【Lenovoセール情報】最新ハイエンドゲーミングノート、Legion 760が最大45%オフ!マウスの限定クーポンあります

Lenovo IdeaPad Flex 550
レノボ直販サイトのセール情報です。現在レノボでは「スタートダッシュセール(4月22日まで)」を開催中です。ただ、レノボ直販サイトでは製品ごとの「クーポン割引」が常態化しています(クーポンコードは製品ページに記載されていますので、探す必要はありません)ので、セール名というのはそれほど重要ではありません。

スポンサーリンク

ウインタブではこの記事と別に、主要なノートパソコンのクーポン割引率と最低価格を一覧表にまとめていますので、価格のチェックはこちらをご覧ください。

【2021年4月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

今のレノボで「最注目」なのはThinkPadシリーズのニューモデル、特にXシリーズ、X1シリーズだと思いますが、それは上記の一覧ページでチェックしていただくとして、今回はThinkPad以外の注目モデルを一部ご紹介したいと思います。

1.マウスの限定クーポン

Lenovoが一部のサイト限定で配布しているクーポンです。週末の2日間のみが有効期限で、今週は「マウス」が対象です。なお、このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、購入の際はこの記事に記載しているクーポンコードをコピペしてお使いください。

概要

Lenovo Legion M500 RGB ゲーミングマウス

Lenovo Legion M500 RGB ゲーミングマウス

クーポンコード: JPAF0419
対象製品: 下記のマウス9種類
割引率: 最大50%OFF
有効期間: 2021年4月17日(土)・4月18日(日)の2日間限定
※このクーポンはレノボ直販サイトには掲載されていませんので、こちらからコピーしてお使い下さい。

対象製品

Lenovo USB エッセンシャルマウス(4Y50R20863):825円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス マウス(4Y50R20864):1,375円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス レーザーマウス (4X30H56886):1,980円(40%OFF)
ThinkBook メディア ワイヤレスマウス(4Y50V81591):2,200円(50%OFF)
ThinkPad X1 プレゼンターマウス(4Y50U45359):5,940円(40%OFF)
ThinkPad エッセンシャル ワイヤレス マウス(4X30M56887):1,375円(50%OFF)
ThinkPad Bluetooth サイレントマウス(4Y50X88822):3,080円(30%OFF)
Lenovo Legion M300 RGB ゲーミングマウス(GY50X79384):2,695円(30%OFF)
Lenovo Legion M500 RGB ゲーミングマウス(GY50T26468):5,005円(30%OFF)
※税込み価格

レノボが一部のサイトに限定配布しているクーポンです。だいたい月に1回くらいの割合でマウスが限定クーポン対象になりますが、今週はセール品が増え、ゲーミングマウスも安く買えるようになりました。ウインタブ読者なら、すでに複数のマウスをお持ちなんじゃないかと思いますが、マウスって価格が安い割にパソコンの使用感を大きく左右する重要な周辺機器ですし、新しいマウスにすると気分転換になったりもしますので、この機会に「もう一つ」マウスのコレクションを増やしてみてはいかがでしょう?

2.ThinkBook 15p

Lenovo ThinkBook 15p
セール価格:税込み106,964円(最大48%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・税込み124,960円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1650Ti Max-Q
RAM:16GB
ストレージ:512GB SSD
ディスプレイ:15.6インチIPS(1,920 x 1,080)
サイズ: 359×249.5×19.9mm / 1.99 kg

バリーションモデルが増え、ブランドイメージが確立した感のある「もうひとつのThink」ThinkBookシリーズですが、やはりThinkPadの存在感が強烈すぎることもあって、今ひとつ目立ちませんね。

今回ご紹介するThinkBook 15pは「クリエイター向け」のノートパソコンです。とは言え、ThinkBookシリーズはもともとビジネスノートのブランドなので、パソコンのスペックにこだわりたいビジネスマンや学生さんにもおすすめですね。

スポンサーリンク

CPUとGPUは「ゲーミング仕様」です。ゲームをしなくてはいけないという意味ではなく、オンラインゲームも十分プレイできるだけの性能がある、という意味です。CPUのCore i7-10750HはCore i7の中でも高性能な型番ですし、外部GPUのGeForce GTX1650Ti Max-Qはゲーミングノートにも使われていて、高いグラフィック性能を誇ります。ゲームや動画編集、高度な画像加工はもちろん、「パワポ(PowerPoint)職人」も実力を十分に発揮できそうです。

筐体はゲーミングノートのような派手さはありません。というかビジネスシーン向けのデザインになっています。まあ「ちょっとカッコいい15.6インチのスタンダードノート」という感じですね。使う場所、使う人を選びません。価格のほうも「10万円ちょっと」からと、Core i7-10750H/GeForce GTX1650Tiを搭載するハイスペックマシンとしてはかなりお買い得な水準になっています。「パソコン一台でいろんな用途をまかないたい」という人にピッタリの製品だと思います。

●Lenovo製品ページ:
ThinkBook 15p

●ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkBook 15p

3.Legion 760

Lenovo Legion 760
セール価格:税込み221,131円(最大45%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペック例・税込み256,709円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 9 5900HX
GPU:GeForce RTX 3080
RAM:32GB
ストレージ:1TB SSD
ディスプレイ:16インチIPS(2,560 x 1,600)165Hz
サイズ: 356×261.8×20.1~23.5mm / 2.5 kg

Legionの最新モデルです。日本発売のプレスリリースが出ていなかったように思われますが、しっかり発売されていました。Legionシリーズのフラッグシップモデルと言えるスペックで、CPUにはAMD Ryzenを搭載しています。

スペック表を掲載した256,709円のモデルですが、ゲーミングノートとしてハイエンドなスペックであることは間違いありません。CPUはRyzen 9 5900HXで、Passmarkが公表しているベンチマークスコアは23,861と、もはやノートパソコン用のCPUとは思えないモンスター級の性能です。GPUは当然のようにGeRorce RTX3080と、こちらも最上位型番、RAMは32GB積んでいます。

さらにディスプレイは16インチのアスペクト比16:10で、一般的なFHD(1,920 × 1,080)よりも高精細、リフレッシュレートも165 Hzです。大会出場レベルの人だともう一息リフレッシュレートが高いほうがいいのかもしれませんが、ほとんどのゲーマーには納得の品質と言えるでしょう。

筐体も各所でライティング可能、キーボードはLenovoいわく「ヘアトリガースピードで対戦相手を叩く」品質です(軽いタッチ、ということらしいですが、よくわからんですね…)。

そして価格です。スペック表掲載のモデルは256,709円で、パソコンに支払うお金としては安くありませんが、スペックから見た価格という点では激安と言っていいんじゃないでしょうか?腕のいいゲーマーにおすすめしたい、高性能で、その割にコスパの良いゲーミングノートです。

●Lenovo製品ページ:
Legion 760

4.IdeaPad Flex 550/550i(14)

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
セール価格(550・AMD):税込み63,602円(最大52%OFF)から
セール価格(550i・Intel):税込み56,430円(最大49%OFF)から
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・550・税込み63,602円モデル
OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 5500U
RAM:8GB
ストレージ:256GB SSD
ディスプレイ:14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ:321.5 x 217.5 x 17.9 mm(最薄部)/ 1.5 kg

先週まで低価格グレードが軒並み在庫切れとなっていたIdeaPadシリーズですが、今週は状況が好転しています。そして、このIdeaPad Flex 550シリーズのAMDモデル「(型番にiがつかない)550」のCPUをご覧ください。

Ryzenの5000番台です!Ryzenの5000番台はゲーミングパソコン用のもの(高TDP版、末尾H)が先行して製品化されていましたが、省電力版(型番末尾U)のRyzenもようやく搭載機が出始めました。それがこの「超ハイコスパマシン」であるIdeaPad Flex 550、というのはある意味感動的です。

ここではAMD版の税込み63,602円モデルのスペック表を掲載しています。Ryzen 5 5500Uの高いパフォーマンスに加え、タブレットモードやテントモードなど、フレキシブルに筐体を変形できるコンバーチブル2 in 1筐体で、筆圧対応のペン入力も可能です(ペンも付属します)。

ウインタブではIntel版(550i)の実機レビューをしています。全体的に期待を裏切らない品質でしたが、少し厳しいことを言うと、ディスプレイの発色性能がイマイチであったこと、筐体の質感が他社のハイエンド機よりも少々見劣りすること、そしてモバイルPCと考えた場合に重量がちょっと重いかな、と感じられたことが指摘できます。

しかしまあ、Intel CoreやAMD Ryzenを搭載するコンバーチブル2 in 1で、ここまで安ければ多少のことには目をつぶってもいいでしょう。できるだけ安価にハイスペックなノートPC(コンバーチブル2 in 1)を、ということなら、このIdeaPad Flexはおすすめです。

●Lenovo製品ページ:
IdeaPad Flex 550i(14)
IdeaPad Flex 550(14, AMD)

●ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14) - 最新CPUを搭載し、従来モデルよりもひと回り小さくなったコンバーチブル2 in 1、コスパも非常に高いです
※紹介記事のRyzenモデルのCPUはセール品と異なります

●ウインタブ実機レビュー:
Lenovo IdeaPad Flex 550(14)の実機レビュー -「超ハイコスパ」な14インチコンバーチブル2 in 1。使いやすく、ハイエンド機並みのパフォーマンスです!

5.関連リンク

スタートダッシュセール:Lenovo
スタートダッシュ大抽選会:Lenovo
【2021年4月】レノボ(Lenovo)ノートパソコンのクーポン情報・セール価格の一覧(ThinkPad・IdeaPadなど)

スポンサーリンク