Tiger Lake搭載のニューモデル、ThinkPad E14 Gen2/E15 Gen2が最大48%OFF!久しぶりにキーボードの限定クーポンあります!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo ThinkPad E14 Gen2(Intel)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトのセール情報です。直近、いくつかのニューモデルが発売されましたが、いよいよThinkPadシリーズに第11世代CPUを搭載するニューモデルが登場しました!ThinkPad Eシリーズから、「E14 Gen2/E15 Gen2」が発売されています。価格のほうもいきなり最大48%OFFと、購入しやすいお値段になっていますよ!

スポンサーリンク

また、今週の限定クーポンは久しぶりに「キーボード」が対象です。こちらも見逃せません!

1.キーボードの限定クーポン

クーポンの内容

クーポンコード:  JPAF1116
対象商品: 下記記載のキーボード 8製品(最大50%OFF)
クーポン有効期間: 2020年11月14日(土)・11月15日(日)の2日間限定
※このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、ここからコピペしてお使い下さい。

対象製品

ThinkPad トラックポイント・キーボード - 英語
ThinkPad トラックポイント・キーボード – 日本語 (0B47208)
※セール価格: 税込み4,950円(50%OFF)

ThinkPad トラックポイント・キーボード – 英語 (0B47190)
※セール価格: 税込み4,950円(50%OFF)

Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード – 日本語 (4X30H56862)
※セール価格: 税込み2,750円(50%OFF)

Lenovo USB数値キーパッド 2(4Y40R38905)
※セール価格: 税込み1,650円(50%OFF)

Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語(4X30M39480)
※セール価格: 税込み3,025円(50%OFF)

Lenovo エッセンシャル ワイヤレス キーボード&マウス – 英語(4X30M39458)
※セール価格: 税込み3,025円(50%OFF)

Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード – 英語(4X30H56841)
※セール価格: 税込み2,750円(50%OFF)

Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス キーボード&マウス – 日本語(4X30H56817)
※セール価格: 税込み4,400円(50%OFF)

久しぶりにThinkPadキーボードが限定クーポン対象になりました。残念ながら「トラックポイント キーボード II」ではなく、従来モデルの有線タイプとなりますが、「II」は依然として定価販売(税込み15,950円)なので、もうしばらくはセール対象になりそうもないです。

ただ、従来モデルのほうも品質には定評があり、50%OFFで購入できる機会もめっきり減っていますので、その意味では「大チャンス」と言えます。

それ以外にも多くのキーボードが50%OFFで購入ができます。多くはテンキーのついたデスクトップPC用となりますが、キーボードはPCの使用感を大きく左右する周辺機器だけに、「いま使っているのがイマイチ」と感じる人はこの機会にPC環境をリフレッシュしてみてもいいかもしれませんね。

2.ThinkPad E14 Gen2 /E15 Gen2(Intel)

Lenovo ThinkPad E15 Gen2(Intel)

ThinkPad E15 Gen2(Intel)

セール価格(E14 Gen2): 67,496円(税込み)から(最大48%OFF)
セール価格(E15 Gen2): 71,500円(税込み)から(最大48%OFF)

※クーポンコードはセールページに記載されています

●カスタマイズ例・E15 Gen2・税込み74,932円
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-1115G4
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 365 x 240 x 18.9 mm / 1.7 kg
※71,500円モデルのRAMを4GBから8GBに変更

えー、11月13日に発売され、まだ紹介記事も掲載していないThinkPadシリーズのニューモデルです。E14 Gen2とE15 Gen2という製品はもともと存在していましたが、CPUがAMD Ryzenです。しかもここ1カ月ほどは「在庫切れ」が続いていて、この記事を書いている11月14日現在も在庫切れです。

そんな中、CPUに第11世代(Tiger Lake)のCoreプロセッサーを搭載する「Gen2」が登場しました。で、またまた話がややこしくなるのですが、Intel CPUを搭載するE14/E15というのもありまして、こちらはCPUに第10世代(Comet Lake)のCoreプロセッサーを搭載しています。また、このE14/E15は「Gen2」よりもほんの少し筐体が大柄になっています。

整理すると、Intel版のE14 Gen2とE15 Gen2は筐体サイズがAMD版のGen2と同じで、表面上はCPUが違うだけ、ということになります(ただし、Intel版のGen2のみThunderbolt4に対応するなど、他にも少し相違点はあります)。

スポンサーリンク

ということで、いよいよThinkPadシリーズにも第11世代CPUが搭載され始めました!この後ThinkPadシリーズは続々と第11世代CPUに切り替わっていくものと思われます。

さて、EシリーズはThinkPadの中でも比較的購入しやすい価格のスタンダードノートで、最低価格だと6万円台、7万円台から購入が可能です。また、ThinkPadらしく注文時に構成のカスタマイズも可能です。今回は15.6インチのE15 Gen2の最低価格のモデル(71,500円)を少しカスタマイズして試算してみました。と言っても、最低価格モデルでも「割と十分」な構成になっていまして、唯一「RAMが4GB」というのが気に食わなかったので、8GBに変更しただけです。これで税込み74,932円でした。個人的にはこのスペックで十分ビジネス用、学習用に使えると思います。ThinkPadの15.6インチのニューモデルが7万円台、というのがうれしいですよね!

E14は14インチ、E15は15.6インチで、「スタンダードノート」と呼ぶべきサイズ感かと思います。また、E14はキーボードにテンキーがなく、E15にはテンキーがある、といった違いもありますので、半据え置き型で使うビジネスマシン、ということならE15が、モバイルノートほどではないが、外出先に持ち出す機会が割と多い、ということならE14がいいのでは?と思います。価格面ではそれほど大きな差もありませんしね。

Lenovoへのリンク:
ThinkPad E14 Gen 2 (Intel)
ThinkPad E15 Gen 2 (Intel)

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【11月14日更新】

3.Legion Y540(15)

Lenovo Legion Y540(15)
セール価格: 79,702円(税込み)から(最大50%OFF)
※Legion祭りのEクーポン「MATSURI0115」を使用

●スペックの一例・79,702円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-9300H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 360 x 267 x 24.2(最薄部)mm / 2.3 kg

Legionの2019年モデルです。個人的にはこの記事で最大の目玉かと思います。ゲーミングブランド「Legion」の15.6インチノートには「550Pi」と「750i」という2020年モデルがありますので、このY540は旧モデルということが言えます。実際CPUの世代も第10世代ではなく第9世代ですし。

しかし、価格を見てください。税込みで8万円を切っています!とてもゲーミングノートの価格とは思えません。繰り返しになりますが、CPUこそ第9世代のCore i5-9300Hになるものの、GPUはGTX1650ですし、ストレージも512GBあり、さらにディスプレイのリフレッシュレートは144 Hzです。唯一RAMが8GBというのが少し不安ですが、私がプレイしているゲームに関しては8GBでも問題なく動作します。また、このモデルはRAMの空きスロットが1つありますので、あとあと増設することも出来ます。

カジュアルゲーマーとかゲーム初心者の人ならこのスペックでも十分ゲームが楽しめると思いますし、上級者は上級者なりにゲームの設定を調整できると思いますので、やはりゲームプレイは楽しめるでしょう。また、この価格であれば必ずしも「ゲーミングノート」であることを強く意識するまでもなく、普通に高性能なスタンダードノートとして購入するのもいいかと思います。

Y540はデザインも独創的で、はっきり言ってカッコいいですし、特に旧モデル、と考えなくてもいいんじゃないかとも思いますね。個人的にはひさびさに「壊れた価格のセール品」が出てきたなあ、と感じました。

Lenovoへのリンク:
Legion Y540(15)
ウインタブ実機レビュー:
Lenovo Legion Y540(15インチ)レビュー - デザインが美しい上にコスパも良好。スペックも「ど真ん中」なゲーミングノート!(実機レビュー)

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【11月14日更新】

4.Yoga 750i 14

Lenovo Yoga 750i 14
セール価格: 87,333円(税込み)から(最大47%OFF)
※クーポンコードはセールページに記載されています

●スペックの一例・87,333円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-1135G7
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 320.4×214.6×15.7mm(最薄部) / 1.43 kg

LenovoでYogaと言えばもともとは「ヒンジが360度回転するコンバーチブル2 in 1」を指していたのですが、最近は普通のクラムシェルノートでも「Yoga」を名乗っていたりして、ちょっと混乱してしまいます。この製品は「YogaらしいYoga」、つまりコンバーチブル2 in 1です。

私だけかもしれませんが、最近のYogaブランドに対するイメージは「IdeaPadシリーズよりもちょっと高級なパーソナルノート」というものです。IdeaPadシリーズは「屈指の激安ブランド」と言えますが、Yogaシリーズはそれよりもワンランク価格が上で、でも十分リーズナブル、そしてスピーカー品質とか筐体デザインに高級感があるものが多いです。

この750iもそれに当てはまると思います。スペック表を掲載した87,333円のモデルは第11世代(Tiger Lake)のCore i5を搭載し、薄型で美しいデザインになっています。また、ペン入力(おそらくワコムだと思います)も可能で、ペンも同梱されます。コンバーチブル2 in 1筐体ですから、タブレットモードにしてイラストやマンガの制作にもいいと思いますね。

Lenovoへのリンク:
Yoga 750i(14)
ウインタブ紹介記事:
Lenovo Yoga 750i 14 - 第11世代(Tiger Lake)Coreプロセッサー搭載、スリムな14インチコンバーチブル2 in 1

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【11月14日更新】

5.関連リンク

ボーナスセール:Lenovo
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【11月14日更新】

スポンサーリンク