ThinkPad X1 Foldに「あの」ThinkPadトラックポイントキーボード IIがセットになって、しかも安い!Lenovoクーポン、セール情報


こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボのセール情報です。レノボでは現在「プレミアムウィークセール」を開催中(6月3日まで)で、専用クーポンも用意され、一部の製品が通常よりも安く購入できます。ThinkPadシリーズに関しては割引率そのものに大きな変化は見られませんでしたが、最新モデルのX1 Fold、X1 Nano、X1 Yogaにお得なセットが設定されています。これらのセットではモニターやキーボードなどとの同時購入になりますので、ニーズのある人にはお買い得と言えます。

スポンサーリンク

プレミアムウィークセールはこちらです。
プレミアムウィークセール:Lenovo

また、ウインタブではこの記事とは別に、製品別の割引率一覧を作成しています。こちらもあわせてご覧ください。
【2021年5月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

では、おすすめ製品を一部ご紹介します。万人向けとは言い難いものの、珍しくX1 Foldがお買い得ですよ!

1.ドッキングデバイス限定クーポン

Lenovoが一部のサイトに配布している限定クーポンです。毎週特定のジャンルの周辺機器が大幅な割引になります。

クーポンの概要

クーポンコード:JPAF0531
対象製品:下記のドッキングデバイス5種(40%OFF)
有効期間:2021年5月29日(土)・5月30日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、この記事からコピペしてお使い下さい。

対象デバイス

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2

ThinkPad ハイブリッド USB Type-C/USB Type-A ドック
 →税込み17,820円(40%OFF)

ThinkPad ウルトラ ドッキングステーション
 →税込み19,140円(40%OFF)

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2
 →税込み23,100円(40%OFF)

ThinkPad USB Type-C ドック 2
 →税込み15,840円(40%OFF)

ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック 2 – 230W
 →税込み24,420円(40%OFF)

ThinkPad純正のドッキングステーションです。ただし、ThinkPadなら全部適応するというわけではなく、特にサイドコネクターが装備されている前提の製品もありますので、製品ページをよくご確認され、ご自身のThinkPadに対応しているものを選ぶようにしてください。ウインタブはLenovo純正のドッキングステーションを持っておらず、特におすすめ製品というのをご案内できませんが、これらのデバイスを使えばThinkPadの拡張性が大幅に強化されるのは間違いないと思います。

2.ThinkPad X1 Fold

Lenovo ThinkPad X1 Fold
セール価格:294,700円(税込み)から(最大30%OFF)
※お買い得3点 安心セットの価格です
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・お買い得3点 安心セット(294,700円)
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-L16G7
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:13.3インチOLED(2,048 × 1,536)
サイズ: 
 299.4 x 236 x 11.5 mm(ランドスケープモード時)
 158.2 x 236 x 27.8 mm(折りたたみ時)
重量:
 タブレット本体:973g~
 キーボード:178 g
セット品:
・1年間 プレミア サポート+引き取り修理
・ThinkPad トラックポイント キーボード II – 日本語

マニア向け臭が漂う「折りたたみ式PC」です。昨年10月に発売され、セール価格がほとんど変化することなく推移していましたが、今回の「プレミアムウィーク」で「3点セット」が大きな割引率となり、単品で買うよりも安くなっています(単品だと341,440円。ただし注意事項あり)。

で、注意事項というのが「3点セットにはThinkPadトラックポイントキーボード Ⅱが付属するかわりに、標準で付属するミニキーボードが付属しない」という点です。トラックポイント キーボード IIは大人気の周辺機器で、まだセール対象になっていない(僅かな割引はあります)ので、非常に魅力的ではあるのですが、携帯性はミニキーボードのほうが上です。なので、ここは考えどころでしょう。

さて、X1 Fold本体ですが、ここであれこれご説明するよりも実機レビュー記事を読んで頂くのが早いかと思います。「世の中になかったThinkPad」ですから、100点満点とはいえないものの、ガジェット好きには「持つ喜び」を与えてくれる逸品です。その意味では「少し安いとかはあんまり関係ないから」と言われそうですが、チャンスを待っていた人もいると思いますし、プレミアムウィークが終了してしまえば3点セットの設定もなくなると思いますので、じっくりご検討ください。

スポンサーリンク

Lenovo製品ページ:
ThinkPad X1 Fold

ウインタブ実機レビュー:
Lenovo ThinkPad X1 Foldの実機レビュー - 世界初の画面折りたたみパソコンはいろいろスゴかった!

3.ThinkPad X1 Nano

Lenovo ThinkPad X1 Nano
セール価格:税込み177,980円(最大39%OFF)から
※クーポンは製品ページに記載されています。

スペック例・税込み177,980円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-1130G7
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:13インチIPS(2,160 × 1,350)
サイズ:292.8 x 207.7 x 13.87 mm / 907 g~

毎週このセール情報記事を読んでくださっている人には申し訳ないのですが、やはり今私がレノボ製品をピックアップすると、どうしてもこのX1 Nanoが入ります。なので、毎週のように掲載してしまいます。先日実機レビューをさせてもらいまして、私自身「よし買おう!」ということになってますんで…。

CPUは第11世代(Tiger Lake)ながらUP4と呼ばれる超省電力タイプです。ノートPCに一般的に使われているUP3、Core i5-1135G7やCore i7-1165G7よりも若干パフォーマンスが落ちると言われていますが、レビューした感想としては「ほぼ差はなし」でした。なので普通にCore i5、Core i7の性能はあります。また、ディスプレイも一般的なモバイルノートよりも高精細ですし、アスペクト比も16:10と、若干縦方向に長くなっています。ディスプレイ品質に関しても、私の感想だと「文句なし、というか素晴らしい!」でしたね。

そして、なんと言ってもサイズ。ThinkPad品質の使い勝手と頑丈さを維持しつつ、重量わずか907 g!「ThinkPadでこの軽さ」ならもう、欠点なし!と叫びたくなる感じです。価格のほうも先々週くらいから一段安になっていますので、いまが狙い目かと。

Lenovo製品ページ:
ThinkPad X1 Nano

ウインタブ実機レビュー:
Lenovo ThinkPad X1 Nanoの実機レビュー - これは絶賛!超軽量で高性能なThinkPadモバイルノート

4.IdeaPad Slim 550/550i(14)

Lenovo IdeaPad Slim 550/550i
セール価格(550i, Intel):税込み62,403円(最大46%OFF)から
セール価格(550, AMD):税込み56,144円(最大50%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・550・税込み56,144円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 3 5300U
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ:321.6 x 211.6 x 17.9 mm / 1.45 kg~

レノボの中でも「バリューというか激安」な製品ブランドがIdeaPadシリーズです。この記事では14インチサイズの550/550iをご紹介します。「550」はCPUにAMD Ryzenを、「550i」はIntel Core iを搭載していて、それ以外のスペックはほとんど同じです。

550/550iは以前、4万円台という価格帯のバリエーションモデルが存在していましたので、その意味では、そんなに安くないように見えます。しかし、ひっそりとスペックが新しくなっていて、Ryzenは第4世代(5000番台)、Core iは第11世代(Tiger Lake)に切り替わっています。

また、以前の最低価格帯のバリエーションモデルが「RAM4GB/128GB SSD」という容量で、長く付き合っていくには少し心もとない仕様だったのに対し、現状だと最低価格のものでも「RAM8GB/256GB SSD」という容量になっていますので、低価格帯が大好きなウインタブでも安心して「最低価格のモデルでも十分使えます」と言える構成になりました。

特におすすめしたいのがスペック表を掲載した、Ryzen 3 5300Uを搭載する56,144円のモデルですね。Ryzen 3 5300UはPassmarkが公表しているベンチマークスコアが(サンプル数が僅かに1なので、信頼性は低いですが)10,642と、「笑っちゃうくらいに高い」です。ちなみに第11世代のCore i5-1135G7のスコアが10,083なので、ほぼ互角と言えますし、そもそもノートPC用のCPUでPassmarkスコア1万点越えというのは「極めて高い」と言えます。

これだけの性能であれば、オンラインゲームとか特殊な業務用ソフトウェアを除けば、ほぼストレスなく使えるでしょう。ゆえに、個人的にはRyzen 3モデルでいいだろうと思います。あと、RAM16GB/512GB SSDにしたいのであればRyzen 7モデルを選ぶ、という手もあるでしょうね(それでも税込み91,476円です)。

ウインタブではこの製品を実機レビューしていませんが、過去のIdeaPadシリーズの実機レビュー経験に照らせば、筐体の質感が他社の上位モデルよりも若干低めであるとか、ディスプレイの発色性能がやや劣るといったウイークポイントはあると思います。しかし、それを踏まえてもこのセール価格は「異常に安い」です。低予算で、そしてスペック重視でノートPCを選ばれるのなら有力候補になるでしょう。重量はちょっと重いですが、モバイルノートとして十分機能できるサイズ感だと思います。

Lenovoへのリンク:
 IdeaPad Slim 550i(14, Intel)
 IdeaPad Slim 550 (14, AMD)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Slim 550 / 550i - 14インチ/15.6インチの超ハイコスパノート。スペックも素晴らしいです
※セール品とはCPUの型番が異なります

5.関連リンク

プレミアムウィークセール:Lenovo
【2021年5月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

スポンサーリンク