ThinkPadの13.3インチ、X13 Gen1が最大で50%オフです!ゲーミングノート、Legionのニューモデルもお買い得!Lenovoクーポン、セール情報

ThinkPad X13/X13 Yoga
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。レノボ直販サイトの週末セール情報です。レノボでは「ボーナスセール(7月30日まで)」を開催中で、抽選で555名に商品券が当たる大抽選会なども開催中です。
ボーナスセール:Lenovo

スポンサーリンク

また、「短納期パソコンセール」というのもやってます。どちらかというと旧モデルの在庫一掃を兼ねている感じですが、ThinkPadシリーズは世代間のデザイン差も小さいので旧モデルでもあまり気になりませんし、急いでパソコンを入手する必要がある人にはうれしいセールと言えますね。
短納期パソコンセール!:Lenovo

ThinkPadシリーズの2020年モデルは先週、先々週に割引率が拡大し、今週はその割引率が維持されている感じです。LegionやIdeaPad、Yogaに関しては大きな動きはありませんが、次第に欠品が増えているような印象を受けました。

ウインタブでは、このセール情報記事とは別に、製品別の割引率一覧ページをご用意しています。今週は割引率も拡大していて、意中のモデルも安くなっている可能性がありますので、こちらでしっかりチェックしてみてください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月18日更新】

1.マウスの限定クーポン

ThinkPad X1 プレゼンターマウス

ThinkPad X1 プレゼンターマウス

Lenovoが一部のサイト限定で配布しているクーポンです。週末の2日間のみが有効期限で、今週は「マウス」が対象です。なお、このクーポンはLenovo直販サイトには記載がありませんので、購入の際はこの記事に記載しているクーポンコードをコピペしてお使いください。

概要

クーポンコード: JPAF0719
対象製品: 下記に記載するマウス8種類
割引率: 最大50%OFF
有効期間: 2020年7月18日(土)・7月19日(日)の2日間限定

対象製品

Lenovo USB エッセンシャルマウス(4Y50R20863):825円(50%OFF)
Lenovo ワイヤレス・レーザーマウス(0A36188):2,035円(50%OFF)
Lenovo エッセンシャル ワイヤレス マウス(4Y50R20864):1,375円(50%OFF)
Lenovo プロフェッショナル ワイヤレス レーザーマウス (4X30H56886):1,980円(40%OFF)
ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス (0A36407):2,530円(50%OFF)
ThinkBook メディア ワイヤレスマウス(4Y50V81591):2,200円(50%OFF)
ThinkPad X1 プレゼンターマウス(4Y50U45359):5,940円(40%OFF)
ThinkPad エッセンシャル ワイヤレス マウス(4X30M56887):1,375円(50%OFF)
※税込み価格

レノボの純正マウスが最大50%OFFで購入できます。最安値だと825円と、家電量販店のワゴンセール並みの価格ですね。必見なのがウインタブでも紹介記事を書かせていただいた「ThinkPad X1 プレゼンターマウス」。単なるマウスじゃなくて「マウスとバーチャルレーザーポインター」の機能を併せ持つ製品です。40%OFFでもそれなりの価格にはなりますが、お仕事などでプレゼンする機会が多いという人にはうれしい製品だと思います。

あと、「ThinkBook メディア ワイヤレスマウス」にも注目です。人間工学に基づくパームレスト付きのデザインで、従来のレノボ純正マウスとは一味違っています。いろんなマウスがありますので、じっくりチェックしてみて下さい!

2.ThinkPad X1 Carbon Gen 8


セール価格: 160,952円(税込み)から(最大38%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・税込み192,324円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-10510U
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(2,560 × 1,440)
サイズ: 323 x 217 x 14.95 mm / 1.09 kg~

まずはThinkPadモバイルのフラッグシップモデル、X1 Carbonから。購入予算の制約がないのなら、ThinkPadの購入を考えている人にとって最有力候補になるんじゃないでしょうか。かくいう私もX1 Carbonは欲しいですね。

14インチで重量わずか1.09 kgの薄型筐体は、やや大きめ、やや重めのThinkPadシリーズとしては珍しい存在と言えますが、さすがにトップモデル、性能面や筐体品質に妥協はありません。ThinkPadの筐体品質を維持しつつ1.09 kgというのは普通のモバイルノートなら「重量500 gにする」くらいの快挙だと思います(ウソです)。

今回は私が勝手に「メインPC購入の心理的抵抗線」と考える、「20万円」を念頭に置きつつスペック例を掲載してみました。第10世代のCore i7にRAM8GB/ストレージ512GB、そしてディスプレイは一般的なFHD(1,920 × 1,080)よりもワンランク高精細な2,560 × 1,440となっています。「RAMを16GBにしたい」と言うならカスタマイズで対応可能です。試算してみたら200,508円になりました。

X1 Carbonは標準でWi-Fi6に対応し、LTEモジュールも追加可能、その他細かい部分をあちこち変更することができますので、例えば「キーボードを英語配列に」とか「ストレージは256GBで我慢するからRAMを16GBに」などと、予算を守りつつ(往々にして守れませんが…)少しでも好みの構成に近づけていく、という楽しみもありますね。

まあ、やっぱりほしいのはコレ!かな、と。

Lenovoへのリンク:
 ThinkPad X1 Carbon Gen 8
ウインタブ紹介記事:
 Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 8 - ThinkPadモバイルのフラッグシップ機がニューモデルに!キープコンセプトながら、「やっぱり欲しい!」
ウインタブ実機レビュー(2019モデル):
 Lenovo ThinkPad X1 Carbon (2019) レビュー - なにこれ軽い!でも安心のThinkPadクオリティ。これがThinkPadのフラッグシップ・モバイルノート!(実機レビュー)

スポンサーリンク

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月18日更新】

3.ThinkPad X13 Gen1 / X13 Gen1 AMD

ThinkPad X13/X13 Yoga
セール価格(X13): 98,450円(税込み)から(最大50%OFF)
セール価格(X13 AMD): 96,228円(税込み)から(最大46%OFF)

※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・X13・税込み98,450円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-10110U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 311.9 x 217 x 16.5 mm / 1.33kg~

●スペックの一例・X13 AMD・税込み96,228円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 3 PRO 4450U
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 311.9 x 217 x 16.9 mm / 1.33kg

こちらは13.3インチと王道サイズのモバイルノートですね。Intel CPUとAMD CPUを選べます。上にご紹介したX1 CarbonもこのX13も、ここ1~2週間ほどの間に割引率が拡大しました。13.3インチのThinkPadモバイルノート、というのはある意味貴重(他にはL13というモデルがあるくらいです)なので、最低価格が10万円を切っているというのはうれしいところ。

ということで、最低価格のスペック表を掲載してみました。このままでも使えるとは思いますが、人によって「あちこち足りない」と感じるかもしれません。ウインタブだと「ディスプレイをIPS液晶のFHD解像度にしたい」というのがあります。また、「ストレージをもっと大きくしたい」とか「Core i5あるいはRyzen 5にしたい」とか、まあ「もう少し手を入れたい」という人が多いんじゃないでしょうか。

少し確認してみました。Intel版とAMD版、少しだけAMD版のほうが安くなってはいるのですが、カスタマイズ料金とカスタマイズ項目が一部違うんですよね。例えばディスプレイですが、標準のTN液晶をIPS液晶のFHDに変更する場合、Intel版は6,600円(割引後3,300円)なのにAMD版は11,000円(割引後5,940円)なんです。また、Intel版はLTEモジュール追加が可能ですが、AMD版は7月18日時点で追加ができなくなっています。

ということで、あらかじめIntel CPUとAMD CPUのどちらにするか決まっている人は別として、よりお買い得なほうにしたい、という人は、製品ページのカスタマイズ画面でいろいろ試算してみる必要がありますね。ただし、同一の筐体でCPUの選択肢が広い、というのは歓迎すべきことですし、カスタマイズ画面をあれこれいじってみるのはある意味「幸せな時間」だと思いますので、ぜひお試しください。

Lenovoへのリンク:
 ThinkPad X13 Gen 1
 ThinkPad X13 Gen 1 (AMD)
ウインタブ紹介記事:
 Lenovo ThinkPad X13 Gen 1 / X13 Yoga Gen 1 - ThinkPadシリーズの13.3インチ「王道」モバイルノートが最新スペックで登場!

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月18日更新】

4.Legion 550Pi

Lenovo Legion 550Pi
セール価格: 94,912円(税込み)から(最大47%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・税込み160,908円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10750H
GPU: GeForce RTX2060(6GB)
RAM: 16GB
ストレージ: 1TB SSD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)144 Hz
サイズ: 363.1 x 259.6 x 23.6 mm / 2.3 kg

ゲーミングノートのLegionの最新モデルです。上位に750iという型番もありますが、今回はより購入しやすい価格帯の550Piのほうをご紹介します。エントリー~中位くらいのスペックで、最低価格94,912円のモデルでもカジュアルゲーマーなら十分な性能だと思います。ただ、現状550Piは注文時に構成のカスタマイズができませんので、よりよいゲーム環境で腕を磨きたい、という場合にはもう少し上位のモデルにしたほうがいいかな、と思います。

スペック表を掲載した160,908円のモデル(税抜き表示だと146,280円となります)をご覧ください。CPUは第10世代(Comet Lake-H)のCore i7、GPUはリアルタイムレイトレーシング対応のGeForce RTX2060、RAMは16GB、ストレージは1TBと、とりあえずカスタマイズ不要のシステム構成です。またディスプレイのリフレッシュレートも144 Hzですし、おそらくゲーミングノートとしてもっとも「売れ筋」になりそうなスペックと言えます。ストレージが1TBというのも同等クラスの他社製品と比較してアドバンテージだと思います(他社製品だと標準構成で512GBというのが多いと思います)。

このCPUとGPUの組み合わせ、またストレージが1TBであるということまで考慮すると、昨年なら20万円コースだったと思います。現在でも税込みで20万円弱くらいはするんじゃないでしょうか。なので、550Piの価格はかなり割安感があります。Wi-Fi6であるとか、Harman/Kardon製のスピーカーであるとか、周辺装備も充実し、独特の筐体デザインも非常にカッコいいです。

Lenovoへのリンク:
 Legion 550Pi(15)
ウインタブ紹介記事:
 Lenovo Legion 550Pi - 15.6インチ、ゲーミングブランド「Legion」のエントリーモデルが一段とカッコよく、一段とハイコスパになりました!

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月18日更新】

5.IdeaPad S540 (15)

Lenovo IdeaPad S540 (15)
セール価格: 62,700円(税込み)から(最大50%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています
※短納期(最短1~2週間)

●スペックの一例・税込み87,450円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-10510U
RAM: 12GB
ストレージ: 1TB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 358 × 245 × 16.9 mm / 1.8 kg

格安にして高性能なスタンダードノートです。IdeaPadの15.6インチというのはThinkPadシリーズに比べて目立ちませんし、ウインタブでもあまり取り上げる機会がありません。しかし、この製品はウインタブで実機レビューをしていて、期待以上の品質であると評価しています。

最低価格の62,700円モデルでもCPUはCore i5-10210U/RAM8GB/256GB SSDという構成なので、ビジネス用、家庭用に不足のない性能です。なのでおすすめではあるんですが、今回は「ちょっといいやつ」のスペック表を掲載してみました。87,450円(税抜き表示だと79,500円)という価格でCore i7-10510U/RAM12GB/1TB SSDと、オンラインゲームをしないのならノートPCとしてほぼ最高と言える構成です。特にストレージ1TB SSDというのが大きいですね。いやね、個人的には「ゲームしないんなら1TBもいらんがな」って思うんですけど、1TB SSDって結構値が張りますんで…。

ディスプレイはIPS液晶のFHD解像度と高品質で、金属筐体の質感も良好です。特定のメーカーとか特定のブランドにこだわりがなく、コスパのいいハイスペックPCをお探しの人におすすめですね。

Lenovoへのリンク:
 Ideapad S540 (15)
ウインタブ実機レビュー:
 Lenovo IdeaPad S540(15) レビュー - ビジネスにもエンターテインメントにも使える、高バランスな15.6インチ(実機レビュー:ひつじ)

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月18日更新】

6.関連リンク

ボーナスセール:Lenovo
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月18日更新】

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    このサイトでは FLEX 550 は取り上げないのですか?今夏の 2in1 の中では他社を含めてもコスパでトップクラスだと思うのですが

    • 匿名 より:

      っと、執筆中だったのかお早い対応だったのか。7/7の発売から即売り切れて、そんな記事は無かったのにと思って書き込みました。あとは納期が安定してくれれば手が出るんですけどねえ

      • wintab より:

        はい、クーポン一覧ページには記載済みだったのですが、ピックアップして記事にするのは間に合いませんでした。