IdeaPad Slim 350 14 (AMD)がなんと3万円!限定クーポンでThinkPadキーボードが50%オフ!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトのセール情報です。今週のレノボは「新生活セール」を開催中です(2月10日まで)。この記事を書く前にノートPCの割引率をチェックしましたが、ThinkPadシリーズについてはほとんど動きがなく、IdeaPadシリーズで割引率が拡大しているものが見られました。ただし、正確には「割引率の大きい低価格帯のバリエーションモデルの在庫状況が好転(復活)したので、その製品の(在庫ありモデルの中での)最大割引率が拡大したように見える」ということです。

スポンサーリンク

レノボのセールページはこちらです。
新生活セール:Lenovo

また、ウインタブではこの記事とは別に、ノートPCの割引率・最低価格の一覧をまとめています。こちらも合わせてご覧ください。
【2022年2月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

では、セール品の一部をピックアップしてご紹介します。冒頭に書いたとおり、今週はIdeaPadシリーズの低価格帯モデルの在庫状況が改善されたので、それが狙い目かと。

1.キーボードの限定クーポン

クーポンの内容

クーポンコード:JPAF0207
対象商品:下記記載のキーボード 14製品(最大50%OFF)
クーポン有効期間:2022年2月5日(土)・2月6日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、ここからコピペしてお使い下さい。

対象製品

ThinkPad トラックポイント・キーボード - 英語
ThinkPad トラックポイント・キーボード – 日本語 (0B47208)
※セール価格: 税込み4,950円(50%OFF)
ThinkPad トラックポイント・キーボード – 英語 (0B47190)
※セール価格: 税込み4,950円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード – 日本語 (4X30H56862)
※セール価格: 税込み2,750円(50%OFF)
Lenovo USB数値キーパッド 2(4Y40R38905)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語(4X30M39480)
※セール価格: 税込み3,025円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 英語(4X30M39458)
※セール価格: 税込み3,025円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード – 英語(4X30H56841)
※セール価格: 税込み2,750円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語(4X30H56817)
※セール価格: 税込み4,400円(50%OFF)
Lenovo Legion K500 RGB メカニカルゲーミングキーボード(GY40V42771)
※セール価格: 税込み10,560円(20%OFF)
Lenovo Legion K300 RGB ゲーミングキーボード(GY40Y57721)
※セール価格: 税込み4,400円(20%OFF)
Lenovo エッセンシャル USBキーボード(英語)(4Y41C68642)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル USBキーボード(日本語)(4Y41C68663)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)
Lenovo プリファードプロ II USBキーボード – 日本語(4X30M86901)
※セール価格: 税込み2,200円(50%OFF)
Lenovo プリファードプロ II USBキーボード – 英語(4X30M86879)
※セール価格: 税込み2,200円(50%OFF)

レノボが一部のサイト限定で配布しているクーポン、今週はキーボードが対象です。ウインタブ読者から人気なのがThinkPad トラックポイント・キーボードですね。ThinkPad(ノートPC)とほぼ同じ仕様になっていて、テンキーレスのコンパクトタイプ、中央の赤いデベソ(トラックポイント)もついていますので、マウスいらずで使えます。ThinkPadがビジネスマンから高い評価を受けている理由の1つに「キーボードの使いやすさ」というのがありますが、それを外付けキーボードで体験できる、というのが大きな魅力です。

あとは主にテンキー付きのデスクトップ用キーボードがメインになっています。ここのところ人気のミニPCと組み合わせて使うのもいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

2.IdeaPad Slim 550i(15)

Lenovo IdeaPad Slim 550i 15
セール価格:59,290円から(最大50%OFF)
※税込み価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・67,100円モデル
OS:Windows 11 Home
CPU:Core i5-1135G7
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:356.7 x 233.1 x 17.9 mm / 1.66 kg~

「爆安ノートPC」のIdeaPadシリーズ、2021年は在庫状況が不安定で、特に「各モデルの下位バリエーション」に在庫切れが目立ちました。2022年にこの傾向がどのくらい改善されるのかはわかりませんが、今週は在庫状況が好転しているように思われます。

このIdeaPad Slim 550i(15.6インチ)は発売から1年以上を経過していますが、適宜システム構成が更新されていて、OSはWindows 11ですし、CPUも第11世代Coreになっています。スペック表を掲載した67,100円のモデルは最低価格のモデルの「ひとつ上」で、CPUはCore i5、RAMは8GB、ストレージは256GB、そしてディスプレイも視野角の広いIPS液晶と、普段使いでは不足のないシステム構成になっています。最低価格の59,290円のモデルだとCPUがCore i3となり、これでも仕事用とか学習用には悪くありませんが、Core i5モデルにすると内蔵GPUもIris Xeになりますので、グラフィック性能が大きく向上しますし、Core i3モデルとの価格差も比較的小さいので、個人的にこの製品を購入するならCore i5モデルのほうがいいかな、と思います。

IdeaPadシリーズはウインタブでも過去に何度か実機レビューをしています。パフォーマンスに関してはスペック表記載の数値(型番)を裏切りません。一方で筐体が「微妙に安っぽい」とか「ディスプレイの発色性能がイマイチ」とかの不満は確かにあります。しかし「価格は文句なし」です。この構成にしてこの価格なので、多少の不満には目をつぶれると思います。メインで使える性能のノートPCを探している人にはおすすめですね。

レノボ製品ページ:
IdeaPad Slim 550i (15, Intel)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i - 14インチ/15.6インチの超ハイコスパノート。スペックも素晴らしいです
※セール品とはOSやCPUの構成が異なります

IdeaPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2022年2月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

3.IdeaPad Slim 350(14)

Lenovo Ideapad Slim 350 AMD
セール価格:税込み30,745円(最大57%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・税込み30,745円モデル
OS:Windows 11 Home(Sモード)
CPU:AMD 3020e
RAM:4GB
ストレージ:128GB SSD
ディスプレイ:14インチTN(1,366 x 768)
サイズ: 327.1 x 241 x 19.9 mm / 1.5 kg

IdeaPad Slim 350(14)は14インチサイズの(ちょっと重いけど)モバイル利用もできるノートPCです。よりスペックの高い上位構成のバリエーションモデルもありますが、ここでは「価格が壊れている」最低価格のモデルをご紹介します。CPUのAMD 3020eはPassmarkスコアが2,480と、ウインタブで「まあ使えるCPU」と評価しているCeleron N4120(Passmarkスコア2,494)とほぼ同じくらいの性能なので、比較的軽めの作業であれば十分こなせると思います。RAMは4GB、ストレージは128GB SSD、ディスプレイもTN液晶・HD解像度と、それほどいい構成とは言えませんが、価格を思えば納得です。

ウインタブ読者のメインPCとしてはおすすめしにくいものの、14インチでCeleron N4120搭載機並の性能、そして中華PC並の安さでレノボ製品が購入できるわけですから、サブ機として購入するのも悪くないと思います。また、短納期(最短翌日出荷)なので、「とにかく安く、早くPCを手に入れたい!」という人にもいいんじゃないでしょうか。

Lenovo製品ページ:
IdeaPad Slim 350 14(AMD)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Slim 350i / IdeaPad Slim 350 14 - Ice Lake/第3世代Ryzen Mobile搭載の14インチスリムノート。価格もお手頃です

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2022年2月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

4.IdeaPad Duet 560 Chromebook

Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook
セール価格:68,334円(最大11%OFF)から
※税込み価格
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの例・68,334円モデル
OS:Chrome OS
CPU:Celeron 6305
RAM:4GB
ストレージ:64GB eMMC
ディスプレイ:13.3インチOLED(1,920 × 1,080)
サイズ:
 タブレット:305.86×186.74×7.23mm/700 g
 キーボード込み:305.93×192.63×15.83mm/1.2kg

デタッチャブル2 in 1タイプのChromebookのニューモデルです。先日紹介記事を掲載し、注目を浴びたハイスペックなAndroidタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」は残念ながら在庫切れになっていますが、Google PlayのAndroidアプリ(特にゲーム)を重視せず、仕事用としても使うのであれば、このIdeaPad Duet 560 Chromebookもおすすめです。

この製品はCPUが2種類あり、スペック表を掲載した68,334円モデルはCeleron 6305を、74,052円のモデルはSnapdragon 7c Gen2を搭載しています(こちらはストレージも128GBです)。どちらもウインタブでは搭載機をテストしたことがないのですが、どちらも「エントリークラス」という位置づけです。またRAMも4GBなので、そんなにハイスペックとは言えません。個人的にはGoogle PlayのAndroidアプリに関してはARM CPUであるSnapdragon 7c Gen2のほうが快適に動くとは思います。

IdeaPad Duet 560 Chromebookのセールスポイントは「ディスプレイ」です。13.3インチの有機ELで、色域も100% DCI-P3なので、非常に鮮やかで美しい表示が楽しめると思います。デタッチャブル2 in 1なので、もちろんタブレット形態でも使えますから、動画視聴なども楽しめそうです。また、キーボードとペン(USI規格・筆圧対応します)も付属しますので、ビジネスやイラスト制作(CLIP STUDIO PAINTがChrome OSに対応します)にも使えます。ただし、ペン入力性能に関しては、CPU性能やRAM容量の関係で、どのくらい快適なのかはなんとも言えません。

セール価格のほう、割引率が非常に小さいですが、これでも一応、徐々に割引が拡大してはいます。最近有機ELディスプレイ搭載の他社PCをよくレビューしているのですが、「やっぱキレイ!」です。

レノボ製品ページ:
IdeaPad Duet 560 Chromebook

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook - CPUにSnapdragon 7c Gen2を、ディスプレイに有機ELを搭載する2 in 1タイプのChromebook
※Celeronモデルについては記載がありません

IdeaPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2022年2月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

5.関連リンク

新生活セール:Lenovo
【2022年2月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

スポンサーリンク

コメント

  1. やすだ より:

    いつも情報ありがとうございます。
    前からセールを待っていた「ThinkPad トラックポイント キーボード II – 日本語」も安かったのでこちらのページのリンクより購入しました。コードを入れると送料込み¥12,879でした。

    • wintab より:

      えー!それは知りませんでした。クーポンのリストになかったのですが…。これが一番のセール情報だったのかも。

  2. 匿名 より:

    こうやって並べるとChromebookがスペック見てもかなり高く感じる。

    • wintab より:

      そうですね。このChromebookはディスプレイが相当凝っているので、動画視聴とかに向く製品だと思います。我々どうしてもCPUの型番を最初に見てしまいますから…。