Ryzen搭載のモバイルノート、ThinkPad X395が8万円台から!EARLY SUMMER SALEでゲーミングPCがさらにお買い得に!Lenovoクーポン、セール情報

Lenovo IdeaPad Slim 150
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボ直販サイトのセール情報です。今週は通常クーポンの割引率には大きな変化がなかったものの、新しいキャンペーンがスタートしています。「EARLY SUMMER SALE(6月30日まで)」という名称で、対象となるのがゲーミングPCのLegionシリーズとIdeaPad S540ゲーミングエディションです。対象製品を購入すると「セール価格からさらに5,500円の上乗せ割引」が受けられます。
EARLY SUMMER SALE:Lenovo

スポンサーリンク

実際に専用のEクーポンを入力して価格を確認してみましたが、専用Eクーポンを使う場合、製品ページにあるクーポンコードは入力不要でした。つまり、専用Eクーポンの入力だけで「製品ページ記載のセール価格から5,500円安く」なります。対象製品(ゲーミングPC)を購入される場合はお見逃しなく!

レノボのノートPCについては、製品ごとに割引率が異なりますので、この記事の掲載前にほぼ全機種の割引率をチェックし、一覧ページを作っています。特にThinkPadシリーズは型番が非常に多いので、チェックするのも面倒かと思いますが、こちらの一覧ページを見ていただければわかりやすいと思います。、ぜひご確認ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月16日更新】

では、今回もウインタブおすすめのお買い得品をいくつかご紹介します。

1.ThinkPad X395

Lenovo ThinkPad X395
セール価格: 88,924円(税込み)から(最大53%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・88,924円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 PRO 3200U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 311.9 x 217.2 x 16.9 mm / 1.28 kg~

ThinkPadシリーズの13.3インチモバイルノートのうち、上位モデルと言えるのがX390(Intel CPU)とX395(AMD CPU)です。この2機種は同じ筐体を使用する「兄弟機」と言えるのですが、結構大きな価格差があります。価格が安くて狙い目なのはやはりAMD CPUを搭載するX395のほうですね。

最低価格の88,924円モデルのスペックはビジネスマシンとして十分快適に使えるものになっていると思いますが、ウインタブでは「モバイルノートなら視野角の広いIPS液晶のほうが使いやすい」と考えていますので、ディスプレイのみFHD(1,920 × 1,080)解像度のIPS液晶に変更することをおすすめします。これでも92,026円ですし、IPSのタッチ液晶(FHD解像度)にしても94,094円です。ThinkPadシリーズは注文時に細かく構成をカスタマイズできるのが魅力ですが、特にディスプレイはカスタマイズ料金がかなり低く抑えられています。

毎回同じことを書いていて恐縮ですが、ビジネスに使うなら、個人的にはThinkPadが最も使いやすいと思いますし、頼れるPCだと思っています。

Lenovo製品ページ:
 ThinkPad X395
ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkPad X395 - AMD Ryzen PROを搭載する13.3インチモバイルノート、X390とどちらにするか悩みどころか?

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月16日更新】

2.IdeaPad S145 (15)

Lenovo IdeaPad S145 (15)
セール価格(AMD): 34,667円(税込み)から(最大45%OFF)
セール価格(Intel): 41,699円(税込み)から(最大48%OFF)

※クーポンコードは製品ページに記載されています
※IdeaPadシリーズではありますが、クーポンの有効期限は5月17日です

●スペックの一例・AMD版47,659円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチTN(1,920 × 1,080)
サイズ: 362.2 × 251.5 × 19.9 mm / 1.85 kg

「使えるスペックの15.6インチノートを安く買う」ならこのIdeaPad S145でしょう。スペック表を掲載している47,659円のモデルはRyzen 5とRAM8GB/ストレージ256GBという組み合わせなので、ノートPCとしては中上位クラスの実力があります。在宅でのビジネス用にもリビングルームのエンターテイメント用にも十分な性能だと思います。唯一残念なのはディスプレイがTN液晶だということですが、これも価格を考慮すれば納得できるかな、と思います。どう考えても税込みで5万円を切るノートPCのスペックじゃありません。

また、Intel版のほうはAMD版よりも少し高価になってしまいますが、それでも「Core i5-1035G1/RAM8GB/256GB SSD」という構成で58,951円と、6万円を下回っていますので、第10世代(Ice Lake)Core i5搭載機としては激安と言える水準です。

スポンサーリンク

Lenovoへのリンク:
 IdeaPad S145 (15, AMD)
 IdeaPad S145 (15)
ウインタブ紹介記事:
 Lenovo IdeaPad S145 (15) - 15.6インチノート、IntelとAMDのCPUを選べるワイドなバリエーションで手頃な価格も魅力です!

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月16日更新】

3.Legion Y7000

Lenovo Legion Y7000
セール価格: 94,809円(税込み)から(最大48%OFF)
※EARLY SUMMER SALE Eクーポンを使用した価格です

●スペックの一例・94,809円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-9300H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 512GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 360 x 267 x 24.2(最薄部)mm / 2.3 kg

LenovoのゲーミングPCブランド「Legion」シリーズのエントリーモデルです。「EARLY SUMMER SALE」の対象になっていますので、通常のセール価格からさらに5,500円安く購入ができます。スペック表を掲載している

スペック表を掲載した94,809円のモデルはエントリーゲーマーやカジュアルゲーマーに向くスペックですが、ストレージが512GBと大きめなのが魅力です。ただ、現時点でY7000は注文時のカスタマイズに対応していませんので、「できればRAMは16GBにしておきたかったなあ」とは思いますね。他社でも10万円を切る価格のゲーミングノートはありますが、それらの多くは「税抜表示」だったりします。レノボの場合価格表示が税込みなのがうれしいですね。消費税10%ですから、税抜き表示か税込み表示かで支払額がかなり違ってしまいます。

Lenovoへのリンク:
 Legion Y7000
ウインタブ実機レビュー:
Lenovo Legion Y7000 レビュー - 15.6インチで購入しやすい価格のゲーミングノート。パフォーマンス、筐体品質とも高水準なのでおすすめです!(実機レビュー)

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月16日更新】

4.Lenovo IdeaPad Slim 150

Lenovo IdeaPad Slim 150
価格: 31,482円(税込み)から(最大46%OFF)
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●スペックの一例・31,482円モデル
OS: Windows 10 Home
CPU:  AMD A4-9120E
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 288 x 200 x 18.8 mm(最薄部)/ 1.2 kg

ラストは「みんな大好き」11.6インチのエントリーノートです。性能面で多くは期待できません。「持ち出し用のサブPC」という位置づけがピッタリ来ると思います。テキストライティング中心の作業とか、作成済みの資料の手直しとか、パワーポイントを使ってのプレゼンテーションとか、使い道はかなり広いと言えます。あと、息抜きにWebブラウジングをしたり、YouTubeの動画を観たり、といった用途でも大丈夫です。

小さいながらデザインはIdeaPadシリーズらしいシンプルで美しいものになっていて、誰が使っても違和感がありません。他社競合製品との差別化ポイントは「ストレージが128GB SSD」であるという点です。3万円前後のノートPCだとストレージは64GB eMMCが普通になりますが、この製品のストレージは容量が大きくなっているだけでなく、OSやアプリの起動もeMMCと比較すると高速です。

いやあ、こういうサブPC、一台欲しいですよね!

Lenovoへのリンク:
 IdeaPad Slim 150
ウインタブ紹介記事:
 Lenovo IdeaPad Slim 150 - 11.6インチでエントリースペックのモバイルノート、気軽に持ち出せるセカンドマシンにいかが?

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月16日更新】

5.関連リンク

GoGoセール:Lenovo
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月16日更新】

スポンサーリンク