13.3インチモバイルノート、ThinkPad X390が最大50%オフ、ThinkPad X395は最大54%オフ!増税前のラストチャンス!Lenovoクーポン、セール情報

ThinkPad X1 Carbon(2019)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。毎週お伝えしているLenovoの週末セール情報です。いよいよ消費税が10%になりますね(10月1日から)。各通販サイトとも「最後の追い込み」の様相を呈しています。Lenovo直販サイトでは9月30日の注文までは支払い条件、配送時期に関わらず税率8%のままということなので、ThinkPadシリーズやLegionシリーズのように注文時に構成をカスタマイズすることができる製品を注文し、その結果「いま注文しても配送は10月」というパターンになっても、注文が9月中であれば消費税は8%のままなので安心です。

スポンサーリンク

消費税増税とあわせ、ideapadシリーズの一部(S540、C340、S340の3機種で、第10世代Core iプロセッサー搭載モデルは除く)が対象となっている「夏割キャンペーン」も9月30日で終了となります。対象機種全てではありませんが、モデルによって5,400円とか10,800円の追加割引が受けられますので、このメリットも見逃せません。なお「夏割」対象製品の購入には、通常のクーポンに加え、夏割用のクーポンコードの入力も必要になりますので、購入の際には注意して下さい(夏割のクーポンコードは対象製品の製品ページにバナー形式で掲載されています)。

この記事とは別に、「Lenovo製品の割引率一覧ページ」を用意しています。毎週しっかりLenovoの主要機種の割引率をチェックし、一覧表示していますので、製品別の割引率を確認される人はこちらの記事をご覧ください。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【9月28日更新】

あと、これは「自動応募(何もしなくて良い。当選すると勝手に賞品が送られてくる)」なんで、あまり意識する必要はないと思いますが、こういうプレゼント・キャンペーンも開催中です。
増税前半期決算セール大抽選会!

今週の割引率は「ほとんど変化なし」です。とはいえ、Lenovoのセール価格の割引率は強烈なので、増税前に購入を検討する価値は大だと思います。また、ウインタブが「価格破壊シリーズ」と呼んでいるideapad C340、S340、S540のIntelモデルに第10世代(Comet Lake)のCore iプロセッサーが幅広く搭載されるようになりました(先週まではC340とS540の14インチ版のみでしたが、今週からC340、S540の15.6インチ版およびS340にも搭載モデルが追加されました)ので、こちらも見逃せません。

1.ThinkPad X390 / X395

Lenovo ThinkPad X395
セール価格(X390): 102,060円(税込み)から(最大50%OFF)
セール価格(X395): 85,698円(税込み)から(最大54%OFF)
※消費税は8%で計算しています
※クーポンコードは製品ページに記載されています

●X390・102,060円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-8145U
RAM: 4GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 311.9 x 217.2 x 16.9 mm / 1.18 kg~

●X395・85,698円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 PRO 3300U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチTN(1,366 × 768)
サイズ: 311.9 x 217.2 x 16.9 mm / 1.28 kg~

多くの人にとって、モバイルノート購入の際にイメージするディスプレイサイズは13.3インチだと思います。別に12.5インチでも14インチでもいいんでしょうけど、おそらく「今使っているのが13.3インチ」だとか「13.3インチが最も製品数が多いから」とか、そんな理由があるのだろうと思います。

「ThinkPadの13.3インチ」というのは実は数が少ないんですよね。ここに紹介しているX390とX395以外だとL390くらいしかありません(コンバーチブル2 in 1だとX390 Yoga、L390 Yogaがあります)。X390とX395はThinkPadモバイルラインでは最上位となるXシリーズに属し、ある意味「定番モデル」だったX280(12.5インチ)の後継モデルでもあります。筐体は(少なくとも外見上は)同一で、X390がIntel CPU、X395がAMD Ryzen PROを搭載します。

PC知識のある人にとって、どうしても気になるのが「Core iプロセッサーの代替わり」だと思います。確証はありませんが、ThinkPadシリーズはイヤーモデルなので、海外はともかく国内では2020年モデルから第10世代のCore iプロセッサーに切り替わるのではないか、と予想しています。

実際のところ、第10世代のCore iプロセッサーのほうが高性能であるのは間違いないにしても、ThinkPadシリーズは「ビジネスノート」なので、現行のWhiskey Lake(第8世代)のCore iプロセッサーを搭載しているからといって特に使用感に大きな差が出るわけでもなく、むしろ「枯れた技術」が搭載されているほうが安心、とさえ言えると思いますし、ThinkPadの場合、購入してから相当な年数にわたって愛用できると思いますので、「1世代くらいは気にしてらんない」という考え方もあるでしょう。

一方でRyzen搭載のX395の場合、Core iプロセッサーの代替わりとは「とりあえず無縁」です。そりゃあね、Ryzenも来年には新世代のものに切り替わるんだろうと思いますが、現状だと第2世代(モバイル用として)のRyzenが最新モデルなので、「とりあえず(2回め)」煩悩からは開放されますね。

Intel CPUのX390にするか、RyzenのX395にするか、というのは人それぞれですが、価格の面だけで言うとX395のほうがお買い得感は大きいです。ウインタブでは過去に何度かRyzen搭載PCの実機レビューを経験しており、Ryzenの性能の高さを実感していますので、なおさらそう感じます。

ここに掲載したスペック表を見ていただくと、いくつか「あれ?」と感じてしまう部分があります。X390のRAM容量(4GB)、X390/X395の液晶品質(TN液晶)とかですね。ThinkPadシリーズは「カスタマイズしてなんぼ」なので、X390のRAMは8GBや16GBに増設できますし、ディスプレイはIPS液晶のFHD解像度にしたり、タッチ対応させたり、といったこともできます。例えばX395の85,698円のモデルのディスプレイをIPS液晶・FHD解像度に変更すると税込み88,430円、さらにこの解像度でタッチ液晶にすると90,418円です。これでも余裕で10万円を切ります。

ThinkPadの上位モデルでもあり、13.3インチという「王道サイズ」の製品でもあり、週末のセール価格も極めて魅力的なので、読者の皆さんにもおすすめしたいところです。

Lenovo製品ページ:
 ThinkPad X390
 ThinkPad X395

ウインタブ紹介記事:
Lenovo ThinkPad X390 レビュー - Xシリーズの「モバイルの定番サイズ」!いつも通り安心の高品質です(実機レビュー)
Lenovo ThinkPad X395 - AMD Ryzen PROを搭載する13.3インチモバイルノート、X390とどちらにするか悩みどころか?

ThinkPadシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【9月28日更新】

2.ideapad C340とS540

Lenovo IdeaPad C340 (14)/(15)
セール価格(S540): 48,654円(税込み)から(最大57%OFF)
セール価格(C340): 48,600円(税込み)から(最大56%OFF)
※消費税は8%で計算しています
※クーポンコードは製品ページに記載されています

スポンサーリンク

●C340・48,600円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3200U
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
サイズ: 328 x 229 x 17.9 mm / 1.65 kg
※スタイラスペン付属

●S540・61,214円モデルの構成
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
サイズ: 323 x 227 x 15.9 mm / 1.5 kg

第10世代のCore iプロセッサーに関しては、大手メーカーではDELLが先行していますが、Lenovoでも一部のモデルに第10世代のCore iプロセッサー搭載モデルが出てきています。ウインタブの言う「価格破壊シリーズ」のS340とS540(クラムシェルノート)、C340(コンバーチブル2 in 1)の14インチ版と15.6インチ版に第10世代が搭載されました(第8世代搭載モデルも併売されています)。ここではC340とS540の2機種をおすすめしたいと思います。

C340もS540もディスプレイサイズで14インチと15.6インチを選べ、CPUもCore iプロセッサーとRyzen(14インチのみ)を選べますので、結果的にかなりのワイドバリエーションとなります。

この記事でスペック表を掲載したのはC340(14インチ)の最安値モデルとS540(14インチ)の第10世代Core i5搭載モデルですが、いずれも同クラスのCPUを搭載する他社製品よりも圧倒的に低価格です。ただし、C340、S540ともThinkPadシリーズのように注文時に構成のカスタマイズができませんので、「Ryzen 3でいいけどRAMは8GBにしたい」とか「Core i5がいいけどストレージは128GBで十分」とか、そういう要望には応えることができず、レディーメードのラインナップからしか構成を選べません。

C340に関しては15.6インチ版を実機レビューし、S540についても15.6インチ版を実機レビューしています。筐体品質、性能とも非常に高水準で、「異常なコストパフォーマンス」と言いたくなるような製品でした。

ただでさえ「価格破壊」な製品に最新のCPUも選択肢に入る、となれば真剣に購入を検討したくなりますよね?

Lenovo製品ページ:
 IdeaPad S540 (15)
 IdeaPad S540 (14, Intel)
 IdeaPad S540 (14, AMD)
 IdeaPad C340 (15)
 IdeaPad C340 (14, Intel)
 IdeaPad C340 (14, AMD)

ウインタブ紹介記事:
Lenovo IdeaPad S540(15) レビュー - ビジネスにもエンターテインメントにも使える、高バランスな15.6インチ(実機レビュー:ひつじ)
Lenovo IdeaPad C340 (15) レビュー - どのパソコンにしようかな?と迷っているならこれ!高品質で価格破壊な15.6インチコンバーチブル2 in 1(実機レビュー)

IdeaPad、Yogaシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【9月28日更新】

3.Legion Y7000

Lenovo Legion Y7000
セール価格: 100,678円(税込み)から(最大41%OFF)
※消費税は8%で計算しています
※クーポンは製品ページに記載されています

●100,678円モデルのスペック
OS: Windows 10 Home
CPU:  Core i5-9300H
GPU: GeForce GTX1650(4GB)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)144Hz
サイズ: 360 x 267 x 24.2(最薄部)mm / 2.3 kg

ゲーミングブランド「Legion」シリーズのエントリーモデルです。Legion Y540(15)とはキーボードのバックライト色が異なる程度で、ほぼ同じ筐体、ほぼ同じシステム構成になっています。しかし、割引率はLegion Y7000のほうが大きいので、「赤いキーボード」に抵抗がないのであれば、こちらがおすすめです。

最低価格は100,678円ですが、注文時に構成のカスタマイズができ、Core i7 + GeForce RTX2060という組み合わせにもできますので、中上級ゲーマーが選択肢に入れてもおかしくないくらいのカスタマイズ余地があります。また、Legionシリーズというのはすべてディスプレイのリフレッシュレートが144 Hzになっている、というのも大きな魅力です。Lenovoに限らず、最近はゲーミングノートのディスプレイに高リフレッシュレートのものを採用するケースが非常に多くなっていて、もはや「60 Hzだとガッカリ」という感じですよね!

100,678円の構成でもエントリーゲーマーが腕を磨くのには決して悪くないと思いますし、ディスプレイ品質も高いので、ゲーミングノートとしての素性というかバランスも素晴らしいと思います。あと、Legionシリーズの上位モデルとは異なり、この製品のOSは日本語版ですし、キーボードも日本語配列になっていますので、この点も地味にうれしいです。低予算でオンラインゲームを始めるのにピッタリの一台と言えるでしょう。

Lenovo製品ページ:Legion Y7000
ウインタブ紹介記事:Lenovo Legion Y7000 - 15.6インチで購入しやすい価格の「赤いゲーミングノート」、デザインが個性的でカッコいいです!
※紹介記事執筆時点からはバリエーション展開が変更になっています。

Legionシリーズの割引率一覧はこちらです。
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【9月28日更新】

4.関連リンク

今週のオススメ:Lenovo直販サイト
レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【9月28日更新】

スポンサーリンク