Lenovo ThinkPadのRyzen搭載モデル3機種が3日間限定で60%オーバーの激安価格に!1月3日までです。お見逃しなく!

Lenovo ThinkPad E595
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。「うええ、元旦からセール情報記事かよ!」というぼやきが出てしまいますが、読者にお伝えすべき内容なのでしょうがないです。まだお雑煮も食べてないのになあ…。2020年もいろいろと忙しくなりそうです。楽しいからいいけど。そのセールの内容ですが、昨年末に度肝を抜かれた「Ryzen搭載のThinkPadが60%オーバーの割引」の再現です。セール期間は1月1日から3日まで、3日間限定です

スポンサーリンク

1.ThinkPad T495

Lenovo ThinkPad T495
セール価格: 64,460円(税込み)(最大66.5%OFF)
※クーポンコードは製品ページにあります

●セール品のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 PRO 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 329 x 227 x 17.9 mm / 1.57 kg

ウインタブの分類だと14インチの「スタンダードノート」なのですが、重量が若干重いことに目をつぶればモバイルノートとしても十分使えるサイズ感です。「Ryzen 5 Pro/RAM8GB/256GB SSD/IPS液晶・FHD解像度ディスプレイ」というスペックのモデルだけが66%OFFです。このスペックで多くの人は文句なしだと思いますし、カスタマイズ料金が定価になってしまうので、「素の状態(つまり64,460円)」のまま購入するのが一番お買い得かと思います。

ThinkPadの中でもTシリーズは上位に位置づけられますので、(見た目は普通にThinkPadだけど)筐体品質や質感なども高いと思いますし、購入すれば長く付き合っていける製品だと思います。

Lenovoへのリンク:
 ThinkPad T495
ウインタブ紹介記事:
 Lenovo ThinkPad T495 - AMD Ryzen PROを搭載したスタイリッシュな14インチノート。T490の姉妹モデルです

2.ThinkPad T495s

Lenovo ThinkPad T495s
セール価格: 69,960円(税込み)(最大64.6%OFF)
※クーポンコードは製品ページにあります

●セール品のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 PRO 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 328.8 x 225.8 x 16.1mm / 1.26kg

スポンサーリンク

上に紹介した「T495」に「s」がくっついたモデルです。名称は似ていますが、T495sはスリムで1.26 kgと軽量なので、モバイルノートとしての使い勝手がかなり高くなります。ただ、このセール品はカスタマイズに制約があり、カスタマイズ料金も定価になってしまいますので、T495と同様、「素の状態」で購入するのがいいと思います。実際スペック的にも全然文句が出ないと思いますし。毎日PCを持ち歩きたいという人にはT495sがおすすめです。

Lenovoへのリンク:
 ThinkPad T495s
 ※セール品は製品ページの「モデル一覧の一番右」にあります。「カスタマイズ」というボタンを押せばセール価格とクーポンコードが確認できます。

ウインタブ紹介記事:
 Lenovo ThinkPad T495s - CPUにRyzen PROを搭載する上位クラスの14インチモバイルノート

3.ThinkPad E595

Lenovo ThinkPad E595
セール価格: 49,940円(税込み)(最大63.9%OFF)
※クーポンコードは製品ページにあります

●セール品のスペック
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 369 x 252 x 19.95 mm / 2.1 kg

セール品3機種の中で唯一の15.6インチにして「ぶっちぎりの安さ」なのがE595です。昨年末のセールでは39,930円というモデルもありましたが、そちらはRAMが4GBでディスプレイもTN液晶と、個人利用の場合はあまりおすすめできないスペックになっていましたし、おそらく実質的にこの49,940円のモデルのほうが割安だと思います。そして、この価格にして「Ryzen 5にRAM8GBに256GB SSDにIPSディスプレイ」という構成なので、非の打ち所もありません。

半据え置き型でじっくりPC作業をする、ということならテンキーがつき、画面サイズが大きいE595ですね。というか、15.6インチノートを買う予定がない人でも買ってしまいそうなレベル。

Lenovoへのリンク:
 ThinkPad E595
ウインタブ実機レビュー;
 Lenovo ThinkPad E595 レビュー - 低価格ながらThinkPadらしさとRyzenの高性能ぶりを体感できる15.6インチ!ゲームも出来るよ!(実機レビュー)

4.関連リンク

レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【12月28日更新】
ニューイヤーセール:Lenovo

スポンサーリンク

コメント

  1. note より:

    T495とT495sの一番の違いは、これまでのThinkpadの常識であった各種増設の可否にあります。そのことに触れることなくRAM8Gがおすすめだというのは、ちょっといただけません。