ゲーミングノートのLegion Y7000が8万円台から購入できます!Ryzen搭載のハイスペックモバイルノート、IdeaPad S540も格安!Lenovoで新たなキャンペーンがスタート!

Lenovo IdeaPad S540 (13, AMD)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているレノボの週末セール情報です。1月21日から、新たなキャンペーンがスタートしています。レノボらしく豪快な内容で「特定のモデルがセール価格からさらに最大7,700円オフ」となります。ThinkPadは非対象ですが、ゲーミングノートのLegionやスタンダードノート・モバイルノートのIdeaPadやYogaシリーズの一部が対象です。詳しくはこの後!

スポンサーリンク

レノボのノートPCについては、製品ごとに割引率が異なりますので、この記事の掲載前にほぼ全機種の割引率をチェックし、一覧ページを作っています。特にThinkPadシリーズは型番が非常に多いので、チェックするのも面倒かと思いますが、こちらの一覧ページを見ていただければ一目瞭然なので、ぜひご確認ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【1月25日更新】

1.春のPCご購入応援フェア Eクーポン

春のPCご購入応援フェア Eクーポン
1月21日から5月6日までの期間、Legion、IdeaPad、Yogaなどの製品ブランドのうち、一部の製品を対象として「通常のセール価格(クーポン価格)から、さらに最大7,700円OFF」という特別クーポンが使えます。残念ながらThinkPadは対象になりませんが、Lenovoの主力PCの多くが通常よりも安く買えます。

春のPCご購入応援フェア Eクーポン

クリックで拡大します

こちらが対象製品。なお、この画像は「Lenovo直販サイトでの購入」の場合で、家電量販店などで購入する場合は対象製品や値引き額が少し異なります。詳しくはこちらのページをご覧ください。クーポンコードも掲載されています。
春のPCご購入応援フェア:Lenovo

なお、このページに記載されているクーポンコードは、対象製品の購入時に「これだけ」入力すれば、最終価格になります(確認済み)。なので、対象製品であれば、製品ページに記載されているクーポンコードは無視しても大丈夫です。

では、今週もウインタブおすすめのPCをいくつかご紹介します。

2.ThinkPad X390 / X395

Lenovo ThinkPad X395
セール価格(X390): 99,858円から(最大49%OFF)
セール価格(X395): 88,924円から(最大53%OFF)

※クーポンコードは製品ページに記載されています

●X390・125,235円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 311.9 x 217.2 x 16.9 mm / 1.18 kg~

●X395・107,712円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 PRO 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 311.9 x 217.2 x 16.9 mm / 1.28 kg~

13.3インチというのはおそらく日本では最もメジャーなモバイルノートのサイズだと思います。でも「ThinkPadの13.3インチ」というのは意外に数が少ないです。クラムシェルノートだとここに紹介しているX390とX395以外にはL13くらいしかありません。X390とX395はThinkPadのモバイルラインでは最上位となるXシリーズに属し、ある意味「定番モデル」だったX280(12.5インチ)の後継モデルでもあります。筐体は(少なくとも外見上は)同一で、X390がIntel CPU、X395がAMD Ryzen PROを搭載します。

また、X390のほうは「ひっそりと」第10世代CPU搭載モデルが追加されました。CPUの世代が理由でX390の購入を躊躇していた人も少なくないと思いますので、「これは朗報」かもしれないです。実際、ビジネス利用であれば第8世代と第10世代の性能差ってそんなに大きくはないと思うんですけど、「気持ちの問題」もありますしね。

しかし、価格の面だけで言うとX395のほうがお買い得感は大きいです。ウインタブでは過去に何度かRyzen搭載PCの実機レビューを経験しており、Ryzenの性能の高さを実感していますので、なおさらそう感じます。

ThinkPadの上位モデルでもあり、13.3インチという「王道サイズ」の製品でもあり、週末のセール価格も魅力的なので、読者の皆さんにもおすすめしたいところです。

Lenovo製品ページ:
 ThinkPad X390
 ThinkPad X395

スポンサーリンク

ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkPad X390 レビュー - Xシリーズの「モバイルの定番サイズ」!いつも通り安心の高品質です(実機レビュー)
Lenovo ThinkPad X395 - AMD Ryzen PROを搭載する13.3インチモバイルノート、X390とどちらにするか悩みどころか?

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【1月25日更新】

3.Legion Y7000

Lenovo Legion Y7000
セール価格: 86,548円から(最大49%OFF)
※「春のPCご購入応援フェア Eクーポン」対象製品です
※セール価格はフェア用のクーポンを使用した場合のものです

●86,548円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-9300HF
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 360 x 267 x 24.2(最薄部)mm / 2.3 kg

LenovoのゲーミングPCブランド「Legion」シリーズのエントリーモデルです。シリーズ最安値モデルにして、「春のPCご購入応援フェア Eクーポン」の対象になっていますので、ぶっちゃけ激安です。

スペック表を掲載している86,548円モデルのCPUはGPUを内蔵しないタイプのCore i5-9300HFです。要するに常にGeForceが動いているということになりますので、おそらくバッテリー消費は大きくなるものと思われ、実際にLenovoの公称値も「稼働時間3.5時間(「F」がつかないCore i5だと6.3時間)」になっていました。なので、電源なしで使うには少し厳しいかもしれません。

とはいえ、このスペック、エントリーゲーマーやカジュアルゲーマーには申し分ないと思います。もちろん注文時にカスタマイズもできるので、RAMやストレージを増設してもいいでしょう。また、この製品、というかLegionノートはすべてのモデルでディスプレイのリフレッシュレートが144 Hzなので、ゲーム中の描画も非常になめらかなものとなります。これは最低価格のものにしても変わりません。

10万円を大きく下回る価格でGTX1650搭載のゲーミングノートが手に入ります。ゲーマーでなくとも、自宅用のPCの買い替えを検討している人は選択肢に入れてもいいんじゃないでしょうか。

Lenovoへのリンク:
 Legion Y7000
ウインタブ実機レビュー:
Lenovo Legion Y7000 レビュー - 15.6インチで購入しやすい価格のゲーミングノート。パフォーマンス、筐体品質とも高水準なのでおすすめです!(実機レビュー)

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【1月25日更新】

4.IdeaPad S540 (13, AMD)

Lenovo IdeaPad S540 (13, AMD)
セール価格: 73,295円から(最大46%OFF)
※「春のPCご購入応援フェア Eクーポン」対象製品です
※セール価格はフェア用のクーポンを使用した場合のものです

●73,295円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU:  AMD Ryzen 5 3550H
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(2,560 × 1,600)
サイズ: 296 x 208.6 x 15.95 mm / 1.25 kg

以前からウインタブが「IdeaPadでは最も注目している」モバイルノートです。「ideapadのS540」といえば、14インチ版(Intel CPU/AMD Ryzen)と15.6インチ版(Intel CPU)もあり、「価格破壊レベル」に割安なのですが、この13.3インチ版は安いというだけでなく、競合他社の製品と比較して個性的なスペックになっています。

CPUが高性能版(高TDP版)のRyzen 5 3550Hですし、ディスプレイも2,560 × 1,600と、通常のFHDよりも高解像で、アスペクト比も異なります(一般的なFHDは16:9、この製品は16:10)。RAMとストレージは現状だと8GB/256GB SSDのみですが、特に不足はないでしょう。

このように高いCPU性能と高精細なディスプレイを備えつつ、「春のPCご購入応援フェア Eクーポン」の恩恵で7万円ちょっと、という価格になっています。重量も1.25 kgと軽いですし、ThinkPadの購入を考えていた人でも食指が動くような魅力的なPCだと思います。

Lenovoへのリンク:
 IdeaPad S540 (13, AMD)
ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad S540 (13, AMD) - 高性能版モバイルRyzenにQHDディスプレイ!レノボがひっそりとハイパフォーマンスな13.3インチノートを発売!

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【1月25日更新】

5.関連リンク

今週のオススメ(春の大感謝祭):Lenovo直販サイト
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【1月25日更新】

スポンサーリンク