ThinkBook 14s Yogaが激安価格に!IdeaPad Slim 550シリーズもCore i3/Ryzen 3モデルが5万円台から!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad E14 Gen 3(AMD)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトのセール情報です。今週のレノボは「プレミアムセール!」「新生活応援キャンペーン」を開催しています。

スポンサーリンク

レノボのセールページはこちらです
プレミアムセール!:Lenovo
新生活応援キャンペーン:Lenovo

また、ウインタブではこの記事とは別に、ノートPCの割引率・最低価格の一覧をまとめています。こちらも合わせてご覧ください。
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

昨日HPのセール情報を掲載した際にも書いたのですが、現在「CPUの端境期」でもあり、レノボ製品に関しては1月のCES2022(@ラスベガス)や直近開催されたMWC2022(@バルセロナ)でニューモデル(2022年モデル)が発表されており、特にThinkPad X1シリーズなど上位クラスの製品の購入を検討している人は「2022年モデルの国内発売を待ったほうがいいかも」と思います。ただ、ちょっと気がかりなのはCPUの「第12世代(Alder Lake)Core(のP型番/U型番)」にせよ「Ryzen 6000番台」にせよ、まだ市場に搭載機が現れていない(発売されていない)という点ですね。早ければ2月にも搭載機が発売される、という情報があったのですが、発売時期が遅れてしまうと「結局手に入るのが夏」みたいな、ちょっと残念なことになるかもしれません。

PC購入って、タイミングによるラッキー、アンラッキーがどうしてもありますので、特に「低予算でエントリークラスのPCを買う」とか「仕事用として購入するが、用途がはっきりしていて、あまりスペックにこだわらなくても大丈夫」とかの場合だと、今か今かと待ちかまえるようなことはしなくていいのかもしれません。

1.バッグのセール

クーポンの内容

クーポンコード:JPAF0307
対象商品: 下記記載のバッグ
クーポン有効期間:2022年3月5日(土)・3月6日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、ここからコピペしてお使い下さい。

「レノボが特別に配布している限定クーポン」のご案内です。今週は「バッグ」が限定クーポンの対象で、限定クーポンの対象は「9製品」ですが、こちらで価格を確認したところ、5製品が製品ページよりも安くなっていて、残りの4製品は限定クーポンよりも製品ページにある通常のクーポンのほうが安かったですね。

私はこれまでにレノボの純正バッグを2つ購入しましたが、作りもよく、デザインもいいので、特にバックパック系とかショルダーバッグ系の製品は必ずしも「PC専用」ということでなく、普段使い用としても悪くないと思います。

対象製品

ThinkPad エッセンシャル 16インチ バックパック

ThinkPad エッセンシャル 16インチ バックパック

限定クーポン(JPAF0307)のほうが安くなるもの

ThinkPad エッセンシャル 16インチ バックパック:2,970円(40%OFF)
ThinkPad 15インチ スリーブケース:1,650円(40%OFF)
ThinkBook 13インチ スリーブケース:1,320円(40%OFF)
ThinkBook 13/14インチ スリーブケース:1,320円(40%OFF)
Lenovo 15.6インチラップトップ アーバントップローダー T530:3,850円(40%OFF)

通常の製品ページから安く買えるもの

ThinkPad 14インチ スリーブケース:1,636円(40%OFF)
ThinkPad 14インチ プロフェッショナル スリムトップロードケース:3,647円(45%OFF)
ThinkBook 15.6インチ バックパック:3,343円(45%OFF)
ThinkPad 13インチ スリーブケース:1,309円(40%OFF)

2.ThinkPad E14/E15 Gen3(AMD)

Lenovo ThinkPad E14 Gen 3(AMD)
セール価格(E14):66,495円(最大49%OFF)から
セール価格(E15):69,652円(最大48%OFF)から

※税込み価格
※クーポンコードはセールページに記載されています

●スペック例・E15・69,652円
OS:Windows 11 Home
CPU:Ryzen 3 5300U
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:365 x 240 x 18.9 mm / 1.7 kg~

冒頭に書いたように、ThinkPadの上位モデル(X1シリーズ/Tシリーズ/Pシリーズ)に関しては2022年モデルが海外発表されています。個人的には「上位クラスのThinkPadの購入を考えていて、いま使っているPCをもう数カ月継続利用しても特に問題ない」のなら、2022年モデルの日本発売を待ってもいいのでは?と思います。

スポンサーリンク

ということで、ここでは低予算で購入できるThinkPad、Eシリーズ(AMD版)をご紹介します。あくまで私の考えですが、このくらいの価格帯で、システムスペックのバランスがいいと感じられるのであればいま購入しても後悔はしないんじゃないか、と思います。

E14 Gen 3/E15 Gen 3ともウインタブで実機レビュー済みですが、どちらも「使いやすさ抜群」と評価できるスタンダードノートで、ビジネスマシンとして全く不満のない処理性能も備えています。

E14/E15とも注文時にシステム構成のカスタマイズができますが、ここでは「素の状態(ベースモデルの状態)」のE15/69,652円のモデルのスペック表を掲載しました。

CPUのRyzen 3 5300UはZen 2アーキテクチャながらビジネス用としては十分なパフォーマンスを発揮できると思います(Ryzenの4000番台、5000番台はかなり性能が高いですよ!)。RAMとストレージは8GB/256GBという構成が標準で、このままでも当座は容量不足には陥らないと思いますが、予算が許すようならRAMは16GBにしておいてもいいかもしれません。あと、レノボはSSDの料金が割高なので、腕に覚えのある人はDIYで増設・換装するほうがいいかも。

私はもともとEシリーズのコストパフォーマンスを非常に高く評価しています。価格が低くとも使用感は「まさにThinkPad」ですから、他社製品と比較してすごく割安とまでは言えないものの、品質面から見た価格は激安だと思っています。

Lenovo製品ページ:
ThinkPad E14 Gen 3(AMD)
ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)

ウインタブ実機レビュー:
Lenovo ThinkPad E14 Gen 3(AMD)の実機レビュー - 据え置きメインでときどきモバイル!な使い方に向く14インチノート。使いやすさ抜群!
Lenovo ThinkPad E15 Gen 3 (AMD)の実機レビュー - 15.6インチ、スタンダードサイズのThinkPad。抜群の使いやすさでバリューな価格も魅力!

ThinkPadシリーズの価格情報はこちらをご覧ください
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad)

3.ThinkBook 14s Yoga

Lenovo ThinkBook 14s Yoga
セール価格:税込み79,970円(最大53%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・税込み79,970円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-1135G7
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 320 x 216 x 16.9 mm / 1.5 kg

この製品、先週のセール情報記事でもご紹介しましたが、今週さらに5,000円ほど値引き幅が拡大しました。安くなっている理由はおそらく「OSがWindows 10だから」だと思います。ThinkBook 14s YogaはWindows 11搭載モデルも併売されていますので、要するにWindows 10モデルの在庫を一掃したいということでしょうね。こちらとしてもOSアップグレードを自分でやるだけで大幅に安くなるのなら文句はありません。

…しかし、第11世代のCore i5にタッチ液晶でペンも付属する「IdeaPadシリーズよりも格上(ウインタブの意見)」なコンバーチブル2 in 1が7万円台というのは激安と言っていいでしょう。この製品も2022年モデルが海外発表されていますが、ここまで安ければ納得です。というか、2022年モデルは(発売後すぐには)この価格では買えないでしょう。

Lenovo製品ページ:
ThinkBook 14s Yoga

ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkBook 14s Yoga - ThinkBookシリーズ初のコンバーチブル2 in 1、Tiger Lakeを搭載し、本体内蔵式のスタイラスペンも付属します

ThinkBookシリーズの価格情報はこちらをご覧ください
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkBook)

4.IdeaPad Slim 550/550i(15)

Lenovo IdeaPad Slim 550i 15
セール価格:
 550(AMD):58,212円(最大46%OFF)
 550i(Intel):55,600円から(最大40%OFF)

※税込み価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・550i・55,600円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i3-1115G4
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:356.7 x 233.1 x 17.9 mm / 1.66 kg~

「Slim 550」というのはクラムシェルノート(普通のノートPC)で、14インチと15.6インチがありますが、ここでは15.6インチ版の「Slim 550(15, AMD)/ Slim 550i(15, Intel)」をご紹介します。

発売から1年以上を経過していますが、型番を変更することなくシステム構成が新しくなっていて、CPUにはRyzen 5000番台/第11世代Coreを搭載します。なお、OSに関しては多くのモデルでWindows 11に変更されていますが、一部Windows 10のままのモデルもあります(ご自身でアップグレードできます)。

スペック表を掲載した55,600円のモデル、CPUはCore i3でRAMは8GB、ストレージは256GB、そしてディスプレイも視野角の広いIPS液晶と、普段使いでは不足のないシステム構成になっています。ちなみに、AMDモデルだとRyzen 3/RAM8GB/256GB SSDという構成で58,212円となります。

Core i3/Ryzen 3とも、ExcelやWordなどのOfficeソフトを使う上で性能面に不足はありませんし、簡単な動画編集などもこなせます。ビジネス用としても学習用としても、リビングルームに置く共用PCとしても十分な性能になっていると思います。また、テンキーのつく15.6インチモデルながら重量も1.66 kgと軽量なので、ちょくちょく外に持ち出して使うこともできます。

IdeaPadシリーズはウインタブでも過去に何度か実機レビューをしていて、パソコンとしての基本性能は十分と言えますが、「筐体ちょっと安っぽい」とか「ディスプレイの発色性能がイマイチ」といった不満はありました。しかし、Core i3/Ryzen 3のノートPCが5万円台で買えるということなら納得できますね。

レノボ製品ページ:
IdeaPad Slim 550 (15, AMD)
IdeaPad Slim 550i (15, Intel)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i - 14インチ/15.6インチの超ハイコスパノート。スペックも素晴らしいです
※Intel版の記事です。セール品とはOSやCPUの構成が異なります

IdeaPadシリーズの価格情報はこちらをご覧ください
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

5.関連リンク

プレミアムセール!:Lenovo
新生活応援キャンペーン:Lenovo
【2022年3月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

スポンサーリンク