で外部GPUなし」というスペックのミニPCをレビューしているのですが、このスペックでも結構ちゃんとオンラインゲームができるんですよね。もちろんガチでスコアを追求したいという人にはおすすめできませんが、仕事用のPCで息抜きにオンラインゲームをプレイしたい、という程度のニーズなら(Ryzen 7 4800Uでもそこそこ満足できるんだから)第11世代Core i7とかZen3のRyzenを搭載している製品であれば「十分いける」ように思われます。ましてやこの製品はGTX1650を搭載していますので、グラフィック品質にこだわらなければ多くのオンラインゲームがプレイできると思います。

また、GTX1650の恩恵は単にオンラインゲームだけでなく、非常に凝ったパワポ資料を作るとか、動画編集をする際などにも威力を発揮してくれると思います。

それと、この製品のディスプレイはリフレッシュレート60HzなのでFPSゲームをする場合には少し不利ですが、そのかわり解像度が高く、100%sRGBの発色品質になっていますので、非常に美しい画像・映像が楽しめ、クリエイティブワークにも向きそうです。

「仕事用としてもゲーム用としても」といった用途にはピッタリだと思います。。スタンダードノートとしては「相当に高性能」ですし、ライトゲーマーであればゲーミングPCとしても必要十分と言えるでしょう。

レノボ製品ページ:
IdeaPad Slim 560 Pro(16, AMD)
※記事公開時点で一時的にレノボ製品ページの表示が乱れています。ご了承下さい。

ウインタブ実機レビュー:
Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro(16) の実機レビュー - 16インチとちょっと大きめディスプレイのノートPC、GeForce GTX1650搭載のゲーミングエディションをテスト

IdeaPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

2.IdeaPad Slim 560i Pro(14, Intel)

Lenovo IdeaPad Slim 560i Pro
セール価格:79,508円(最大48%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

スポンサーリンク

●スペックの一例・79,508円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i5-1155G7
RAM:8GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:14インチIPS(2,240 x 1,400)100%sRGB
サイズ:312.2 x 221 x 15.99 mm(最薄部)/ 1.38 kg

上にご紹介したのとほとんど同じ製品名「IdeaPad Slim 560i Pro」ですが、製品の構成は大きく異なり、こちらは14インチのモバイルノートです。また、CPUがIntel製であるだけでなく、外部GPUの設定もありません。

スペック表を掲載した79,508円のモデルはCPUにCore i5-1155G7を搭載しています。1155G7というのは、ノートPCでよく見かけるCore i5-1135G7よりもクロックスピードが高く、性能も上です。当然内蔵GPUもIris Xeなので、画質にこだわらなければオンラインゲームのプレイも可能です(ただし、FPSゲームなどでスコアを追求したい人にはおすすめできません)。

それと、上にご紹介した16インチのAMD版と同様、ディスプレイ品質が高いです。14インチで解像度は2,240 × 1,400、sRGB100%の発色品質になっていますので、ビジネスはもちろん、クリエイティブワークにも向くと思いますし、動画視聴なども楽しめそうです。

Webカメラは顔認証に対応しますし、スピーカーもドルビーアトモスと、周辺機能も充実しています。サイズ感も悪くないですね。薄型で14インチノートとしては横幅も小さめですし、重量1.38 kgというのは、スペックの高いモバイルノートとしてはやや重いものの、毎日バッグに入れて持ち歩くのは十分可能だと思います。

Lenovo製品ページ:
IdeaPad Slim 560i Pro

IdeaPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

3.IdeaPad Slim 360 Chromebook

Lenovo IdeaPad Silm 360 Chromebook
セール価格:26,900円(最大43%OFF)から
※税込み価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・税込み26,900円モデル
OS:Chrome OS
CPU:MediaTek MT8183
RAM:4GB
ストレージ:64GB eMMC
ディスプレイ: 14インチTN(1,920 x 1,080)
サイズ: 326.6×221.8×18.6mm / 1.4 kg

CPUにARM(MT8183)を搭載するChromebookです。ここ最近、在庫状況が不安定だったのですが、今週は「即納(最短翌営業日出荷)」になっている上、割引率が大幅に拡大しました。

この製品にはディスプレイの仕様が異なる2つのバリエーションモデルがあります。「TN液晶でタッチ対応しない」ものと「IPS液晶でタッチ対応する」ものです。ウインタブとしてはもちろん「IPS液晶でタッチ対応するもの」がおすすめなのですが、現時点で購入できるのはTN液晶・タッチ非対応のモデルのみです。正直なところ、この点は残念ではありますが、なにしろ価格が非常に安いので、納得はできますね。

CPUのMT8183はARM系としても高性能な方ではありませんが、ウインタブで同じCPUを搭載するChromebookを試用したことがあり、挙動はCeleron N3350(私が使っているChromebook)よりもサクサクだったと感じました。ディスプレイがタッチ対応しないので、Google PlayのAndroidアプリの使用にはちょっと難が(特にゲーム)ありますが、Chromebookを初めて試したいという人にはとても購入しやすい製品だと思います。

Lenovo製品ページ:
IdeaPad Slim 360 Chromebook

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Silm 360 Chromebook - 使いやすい14インチサイズ、手頃な価格で購入できるChromebookです

IdeaPadシリーズの価格情報はこちらをご覧ください
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

4.関連リンク

駆け込みセール!:Lenovo
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

スポンサーリンク