予算10万円でThinkPad E14/E15がハイスペックマシンに!Chromebookもお買い得です!Lenovo クーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad E15 Gen 2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトの週末セール情報です。今週のレノボは「ハイスペック PC 特集!」を開催中で、RAM16GBのPCがピックアップされています(特別なクーポンなどは出ていないようです)。

スポンサーリンク

レノボのセールページはこちらです。
ハイスペック PC 特集!:Lenovo

IdeaPadブランドのChromebookを対象に、最大5,500円OFFとなる専用クーポンも発行されていて、通常のセール価格からさらに上乗せで割引が受けられます。こちらは10月3日で終了になってしまいますので、Chromebookを購入予定の人はご注意ください。
Chromebook 最大5,500円OFF:Lenovo

ウインタブではこの記事とは別に、ノートPCの割引率・最低価格の一覧をまとめています。こちらも合わせてご覧ください。
【2021年10月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

では、セール品の一部をピックアップしてご紹介します。

1.キーボードの限定クーポン

クーポンの内容

クーポンコード:JPAF1004
対象商品:下記記載のキーボード 14製品(最大50%OFF)
クーポン有効期間:2021年10月2日(土)・10月3日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、ここからコピペしてお使い下さい。

対象製品

ThinkPad トラックポイント・キーボード - 英語
ThinkPad トラックポイント・キーボード – 日本語 (0B47208)
※セール価格: 税込み4,950円(50%OFF)
ThinkPad トラックポイント・キーボード – 英語 (0B47190)
※セール価格: 税込み4,950円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード – 日本語 (4X30H56862)
※セール価格: 税込み2,750円(50%OFF)
Lenovo USB数値キーパッド 2(4Y40R38905)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語(4X30M39480)
※セール価格: 税込み3,025円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 英語(4X30M39458)
※セール価格: 税込み3,025円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード – 英語(4X30H56841)
※セール価格: 税込み2,750円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語(4X30H56817)
※セール価格: 税込み4,400円(50%OFF)
Lenovo Legion K500 RGB メカニカルゲーミングキーボード(GY40V42771)
※セール価格: 税込み10,560円(20%OFF)
Lenovo Legion K300 RGB ゲーミングキーボード(GY40Y57721)
※セール価格: 税込み4,400円(20%OFF)
Lenovo エッセンシャル USBキーボード(英語)(4Y41C68642)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル USBキーボード(日本語)(4Y41C68663)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)
Lenovo プリファードプロ II USBキーボード – 日本語(4X30M86901)
※セール価格: 税込み2,200円(50%OFF)
Lenovo プリファードプロ II USBキーボード – 英語(4X30M86879)
※セール価格: 税込み2,200円(50%OFF)

レノボが一部のサイト限定で配布しているクーポン、今週は人気アイテム、キーボードが対象です。先週の限定クーポンもキーボードが対象でしたから、珍しく2週連続で同じアイテム、ということになります。対象製品も先週から2つ増えました(下の2つ、プリファードプロⅡという製品です)。

読者から人気があり、またウインタブとしてもおすすめなのがThinkPadキーボードですね。ThinkPad(ノートPC)とほぼ同じ仕様になっていて、テンキーレスのコンパクトタイプ、とても使いやすい製品です。

あと、最近、というかここ1年ほど、自宅でお仕事をされる人が増えていると思います。ミニPCを購入したり、外付けのモニターを使っている人も少なくないと思いますが、そのような人にも今回のセール品はおすすめです。1,000円台から購入できますので、予備用として、あるいは気分転換用としてもいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

2.ThinkPad E14/E15 Gen2

Lenovo ThinkPad E14 Gen2 / E15 Gen2(Intel)
セール価格(E14 Gen2):税込み70,785円(最大50%OFF)から
セール価格(E15 Gen2):税込み70,785円(最大49%OFF)から

※クーポンコードはセールページに記載されています

●カスタマイズ例・E15・108,295円
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-1135G7
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:365 x 240 x 18.9mm / 1.7 kg~
※94,380円のベースモデルをカスタマイズ

ThinkPadシリーズの中でもコストパフォーマンスが高いEシリーズ、現行モデルには「Gen2」と「Gen3」がありますが、Gen2が旧型、というわけではありません。搭載するCPUがIntelなのがGen2、AMDなのがGen3で、筐体は同じです。E14が14インチ、E15が15.6インチで、今回は自宅や事務所などでじっくり使うのに向くE15のほうのスペック表を掲載してみました。

注文時に細かくカスタマイズができるのがThinkPadのいいところ。スペック表を掲載した108,295円のモデルは、94,380円のモデルをベースに私の好みに合わせて試算したものです。

・RAMを8GBから16GBに
・ストレージを256GBから512GBに
・ディスプレイをタッチ対応に
・Wi-Fi6対応に
・GeForce MX350を「なし」に

というカスタマイズ内容になっています。一点だけ補足させていただくと、私は「CPUが第11世代(Tiger Lake)のCore i5/Core i7の場合、GeForce MXシリーズは不要」と考えています。Tiger LakeのCore i5/Core i7が内蔵するIris Xeは内蔵GPUとしては非常に性能が高く、Iris Xeを搭載している場合は「GeForce GTX/RTXシリーズでないとあまり意味がない」と思っていますので、MX350をなしにして、そのぶんRAMとストレージにお金をかけるほうがいい、と判断しました。それと、ディスプレイはタッチ対応するほうがいいと思うんですよね。

もちろんこれは私の主観なので、皆さん思い思いのカスタマイズをされるといいと思います。

ThinkPadのいいところは「めちゃめちゃ頑丈」「キーボードはおそらくノートPCとしては最高の使いやすさ」「代を重ねても外観がほとんど変わらない(ので愛着が湧く)」などが挙げられます。一方で「ちょっと大きい」「デザインが無骨」といったマイナス面もないわけではありません。このE15 Gen2も15.6インチノートとしてサイズは少し大きめですが、重量1.7 kgというのは、同クラスのスタンダードノートと比較しても軽いほう、と言えます。なので、ちょくちょく外に持ち出して使うようなこともできると思います。

私が試算した構成、10万円をちょっとオーバーしてしまいましたが、この構成であれば、そしてThinkPadの筐体であれば、5年くらいは十分に戦力になってくれると思います。

Lenovo製品ページ:
ThinkPad E14 Gen2 (Intel)
ThinkPad E15 Gen2 (Intel)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkPad E14 Gen2 / E15 Gen2(Intel)- ThinkPadシリーズにもTiger Lakeが!購入しやすい価格のEシリーズが大きくパワーアップ!

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2021年10月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad)

3.IdeaPad Slim 560i Pro(16)

Lenovo IdeaPad Slim 560i Pro
セール価格:85,624円(最大44%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・107,184円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-1165G7
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:14インチIPS(2,240 x 1,400)
サイズ:312.2x221x15.99mm(最薄部) / 1.38kg

「超ハイコスパ」で定評のあるIdeaPadシリーズですが、今週は在庫切れが目立ち、納期も長期化する傾向が見られます。この560i ProはIdeaPadシリーズとしてはハイエンドクラスのモバイルノートで、ほとんどのバリエーションモデルが短納期になっていたので、ピックアップしてみました。

スペック表を掲載したモデル、「IdeaPadで10万円」と聞くと高く感じるかもしれませんが、スペックは非常に高いのがご理解いただけると思います。CPUやRAM、ストレージの構成だけでなく、IdeaPadシリーズのウイークポイントと言えるディスプレイの品質も高くなっています。解像度が一般的なノートPCよりもワンランク上ですし、アスペクト比(画面の縦横比)も16:10と「いまどきの仕様(一般的なノートPCよりもやや縦方向に長い)」です。

それと、サイズ感も悪くないですね。薄型で14インチノートとしてはタテ・ヨコサイズも小さめ(ただし、ディスプレイ形状の関係で短辺は少し大きめです)ですし、重量1.38 kgというのもモバイル利用に適していると思います。

IdeaPad Slim 560i Proは他社であれば上位クラスのスペックの製品と言えますので、「その割にはすごく安い」と言っていいでしょう。

Lenovo製品ページ:
IdeaPad Slim 560i Pro

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2021年10月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(IdeaPad)

4.Lenovo 14e Chromebook Gen 2

Lenovo 14e Chromebook Gen 2
セール価格:税込み47,740円(最大40%OFF)
※クーポンは製品ページに記載されています。
※この製品はChromebook専用クーポンの対象ではありません。

●スペック
OS:Windows 10 Home
CPU:AMD 3015Ce
RAM:8GB
ストレージ:64GB eMMC
ディスプレイ:14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:325x223x17.7mm / 1.45 kg

「LenovoのLenovoブランド」のChromebookです。つい昨日、この製品とCPU/RAM/ストレージ/ディスプレイサイズが同等のASUS Chromebook Flip CM1という製品の実機レビューを掲載したところです。なので、この製品の性能はおおよそイメージができます。特にCPUのAMD 3015CeはChrome OSを動かす上で十分な実力があると判断できました。

ASUSのChromebook Flip CM1との大きな違いは「CM1はコンバーチブル2 in 1、14eはクラムシェルノート」という点ですね。でも14eもディスプレイはタッチ対応しますし、クラムシェル形態であるぶん筐体重量も軽いです。そしてなにより「安い」です。

また、この製品は頑丈です。もともと教育市場向けということになっていますので、MIL規格準拠の堅牢性を備えています。もちろん「お子さんが使っても安心」ということなんでしょうけど、筐体が頑丈で困る大人もいないでしょうから、この点も大きなメリットだと思います。

強くおすすめできる製品ではありますが、一点だけご注意を。14e固有の問題とは言えませんが、搭載CPUのAMD 3015CeはChrome OSを動かす上では不満を感じないものの、Google Playのゲームアプリとはあまり相性がよくありません。このことはAMDを含むIntel系CPUを搭載するChromebook全般に言えることで、バリバリゲームをやるのだ!という人には向かないと思います。

Lenovo製品ページ:
Lenovo 14e Chromebook Gen 2(AMD)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo 14e Chromebook Gen 2(AMD) - 14インチでタッチ液晶搭載、リーズナブルな価格のChromebook

Lenovoシリーズの割引率一覧はこちらです。
【2021年10月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(Lenovo)

5.関連リンク

ハイスペック PC 特集!:Lenovo
【2021年10月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

スポンサーリンク