ThinkPad E14とE15は割引率が大きくて短納期対応です!IdeaPad Flex 550のコスパもすごい!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad X1 Titanium Yoga
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトのセール情報です。そう言えばここのところ半導体の供給逼迫が話題に上っていますね。特にGPUのGeForce RTX30シリーズがマイニング需要の高まりによって、デスクトップPC用は軒並み売り切れになってしまっているようです。この記事で取り上げている「レノボのノートPC」ということですと、「特にそのせい」で配送期間が長期化しているという感じではありませんが、レノボは昨年から特にRyzen搭載PCで在庫がかなり薄く、欠品が目立っています。

また、ThinkPadシリーズに関しても第11世代CPU搭載のニューモデルは「4週間」とか「6週間以上」と表示されているものが目立ちます。レノボ直販サイトでは製品ページに配送期間の目安が記載されていますし、ものによっては短納期モデルもありますので、購入の際は納期についてよく確認されることをおすすめします。まあ、ThinkPadはほとんどのモデルで注文時のカスタマイズに対応していることもあり、もともと「1カ月位かかる」ことが多いんですけどね。

この記事とは別に、レノボのノートPCの割引率と最低価格を一覧にしたものを作成しています。モデルごとのおおよその価格帯がわかると思いますので、こちらもぜひご確認下さい。

レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【2月20日更新】

では、セール品を一部ご紹介します。

1.ドッキングデバイス限定クーポン

Lenovoが一部のサイトに配布している限定クーポンです。毎週特定のジャンルの周辺機器が大幅な割引になります。

クーポンの概要

クーポンコード: JPAF0222
対象製品: 下記のドッキングデバイス6種(40%OFF)
有効期間:2021年2月20日(土)・2月21日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、この記事からコピペしてお使い下さい。

対象デバイス

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2

ThinkPad ハイブリッド USB Type-C/USB Type-A ドック
 →税込み17,820円(40%OFF)

ThinkPad ウルトラ ドッキングステーション
 →税込み19,140円(40%OFF)

ThinkPad プロ ドッキングステーション
 →税込み15,840円(40%OFF)

ThinkPad Thunderbolt 3 ドック 2
 →税込み23,100円(40%OFF)

ThinkPad USB Type-C ドック 2
 →税込み15,840円(40%OFF)

ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック 2 – 230W
 →税込み24,420円(40%OFF)

ThinkPad純正のドッキングステーションですが、製品ページをよくご確認され、ご自身のThinkPadに対応しているものを選ぶようにしてください。ウインタブはLenovo純正のドッキングステーションを持っておらず、特におすすめ製品というのはありませんが、これを使えばThinkPadの拡張性が大幅に強化されるのは間違いないと思います。

2.ThinkPad X1 Titanium

Lenovo ThinkPad X1 Titanium
セール価格: 税込み229,680円(最大28%OFF)から
※クーポンコードはセールページに記載されています

●スペックの一例・税込み275,616円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-1160G7
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 13.5インチIPS(2,256 x 1,504)
サイズ: 297.5 x 232.7 x 11.5 mm / 1.15kg~

ThinkPad X1シリーズのニューモデルです。「ThinkPad史上最薄の筐体」を謳う、非常にコンパクトなコンバーチブル2 in 1で、スペックも最新かつ非常に高くなっています。そして、ThinkPadシリーズとしては珍しくチタン製で「黒くない(タイタニウムシルバー)」のが特徴です。

薄くて軽くてパワフル、さらにディスプレイも高精細と、ThinkPadファンならずとも欲しくなってしまう製品ですが、さすがにお値段のほうもなかなかのもの…。納期も4週間以上と長め(まあ、ThinkPadなので「こんなもん」と言えなくもないです)ですが、購入すれば長く戦力になってくれるモバイルPCだと思います。

Lenovoへのリンク:
ThinkPad X1 Titanium

ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkPad X1 Titanium - 13.5インチで厚さ11.9 mm、重さ1.15 kgと素晴らしいサイズ感の高性能コンバーチブル2 in 1

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【2月20日更新】

3.ThinkPad E14/E15

Lenovo ThinkPad E15
セール価格(E14): 税込み58,850円(最大58%OFF)から
セール価格(E15): 税込み62,700円(最大57%OFF)から

※クーポンコードはセールページに記載されています

●スペックの一例・E14・税込み58,850円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-10110U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 325 x 232 x 17.9 mm / 1.73 kg

最近セール情報記事でよく取り上げている、ThinkPadシリーズの中でも購入しやすい価格のE14(14インチ)とE15(15.6インチ)です。Eシリーズはちょっと複雑で、「E14/E15(第10世代Intel)」「E14 Gen2/E15 Gen2(第11世代Intel)」「E14 Gen2/E15 Gen2(第3世代Ryzen)」と、3つのラインがありますが、ここで紹介するE14とE15は「旧モデル」です。CPUが第10世代Coreですし、筐体サイズも「Gen2」よりも若干大きめです。

E14とE15はディスプレイサイズ以外のシステムスペックがほぼ共通で、半据え置き型として自宅や事務所などでじっくり作業したい、という場合はディスプレイサイズが大きく、キーボードにテンキーを備えるE15がおすすめ、たまに外出先に持ち出して使うような想定であれば、筐体サイズが小さくてやや軽量なE14がおすすめです。

スペック表を掲載したE14の58,850円のモデルはCore i3擁護派のウインタブとしては申し分のない構成だと思います。そして、この構成でこの価格、というのはもはやThinkPadの値段じゃないですね。これなら他社のコスパの高いノートPCと比較しても遜色がありません。

この製品、モデル末期ということもあり、注文時に構成のカスタマイズが出来ません。しかし、そのかわりThinkPadとしては珍しく「短納期(最短 2-3 営業日出荷)」です。テレワークなどの事情で早くPCを手に入れたいという人のニーズにも応えられますね。

Lenovoへのリンク:
ThinkPad E14
ThinkPad E15

ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkPad E14 / ThinkPad E15 - サイズが一回り小さくなった、ThinkPad Eシリーズのニューモデル。第10世代Core iプロセッサー搭載です

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【2月20日更新】

4.IdeaPad S540(15, Intel)

Lenovo IdeaPad S540 (15)
セール価格: 税込み52,470円(最大50%OFF)から
※クーポンコードはセールページに記載されています

●スペックの一例・税込み62,700円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 358 x 245 x 16.9 mm / 1.8 kg

15.6インチスタンダードノートで、特にニューモデルでもなく、2019年モデルです。IdeaPadシリーズはもともと「価格破壊系」の製品ですが、このS540もご多分に漏れず激安です。

第10世代(Comet Lake)Core搭載の製品ですが、最低価格の52,470円のモデルはCore i3なのはいいとして、RAMが4GBと少なく、あまりおすすめできません。おすすめしたいのはスペック表を掲載した62,700円か、その上位のモデルですね。これならビジネス用、学習用として、テレワーク用として十分な性能になっていると思います。

レノボは税込み表示をしていますが、62,700円のモデルを他社サイトと同様に税抜き表示すれば57,000円となり、Core i5搭載スタンダードノートとしては最安値クラスとなります。

Lenovoへのリンク:
IdeaPad S540 (15, Intel)

ウインタブ実機レビュー:
Lenovo IdeaPad S540(15) レビュー - ビジネスにもエンターテインメントにも使える、高バランスな15.6インチ(実機レビュー:ひつじ)

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【2月20日更新】

5.IdeaPad Flex 550/550i

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
セール価格(550・AMD): 税込み54,340円から(最大55%OFF)
セール価格(550i・Intel): 税込み54,340円から(最大52%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・550・税込み72,380円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 7 4700U
RAM: 16GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 321.5 x 217.5 x 17.9 mm(最薄部)/ 1.5 kg

14インチのコンバーチブル2 in 1で、製品名が「iのつかない、ただの550」がAMD Ryzen、「550i」がIntel Core iをCPUに搭載します。先日ウインタブでも実機レビューしています。上でご紹介したS540と同じく、価格破壊シリーズと言えるIdeaPadシリーズに属し、こちらはS540とは異なり「まあ最新」と言っていいモデルです。

最低価格だと税込みで5万円台ですが、ここではAMD版の税込み72,380円モデルのスペック表を掲載しています。非ゲーミング・非クリエイターノートとしてはハイエンドと言っていいでしょう。また、CPUやRAM、ストレージ構成がいいだけでなく、コンバーチブル2 in 1筐体を生かして筆圧対応(ワコム)のペン入力も可能です(ペンも付属します)。

実機レビューをしてみて、パフォーマンス面では期待を裏切らない性能を見せてくれたと思います。少し厳しいことを言うと、ディスプレイの発色性能がイマイチであったこと、筐体の質感が他社のハイエンド機よりも少々見劣りすること、そしてモバイルPCと考えた場合に重量がちょっと重いかな、と感じられたことが指摘できます。

まあ、ここまで安ければ多少のことには目をつぶれます。できるだけ安価にハイスペックなノートPC(コンバーチブル2 in 1)を、ということなら、このIdeaPad Flexはおすすめです。

Lenovoへのリンク:
IdeaPad Flex 550i(14)
IdeaPad Flex 550(14, AMD)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14) - 最新CPUを搭載し、従来モデルよりもひと回り小さくなったコンバーチブル2in 1、コスパも非常に高いです

ウインタブ実機レビュー:
Lenovo IdeaPad Flex 550(14)の実機レビュー -「超ハイコスパ」な14インチコンバーチブル2 in 1。使いやすく、ハイエンド機並みのパフォーマンスです!

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【2月20日更新】

6.関連リンク

フレッシャーズ大抽選会、開催中:Lenovo
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【2月20日更新】

スポンサーリンク